【ダンベル何キロ持てる? 1話 アニメ感想】ひびきと筋肉フェチ朱美の出会い!街雄トレーナーと理想の体を手に入れろ!

前回のあらすじ

内容をカンタンに説明すると…

  • 原作:サンドロビッチ・ヤバ子先生と作画:MAAM先生が『マンガワン』『裏サンデー』にて連載中のコメディスポーツ漫画が待望のアニメ化!
  • 食べる事が大好きな女子高生・紗倉ひびきは、友人に太り気味を指摘されてしまう。自主トレも三日坊主に終わった彼女は、新しくできたシルバーマンジムに入会する。
  • 同じく入会希望で来ていた同級生の奏流院朱美や、トレーナーの街雄と共にトレーニングを開始!ひびきは理想の体を手に入れることができるのか!?






【ダンベル何キロ持てる? 1話 アニメ感想】筋トレやってみる?

痩せたい!!

「なぁひびき…。お前また太った?」
「!!!」

放課後の買い食いが大好きな女子高生ひびき。
近頃肉付きが良くなっていました。

(ヤバイ、これはちょっと洒落にならねぇ!)

帰宅して体重計に乗ったひびきはそう思います。
それほど太っているわけではなさそうですが、このまま行けば太ってしまうのは確実ですね…。

謎の光を取ったら痩せるんじゃないかな?!(下衆

「決めた!ダイエットしよう!……明日から」

だから今日食べる分はノーカウントだ!!(あるある)

そして一週間後、駅前に新しくできたジムにひびきの姿がありました。入会金無料キャンペーン中です。

(自分ひとりじゃなかなかやる気にならないからな…)

と言いつつ焼きそばパンを摂取(おい!!;´д`)

「奇遇だわ、紗倉さん。今日はもうひとり皇桜女学院の生徒さんが見学に来てるのよ。ほら」
「(知ってる奴ならやりやすいんだけど…)!!(ツヤのある黒髪、切れ長で涼しげな目元!モデル顔負けのスタイル…!)」

(奏流院朱美!!)

二人目の美少女来た!

(文武両道、容姿端麗、一年生から生徒会長を務めるカリスマ!ミス皇桜女王2年連続女王!おまけに実家は超が6つはつく大金持ち!)

なんでそんな人がジムに!?

ひびきは完璧すぎる朱美を前に劣等感を抱かざるを得ません。

「あら?あなたはB組の紗倉さん!こんなところで同級生に会うなんて嬉しいわ!あなたも見学!?」
「いやまぁ、奏流院…さんもジムに入るんだ?」
「そうなのよ紗倉さん!」

朱美は健康で文化的な生活を送るために生涯運動を続けるのだといいます。

(超意識高ぇー。やっぱこいつとは仲良くできないわ~)

こちとらダイエット目的やぞ…!





筋肉の巣窟へ!

二人はトレーニングルームに案内されます。

そこにあったのはマッスル、マッスル、マッスル。
見渡す限りのマッスルでした。

(なにこれ、スポーツクラブって)
「あははははっ」
(みたいな爽やかイメージだったんだけど!?)

どこを見てもボディビルダーのような肉体の持ち主ばかり!
現役のプロも所属するガチな所でした。

ひびき「(完全にジムのチョイスを間違えた!)お、おい奏流院、適当な理由つけて帰ろうぜ…」

「はぁっ。はぁっ…!はちきれそうな大胸筋、山みたいな僧帽筋、鎧みたいな大腿四頭筋!あぁっ…イイ♥」
(こいつ、筋肉フェチかよ!!)

朱美という人物が段々分かってきたぞ(笑)

早々に入会を決める朱美に対してなんとか逃げようとするひびきですが。

「あ、君が見学の子かい?」

後ろから声をかけられて振り向くと、そこに居たのは…。

「初めまして。シルバーマンジムのトレーナーの街雄です!分からない事があったらなんでも聞いてくださいね!」

急に現れた爽やかイケメンだ!!

そして恋に落ちる音がしました。

「あの…入会します♥」

ひびきは爽やかイケメンがどストライクだった。

まぁ、そういう理由もアリですよね( ̄▽ ̄;)

(ぶっちゃけただの女子高生が通うのは場違いな気もするけど)





街雄、お前もか

ひびきと朱美は下の名前で呼び合うようになりました。

朱美は姉の影響で他のジムに通っていたそうです。だけど新しくできたこのジム、シルバーマンジムに移籍してきたと。

「姉にいつも言われてるの。男は顔よりヒッティングマッスルのでかさで選べって♥」

筋肉フェチは姉譲りのようです(笑)
お姉さんも筋肉フェチなんでしょうね。どんな人なんだろう。(ヤバそう

「(ったく、付き合いきれんぜ。)けどまぁ、ジム通いも悪くないよなぁ」
「おはようございます、紗倉さん、奏流院さん!今日は僕が指導させてもらいます。よろしくね!」
「「よろしくお願いします♥」」

ひびきは街雄目当て、朱美は筋肉目当て。どっちもどっちです( ´_ゝ`)

街雄「それじゃあさっそく、ベンチプレスをやってみましょう!」
《街雄の筋肉講座~~~^♫♫》
街雄「肉のお兄さんだよ!今日はみんなで正しいベンチプレスのやり方を勉強しよう!」

なんか始まったぞ(笑)

「ベンチプレスの基本姿勢は目線がバーの下になるように、肩胛骨を寄せて腰はアーチを描くように。必ずセーフティーラックを使おう!息を吸い込みながらゆっくりバーベルを下ろし、息を吐きながら一気に上げる。異常がベンチプレスの一連の動きだよ!ポイントはしっかりとお腹に力を入れること。これを腹圧をかけると言うんだ」

「ベンチプレスで鍛えられる筋肉は上腕三頭筋――つまり二の腕と、三角巾――つまり肩、そして大胸筋――胸の筋肉だ。バストアップしたい人におすすめのトレーニングだよ!」

街雄の解説と朱美の色目かしい図説で初心者にも分かりやすい!

(これ!めちゃくちゃハードなんですけど!!)

初心者のひびきは20キロのバーを7:5:5のセットが精一杯です。
初めてにしては上出来だよ!と言う街雄。褒めて伸ばすタイプでした。

朱美「んっ…!んっ…!んんっ…!!」
ひびき(なぜ喘ぎ声を出す)

経験者の朱美は40キロを10:10:10のセットで完遂。
朱美はお色気担当なのでしょうか(笑)

朱美「はぁっ、はぁっ。感じるわ…!私の大胸筋と上腕三頭筋、それに三角巾が悲鳴を上げてるっ…!」

筋肉をいじめぬかれて快感を覚えるらしい。変態だ。

「気にすることないよ。はじめは誰だって初心者なんだ。これから一緒に頑張っていこう!」

落ち込むひびきに声をかける街雄。精神面のケアもばっちりな有能トレーナーです。

「街雄さんも最初はそうだったんですか…?」
「もちろん!僕も初めてベンチプレスをやたときは100キロしか上がらなくてね。いやぁ、悔しかったな~」

化物じゃねーか!

「私みたいな弱い奴を見て、笑わないっすか…?」
「笑わないよ。一生懸命に頑張る人を誰も笑ったりしないさ!」

街雄…!!(*´д`*)←

(あ~この人!心までイケメンだ!マジ惚れるわ~~~)
「無理しなくていいよ。今日は初日で疲れてるでしょう?何日か筋肉を休めて、疲労が取れてから再度挑戦すればいいからね!そう、再度挑戦すれば……。さいど……サイド………」

おや?街雄のようすが……

「フンッ!!!!アッ――!!」

力んだ街雄のジャージが弾け飛びます。

「サイドチェストッッッ!!」

街雄!???

俺たちの街雄は、爽やかイケメンスマイルの裏に合成を思わせるほどのゴリマッチョボディを隠していました!
どこに収納してたのこの筋肉…

「素敵っ!無駄のない鍛え上げられた筋肉!その美しさはまるでダイヤモンド!!はぁっ、眼福過ぎてイっちゃいそう…!」

朱美は街雄の筋肉に惚れました。
ひびきの恋のライバル出現(棒)

「私、嬉しいの、今まで通ってたジムは遠かったし、同級生はもちろん、同じ年頃の女の子も居なくて…。だからトレーニング仲間ができたのがとっても嬉しい!これからはお互い切磋琢磨して高め合っていきましょうねひびき!」
「私はそんな意識高い系じゃねーぞ!体重を落とせればそれでいいんだから…」
「えぇ~、そんなこと言わないで」

ジムの帰り道で。女子高生の友情が深まっていきます。





食べられるのは才能!

友人「おい、ひびき!ケツも太ももも爆発寸前じゃねーか!」
ひびき「人の体を危険物扱いするんじゃねぇ!!」

夏服になり、以前にもましてわがままボディが主張するようになっていました。
太ってるとまではいきませんがそれなりにムチムチです。

私はこれくらいが好きで(ゲフンゲフン

(決めた!夏休みまでに絶対やせる!そして海でナンパされてやる!そのためにはジムだ!)

相変わらず不純な動機です。しかし、これが青春なのかもしれません(笑)

ジムに到着するとサイドチェスラー街雄が出迎えてくれました。

「今日はスクワットをやってみましょう!」
「スクワット…聞いたことあるな。プロレスラーがするやつだっけ?」

下半身を鍛えるあれです。

街雄「奏流院さんはもうトレーニングを始めているよ!ほら、あそこに」
朱美「んっ…!んっ…!あぁっ…!!」
ひびき「だからなんであいつ喘ぎ声を出すの」

お色気なんだけど、それ以上に笑ってしまいます(笑)

「スクワットでは太ももや腿の裏、そしてお尻を鍛えることが出来るんだ」
「だからなんで解説にエロを挟むんだよ!」

朱美のエロを挟むスタイル、嫌いじゃないです!

「スクワットは少し難しいから、まずはバーを持たずにフォームが乱れていないか、鏡でチェックしながらやってみよう!」
「(いやいやいや、おもりなしでしゃがむなんて楽勝だって!)」

余裕綽々で挑戦するひびきですが。

「これベンチプレスよりきつくないか!?」
「実はスクワットって滅茶苦茶きついトレーニングなんだよ!」

街雄、それ先に言って!

「さぁ、次はバーを担いでやってみましょう!」
「重りなしでもあれほどキツかったのにこれ以上無理だっての!」
「スクワットはおしりや太ももの引き締め効果が抜群なのよ!一緒に頑張りましょう!」

下半身太りに悩む人にはこれ以上ないトレーニングなんですね!( ´ω`)フム

なので「ケツと太ももが爆発寸前」と指摘されたひびきは、やる気をみなぎらせるのでした。

「そうだ!この先にうまいラーメン屋があるんだけど一緒に行くか!?」

ジムの帰り道です。ひびきの買い食いは相変わらず続いていました。成長期に加えてトレーニングもしているせいか、食欲も増すようで。

「ひびき…そういえば気になってたんだけど、あなた一日何回食事をしているの…?」
「そうだな~。朝昼晩以外に間食を3回くらいかな。多い日は4回とか」
「つまり…1日6回も食事を…?」

怒られる…!?((((;´д`))))

「すごいわあなた!!」
「へっ!?」

「たくさん食べられるってことはすごい才能なのよ!少年漫画で例えるとものすごい優秀な血筋の主人公、みたいな!!」

ちょっと意味が分からないけど朱美のスイッチを押してしまったようです(笑)

「どんなに激しいトレーニングをしても、食事をおろそかにしては意味がないの!筋肉を育てる上で最も重要なのは食べることよ!ひびき!あなたは金の卵よ!!私と一緒に筋肉道を極めましょう!」

ツイート

ということでダイエットしたいオタクと筋肉フェチ大歓喜のアニメが始まりました!
OP&EDも個性が強いですね(笑)
原作未読ですがとても丁寧に作られているみたいでした。テンポが良く飽きずに見れるし、ひびきや朱美の表情がいちいち可愛い。サイドチェスト街雄も愛おしい(笑)
声優さんとキャラも違和感がなく今期ダークホースの予感です。
今日から早速、スクワットを実践したいと思います!
引き締まったボディを手に入れるぞ!('ω')
今期の人気アニメ視聴一覧