【B-PROJECT~絶頂*エモーション~ 12話 アニメ感想】原点回帰のライブ!メンバーが考えた企画を手につばさは走る!夜叉丸さんおかえり!

内容をカンタンに説明すると…

  • 年末のジャパンドームライブの開催に向けて練習を初めているメンバーたち。演出チームも加わって盛り上がりを見せていた。
  • テレビの告知も済ませた後おかしなことに気付く…。SNSの報告により他のグループと会場ブッキングの可能性が。代わりの会場を押さえてくれたのは夜叉丸だった。
  • 今回は…ライブの会場が小さくなったことでどうにかして皆にみてもらえないかと試行錯誤するメンバーたち。その企画書を持って奔走するつばさ。一度は降りたスポンサーの心を動かしたのはBプロの新曲だった。

【B-PROJECT~絶頂*エモーション~ 11話 アニメ感想】年末カウントダウンライブの会場がダブルブッキング!?夜叉丸の策略?つばさは必死に会場探し!

2019.03.23






【B-PROJECT~絶頂*エモーション~ 12話】CLIMAX EMOTION【アニメ感想】

一難去ってまた一難

「夜叉丸さん今どこにいるんだろうな」

「ってかさなんであの時夜叉丸さん俺たちを助けてくれたんだろう」

スケジュールいっぱいになってるBプロ
カウントダウンライブ無事に出来るようになったのはいいのですが決まったのはドームの20分の1のキャパ

「チケットなんとかして皆買えるようにできたりしないかな」
「そうですよね一人でも多くのファンの方に楽しんでいただけるようにスタッフ総出で対策を考えていますので皆さんは心配せずにレッスンに集中してください」

事務所に電話をするつばさ。

「やっぱ箱が小さくなっちゃ採算が取れないと…一難去ってまた一難だよ」
「そんな…スポンサーが降りるなんて…」

いつからか後ろに居たメンバーがその言葉を聞いてしまっていました。
お正月の番組の収録してる感じですね服が。

今回のライブ会場はバンビやデビュー初期時代によく使ってたと音済百太郎。

「デビュー仕立ての頃はステージに立つだけで必死だったし歌を届けられるだけで嬉しかった」

「バンビ時代のステージなんてできればお蔵入りにしたいのもあるくらいだ」

短パンハイソックスの衣装を履いた藍染?
裸に革ジャンの金城?

みんな昔のことを思い出しながらいい表情です。

「あの頃はお客さんみんなの笑顔が見られるだけで嬉しかった」
「そうだね眼の前にいるファンは今も昔も変わらない」
「僕たちの気持ちだって昔から変わってないよ!ね?」

頷くみんな。

「今できることを精一杯頑張りたい」

「原点回帰、だね」

「会場がJDCになったのも何かの縁ってことなんじゃない?
思い出の地で再びライブってなんかドラマチックじゃん」

「ピンチはチャンスってことですね」

「皆に見てほしいなぁ。テレビで放送できちゃえばいいのに」

そこからメンバーで色々会議。企画としてつばさに報告。

「これは、僕とつばさの力で乗り越えなきゃいけないことだから」





絶対に成功させる!

企画書を持って営業に行くつばさ。
Pや監督、懐かしい方々が気持ちよく協力を申し出てくれます。

「その泥臭い根性嫌いじゃないのよ」
「こういうの専門の会社があるのよ」
「無茶振り大いに歓迎」

事務所側では

「とれたんだよライブビューイングの会場!全国でそれなりの数!」

再びスポンサーとの打ち合わせ。
最後の企画に難色を示される。
一度降りてしまったからやはり…と重い腰があがらない。
つばさはそんなスポンサーの人たちにライブで披露する新曲を聞いてもらうことに。

「この曲には彼らのこれまでが全て詰まってます。どんな星の輝きよりも眩しく心の奥まで届く楽曲になっています。
このうたを聞けば皆が一つに繋がっている、一人じゃないってことを伝えることが出来る。この曲を皆に、日本中に
いえ、世界中に届けたいんです!」

もう体を使ってのつばさの熱弁。

走ってくるつばさの顔は満面の笑顔。

「OKです!スポンサーさん戻ってくださいました!」
「みなさんが一生懸命考えてくださったアイデアのおかげです!」

「僕たち15人が力を合わせたから、でしょ」

クリスマスが過ぎ…

公園に居る夜叉丸の元に修二が。
タバコを吸う二人。





ツンデレかな

「何か言いたいことがあって来たんでしょ?言っとくけど、謝る気はないわよ」
「別にそんなつもりはねーよ。例のジャパンドームダブルブッキングの件、夜叉丸さんは無関係だって確認は取れてる」
「あっそ」

「墓地で別れてから妹さんのこと自分で調べ直したんだろ?」

「なによわざわざそんなくだらない話をしに来たの?」

「今回のJDCホール、援助してくれたのは罪滅ぼしのつもりだったんだよなぁ?
ほんと器用なんだか不器用なんだかわかんねぇなぁアンタ。あいつらアンタから真実を話してもらえるのを待ってるぜ。
話すつもりなんだろ?デビュー前から面倒見てんだ。もう自分の子みたいなもんだもんな」

「さっきから何の話をしてるのか全くわからないわ」

「ひねくれもここまで来ると重症だな。こじらせたアラフォーは痛いだけだぞ」
「は?それはお互い様でしょ?」

夜叉丸さん照れてる。この二人のお互いを知ってる感じいいですね~~。

「で、いつ戻ってくるんだ?」

返事はない

「夜叉丸さん、7月のジャパンドームもおさえてくれたのはあんたなんだろ?」
「まさか。バカじゃないの?」

ライブ当日…。

We Are Bプロジェクト!

ライビュも盛況です。

「次の楽曲はオレたちの新曲になります」

各地の大ビジョンでジャックした映像が。

メンバーの言葉が次々と。そして始まる新曲!

かっこいい!CGよく動いてます!

このままEDだったのでライブ後の絵も写ってたのですが夜叉丸さんをメンバーが取り囲んでる絵がありました。

 

ツイート

大団円!!
で結局ダブルブッキングの犯人は雲隠れしたどっかの事務所の人間ということでよろしいか?
夜叉丸さんを帰りやすくしたのは修二さんですかね?
アラフォー二人の会話もよきよきと思ってしまいました。

原点回帰も良かったですがさらなる飛躍の彼らも見たいので三期やってくれないですかね~~。
以前仕事をした人たちが企画書を快く受け入れてくれるのは見てて気持ちよかったですね。
新曲よかったですよ~~~!
今期の人気アニメ視聴一覧