【衛宮さんちの今日のごはん 9話 アニメ感想】葛キャス回キタ━(゚∀゚)━!里芋の煮転がしで秋の味覚を満喫!セイバーの謎ポージング!

前回のあらすじ

内容をカンタンに説明すると…

  • 2018年9月1日、『衛宮さんちの今日のごはん』第9話が配信開始!AbemaTV見逃し配信では、一週間無料公開中です!
  • 「教えて欲しいことがあるのですけれど…!」街中でキャスターに声をかけられた士郎は、和食作りを教授することになり…!?
  • 今回のごはんは…キャスターの要望で「里芋の煮転がし」と、メインに「焼き秋刀魚」が登場!秋の味覚を満喫します!

【衛宮さんちの今日のごはん 8話 アニメ感想】凛と桜の五目炒飯!パラパラ食感を左右するのは鍋返しだった!!

2018.08.03






【衛宮さんちの今日のごはん 9話】秋の味覚-キャスター和食修行編-【アニメ感想・名場面】

士郎とキャスター、珍しい組み合わせ!

とある日、マウント深山商店街にやってきた士郎。夕飯の買い出しみたいですね。
そんな彼に近づいてくる女性が…。

キャスターじゃないですか!

「ちょっと坊や!教えて欲しいことがあるのですけれど」
「…はい?」

士郎の腕を掴んで「ずいっ」と迫り来るキャスターかわいい(*´∀`*)

士郎は状況把握が追いつきません!
地味に周囲の目も痛いよ…(笑)

時間は巻き戻って少し前。
キャスターは偶然、零観さんと葛木先生の会話を耳にします。

零観『あぁそういえば、昨夜の里芋の煮転がし、味が染みててあれは美味かったなぁ~。宗一郎殿もメディアさんに作ってもらうといい』
葛木『そうですね…』
メデューサ(里芋の煮転がし…?ど、どう作るのかしら?芋を煮て、転がし…あああ!分からない!)

脳内で里芋を調理したキャスター。ですが最終的にエイリアンのようなものが完成してしまい…(笑)
鍋の中で一体何があったんだ!(笑)

(でも、宗一郎様が食べたいとおっしゃるなら…)

「里芋+鍋=衛宮士郎」

謎の方程式を導き出したキャスターは、士郎に里芋の煮転がしを教授してもらおうと考えたのでした。

士郎「秋刀魚をくれ、魚屋さん」
ランサー「あいよ!」

ランサーキタ━(((o(*゚▽゚*)o)))━!まだ魚屋のバイトやってたんですね(笑)
士郎とキャスターを見て珍しい組み合わせだな~と一言。同感です!

ランサー「で、お隣さんは?」
士郎「あぁ、料理修業中なんだってさ」
ランサー「お前が料理ってマジかよ!嘘だろおい!?」
キャスター「燃やすわよ駄犬」

一触即発な雰囲気でした。ドキドキした~( ̄▽ ̄;)
秋刀魚をGETした士郎、キャスターは魚屋を後にします。

「宗一郎様のためなら頑張るわ私!」

葛木先生のことになるとキャスターは可愛さが爆発しますね!
可愛い…可愛い…←ずっと同じこと言ってる





里芋に秋刀魚に、秋の味覚を調理開始!

「これで宗一郎様に私手製の里芋の煮転がしが振る舞えます。さぁ坊や、始めてちょうだいな!」

キャスターのやる気も十分!衛宮邸の台所で調理が始まりました!

「キャスターご要望の煮転がしに、小松菜の和物と味噌汁…メインは今が旬の秋刀魚だな。脂が乗ってて旨いぞ!」

今日はガッツリ和食ですね!全部美味しそう…既にヨダレが…(早

「まずは里芋の皮むきからだな。新物なら皮は布巾とかで擦るだけで剥けるんだけど、今日はそうじゃないから上下を落として厚めに剥いてくれ」

手際よく里芋の皮向きを進めるキャスター!すごいですね!

里芋はヌメリ取りのために一度下茹でして、流水に晒しながらヌメリを洗い流します。
鍋に里芋と出汁を入れて火にかけ煮立ったら、砂糖、酒、味醂を加え、落し蓋をして煮汁が煮立つ程度の弱火で5~6分。醤油を加えてまた煮詰めて。煮汁が少なくなったら鍋をゆすりながら里芋に汁を絡ませ、ツヤが出てきたら完成です。

本当だ!里芋がツヤッツヤしてますよ!(((o(*゚▽゚*)o)))

詳細とレシピは公式Twitterでチェックしましょう( ̄▽ ̄;)ノ

秋刀魚を調理していると、セイバーが帰ってきました。

「ただ今戻りました!調理中ですね。玄関までいい香りがしていました…よ”っ”!!?」

キャスターを見て思わず硬直するセイバー(笑)
気持ちは分かるよ!びっくりするよね!( ̄▽ ̄;)

「あらセイバー。お邪魔しているわ」
「キャスターがなぜここにっ!?」

セイバーが戦闘態勢に入りました。
なんですかその仕草は!可愛すぎでしょ!!(*´Д`*)

士郎に料理を教えてもらうために来た、と言うメデューサですが、セイバーは信じられないようです。

「ちょうどいいわ。味見してくださらない?」
「…なにか入っているのでは?」
「大丈夫だセイバー、俺が保証する」

セイバーの心には疑念しかありません(笑)

しかし煮転がしをひとくち頬張った後、キャスターが宗一郎のために料理修行をしているのだと察して態度が変わりました。

「えー、はい、分かりました。出来上がるのを楽しみに待ちましょうー!」

セイバーの作画どうした(笑)





今日のごはんは秋の味覚が盛りだくさん!!

秋の味覚をふんだんに使ったご飯が完成しました!栄養バランスは完璧です!
秋刀魚の焼き目も食欲そそりますね~(*´∀`*)

THE・和食って感じです!飯テロすぎる~食べたいぞ~!

「おいしい…!」

里芋の煮転がしを頬張るキャスター。ふつくしいです…!

「里芋、ひと晩置くともっと味がしみて美味しいだろうなぁ」
「むっ!?では士郎、食べきってはいけませんね…!」

煮転がしを食べてはいけない気持ちと、食べたい欲の狭間で葛藤しているのでしょうか。セイバーが奇妙な動きをし始めました!
結局食べてますけど(笑)

「魚もふっくらとしていて、和物も良いわ。坊や本当に料理上手ね。ありがとう。宗一郎様に作って差し上げるのが楽しみです…」

葛木先生のために頑張りましたからね。ひとりでも上手く作れるといいですね(*´∀`*)

笑顔で返事をする士郎も素敵です。





葛木先生とキャスター、至福のひと時!

柳洞寺に戻ったキャスターは衛宮邸で食べた料理を再現しました!が…

「そう。坊やに教えてもらった通りに作ったはずなのに…ちょっと違うわ…」

いや、普通に美味しそうですけどね!
秋刀魚の焼き目とか煮転がしの艶具合が少し残念なだけで!(´Д`;)

「キャスター」
「宗一郎様!」
「戻りが遅いので見に来たのだが…」
「申し訳ありません。その、宗一郎様に美味しいお料理を召し上がって頂きたかったんですけど…少し、失敗してしまったようで。なかなかうまくいかないですね…」

少し寂しそうに笑うキャスターが切ないよ…(´・ω・`)

葛城先生は煮転がしを口にしました。

分かりづらいけど美味しそうに食べてますよね!?背景キラキラしてるし!
流石にお花は咲かなかったか(´・ω・`)

「キャスター。失敗したのであれば、また作れば良い。いくらでも付き合おう」

視聴者「あ”あ”あ”あ”宗一郎様結婚してくれぇぇぇぇ!!!!」←

「はい…ありがとうございます…!宗一郎様。私、頑張ります!」
「うん」
「あぁっ、宗一郎様!食卓にお運びしますから!」

葛木先生、煮転がしをパクパク食べてるじゃないですか。絶対美味しいでしょ!そうなんでしょ!

本編では絶対に見れない光景…幸せな空間です…どう見ても新婚です!
視聴者もお腹いっぱい!御馳走様でした!←(´∀`*)?

衛宮さんちの今日のごはん 9話「秋の味覚-キャスター和食修行編-」関連ツイートまとめ!

ツイート

キャスターと葛木先生回で萌えまくりでしたね!
少しでも綺麗に焼けた秋刀魚が葛木先生の方にあってキャスターお前、お前っ…てなりました(T▽T)
おかずや白米の量も若干葛城先生のほうが多かったです。細かい部分に思いやりと愛が溢れてますよ。
少ない口数で完璧にフォローする葛城先生も素敵すぎました。
本当に良い夫婦だな…理想の夫婦だ…!
士郎も頼もしい先生してましたね!セイバーの一挙一動は異次元の可愛さで悩殺必至(笑)
里芋の煮転がし、とても美味しそうでした。今度やってみよ!
今回サブタイが「秋の味覚-キャスター和食修行編-」ということで、次回も秋の味覚シリーズでしょうか?食欲の秋、美味しいものが沢山食べれて幸せですねぇ(*´∀`*)
今期の人気アニメ視聴一覧