【ダンベル何キロもてる? 3話 アニメ感想】筋王街雄がコミケ参戦!コスプレイヤー立花先生!

前回のあらすじ

内容をカンタンに説明すると…

  • トレーニングを続けているにも関わらず体重が増加したことに焦るひびき。その原因は脂肪よりも重い筋肉が付いたからであり、体脂肪率は下がっていた。「30分以内にタンパク質を摂取すると筋肉の成長が段違い」だと聞いた彼女はサーロインステーキを大量に平らげ、朱美を引かせたことに気づいていない。そしてプールを訪れた朱美は正しい準備運動の「動的ストレッチ」を伝授する。
  • ひびきの友人・上原彩也花の実家はボクシングジムであり、幼い頃から姉とともにトレーニングを強制されてきたという。美しい腹筋を持つ彩也花は初心者でもできる「プランク」を伝授!その後、彩也花姉に言われるがまま試し打ちをしたひびきはボクシングの才能を開花させるのだった。
  • 今回は…近頃体重が気になる高校教師・立花里美はシルバーマンジムの入会キャンペーンに参加する。しかしそこにいたのは教え子であるひびきと朱美で!さらに立花先生にはどうしても隠さねばならない秘密の趣味が!?




【ダンベル何キロもてる? 3話 アニメ感想】先生もダイエットする?

 立花先生も筋トレに参戦!

「最近また体重が増えちゃって…。脱ぐとやばいんですマジで」

ひびきたちが通う皇桜女学院の教員・立花先生。
同僚に勧められてシルバーマンジムの入会キャンペーンに参加を決めます。

「うちの生徒とか保護者に出会わないかな~…」
「保護者はともかく女子高生はジムなんて行かない行かない!」

仕事終わりにジムへ向かった立花先生を待ち受けていたのは!!

(思いっきり生徒おるがな)
「立花先生!」
「先生もジム入ったんすか!?」

ひびきと朱美に遭遇します(笑)

「分かりますよ~!教師だって女だもんね!一緒にナイスバディを手に入れていい男を取っ替え引っ替えしてやりましょう!」
(この子もだいぶこじらせてるわ)

ひびきの動機が酷い(笑)

(参ったな~。生徒と同じジムに通うのはな。まぁいっか、体験だけで帰ろうっと)

しかしトレーニングルームで彼女を出迎えたのは爽やかイケメンの街雄で!!

「はじめまして。今日はよろしくお願いします」
「立花先生はうちの学校の先生なんすよ」
「そうなんですか。じゃあ今日はみんなでトレーニングしていきましょう!」

「入会します♥」
《里美は爽やかイケメンがどストライクだった》

ひびきと一緒じゃないですか!!

街雄は女性会員ホイホイなのかもしれない(笑)





 腕の筋肉を鍛えろ!

週末に家で腕立てやスクワット、腹筋背筋の筋トレをしているという立花先生。筋肉痛が酷いのだといいます。

「筋肉痛の時は運動しないほうがいいんですか?」
「そんなことはありませんよ。要はやり方なんです。筋肉痛になっていない部位をトレーニングすればいいんです!」

「みんな!切れてるかな?!今日は上腕二頭筋のトレーニング・ダンベルカールをやってみよう!」
「なぜ裸に!?」

爽やか形態解除ッッッ!!

ダンベルカールの方法にはいくつかコツがあるようです。

・ダンベルを持ち、肩の力を抜いて立つ
・ダンベルを上げる際、肘が前後の揺れないように注意する(※上腕二頭筋に掛かる力が分散してしまう為
・より効果的に鍛え得るために、回転を加えてみる(※ケガの防止にもつながる
・ダンベルを下げるとき、肘を伸ばしきらないようにする(※肘の故障を防止

「腕立て伏せで使うのは上腕三頭筋です。ダンベルカールで使うのは上腕二頭筋です」

どちらか一方だけでなく、対となる筋肉も鍛える。ウエイトトレーニングではこのバランスが大事なのだとか。

「ウエイトトレーニングで一番重要なのはいかに正確なフォームで効率的に鍛えるか、という点なんですよ。特に男性に多いんですが、最初から重い重量に挑戦する人って結構いるんです。無理に重い重量を扱うと反動を多用することになるので筋肉への刺激は半減です」

ひびきは4キロ、朱美は6キロ。初心者の立花先生は2キロからスタートです。

「僕も無理せずちゃんとしたフォームで鍛えられるよう心がけています。ダンベルカールなら50キロくらいですね!」
(果たしてこの人は私と同じ種族なのだろうか)
「慣れるまでは左右交互にやるといいですよ」
「はい」

ちなみに2キロくらいなら水を入れたペットボトルで代用することも可能です。

「あら?あの、立花先生、トレーニング中にすみません」
「どうしたの奏流院さん!?」
「その。お腹が見えてますよ?変わった日焼けをしていますね」
「!!」

へそ周りを中心に菱形に日焼けしていました。これは…!?

「やべえええええええええ!」
「本当だ!変わった水着っすね!」
「いや、あの、いろんな水着を試してみようと思って…」
「なになに?もしかして彼氏の趣味とか!?」
「彼氏というかそのっ…」
「こらこら。大人をからかうもんじゃないよ」

「立花先生がどんなハードコアな趣味を持っていようが自由でいいじゃないか!趣味は人それぞれだよ!」
「「はーい」」

街雄、庇えてないですよ!(笑)

(何かすごい誤解をされた気がする…)

疲労困憊で帰宅した立花先生。
部屋には大量のコスプレ衣装が並んでいました。

「流石に生徒には言えないよな~。教師の趣味がコスプレなんて…。この前のイベントでは衣装がキツキツだったからな。次のイベントまでに身体作り頑張ろうっと」

もうひとつの顔は百合亜リコの名前で活躍する有名コスプレイヤーでした!夏の大型イベントに向け肉体改造を開始します!





食べ方にも痩せる秘訣が!

「へぇ。お前ら最近よくつるんでると思ってたら同じジムに通ってたのか」

ひびき、朱美、彩也香は一緒にお昼を食べることに。

「うっひょ~~!飯だ飯!」

普通サイズの弁当箱を取り出す朱美と彩也香。ひびきが取り出したのは重箱でした。
中身はご飯に卵焼きにミートボールにハンバーグに揚げ物その他色々。

「運動会か!お前これを一食で食うのかよ!?」
「朝食込みでな。最近は痩せるために間食は禁止にして、飯は一日1回って決めてるんだ!」
「意志の弱いお前がなぁ~」
「まぁ見とけよ。夏までにナイスバディを手に入れてやるぜ!」
「あの…ひびき。それ逆効果よ。だってそれ、力士が体重を増やす方法と同じなのよ」

「えっ…!?」

顔が別人になっとる(笑)

「朱美のダイエット講座!空腹時にいきなり大量の食事を取る、いわゆるドカ食いをすると、血糖値が急激の上昇するの。すると細胞にエネルギーを運ぶホルモン・インスリンが大量に分泌されます」

インスリンは筋肉細胞だけでなく脂肪細胞にまでエネルギーを送ってしまいます。それがドカ食いによって脂肪が蓄積されるメカニズムです。ひびきが今やっている食事法と同じでした。

朱美「大丈夫よひびき!あなたもボディービルダーの食事法を試してみない!?」
ひびき「ボディービルダーの食事法!?」

マンガ肉を貪りプロテインを流し込み…!?

「こんなイメージなんだけど」
「ひどい偏見ね。いいことひびき。ボディビルダーはただの力自慢じゃないの」

トップビルダーはコンテスト前に体脂肪率を3%以下に持っていくそうです。そんな彼らはダイエットのプロといっても過言ではありません。

朱美「ちなみに私の弁当はこんな感じ。栄養素をバランスよく賄えるように作ったの」

揚げ物中心のひびきと違って彩があり、蒸したり焼いたりしたものが中心です。

「同じ食材でも調理法によってカロリーが変わってくるからなの。同じ栄養が取れるならカロリーが低いほうがお得でしょう?」

蒸す、煮る、炒める、揚げる。右に行くほどカロリーが高くなります。

「私は他に完食もしてるわよ。朝昼夕の他に2回完食してるから一日5食ね。ボディビルダーの食事法はドカ食いの真逆。1食の量を減らす代わりに食事の回数を増やすの。常に空腹の状態をなくすことで血糖値の急上昇を防ぐのが目的よ!間食でよく食べるのはプロテインバーとか魚の水煮とか、あとはやっぱりプロテインね」

ほぼプロテインじゃないか()

「高タンパク低カロリーの食事を選ぶのがポイントよ」
「よし分かった!私もボディビルダー流の食事を取り入れて夏までに痩せてやるぞ!」

意気込むひびきですが数秒後にうなだれます。

揚げ物や炒め物はやっぱり美味しい!恋しい!

朱美「心配しないでひびき!何もカロリーの高いものを完全に絶つ必要はないの」

「何を食べてもいいチートデイを作るとよりダイエットの効果が高まるのよ!」

頑張ったご褒美!?と思いきやちゃんと肉体への効果もあるようで。

朱美「低いカロリーの食生活を続けていると体が」
体「最近カロリー足りてないなぁ」
朱美「と判断して省エネモードに入っちゃうの、これを解決するのがチートデイよ。あえてドカ食いすることで体に十分カロリーを取っていると錯覚させるの」
体「おぉカロリー足りてるやん!」

大阪弁の体(笑)

「最初の頃は一週間に一度チートデイを作るといいわ」
「なんだかいけそうな気がした!」

そして放課後、ひびきはファミレスに向かいます。(えっ?

「とりあえず今日はチートデイだ!どんどん食うぞ!」
「あのねひびき?!まずは体を低カロリーに慣らさないとチートデイの意味がっ」
「こいつなんも理解してねぇ」

ひびきが理想の体を手に入れるのはいつになるのだろう( ̄▽ ̄;)





 コミケとコスプレと筋肉

「良かった、なんとかイベントに間に合った!短い時間だったけどギリギリ許容範囲の体になれたな。まだまだ理想には程遠いけど」

夏の大イベントもといコミケにコスプレイヤーと化した立花先生がいました。あの後もシルバーマンジムに通っているようです。

立花レイヤー(生徒と同じジムってのがちょっとだけネックだったけどまぁいっか。結局趣味のこともバレなかったし!流石に生徒バレはきついからな~)
ひびき「おぉ!あのレイヤーさんすげーコスプレだな!」
朱美「大胆なコスプレねっ!」

おるし(笑)

「なんでいるの!???」

先生顔が!!(´Д`;)

「あ、見つけた!」
「ひいいいいい!!」

死を覚悟する立花先生。しかしひびきたちは立花先生の前を通り過ぎて行きます。

「探しましたよ街雄さん」
「やぁ、二人とも来てくれたんだ!」

街雄なにやってんの(笑)

「どうして急にコスプレを?」
「友達にやってみようって誘われたんだけどね~」

街雄のコスプレは世界初の筋肉漫画「極度の筋」のコスプレだそうです(知らん!

ひびき「兄貴が単行本集めてたな~!」
朱美「月刊筋肉野郎で連載されてる人気漫画よ!一般での認知度もかなり高いわね!」
立花レイヤー(全然聞いたことないです)
ヲタク「おっ!極度の筋じゃん!」「筋王様とは渋いねぇ~!」「すいません!写真いいですか!?」

しかもヲタク達にも大好評!?

ヲタク「なんかポーズいいっすか?」
街雄「もちろん。それじゃいきま~す。”てめーらの肉は何キロだぁ!!!”」
ヲタク「うおおおおおおおおおお!!!」

力んだ弾みでせっかくのコスプレ衣装が弾け飛びました(笑)

ヲタク「あの!例のシーンもお願いできますか!?」
街雄「あぁ、例の、ですね!それでは僭越ですが作中屈指の名シーンをやらせていただきます」

長モノという名のバーベルを手にした街雄。

街雄「”我が三角筋に、一片の余力なし!”」
ヲタク「うおおおおおおおおおおおおおお!!!!!」

街雄のパフォーマンスは、唐突に始まったフロントプレスのやり方を含めて大好評でした。

北斗の拳がこんな筋肉パロディされる日が来るとは(笑)

そしてコミケの帰り道で立花先生を悲劇が襲います。

ひびき「あれ?立花先生じゃね?」
朱美「あぁ本当!」
街雄「奇遇ですね!」
ひびき「先生も来てたんだ」
立花先生(お、終わった…)
ひびき「あれ?その荷物…。そういうこと。同人誌っていうやつを買いに来たんすね!?BLっていうんでしょ?先生も好きだね~」
立花「学校では内緒にしといてね……」

コスプレ趣味はバレませんでいたがハードコアな趣味にBLが追加された( ̄▽ ̄;)

”「ガチのビルダーがコスプレした結果wwwwwww」”

”ファッ!? リアル筋王やんけ”

後日、まとめサイトにひとつの記事がありました。
ちょっとリアリティありますね(笑)

《街雄はちょっと有名になった》

ツイート

色々あったのに街雄のコスプレで全部持って行かれました(笑)
今夏のコミケで「極度の筋(街雄)」のコスプレ、お待ちしてます!( ^ω^)

立花先生は災難だったな。そこまでしてコスプレ趣味を隠す必要もないと思うのですが( ̄▽ ̄;)
本人が隠したいのならしょうがないか。

今回、初めて道具を使う筋トレが登場しましたね。代替品でもOKとのことでさっそく腕の筋肉を鍛えるぞ!
毎日がチートデイの身としては筋トレと並行して食事の見直しも必要だな~。
今期の人気アニメ視聴一覧