【世話やきキツネの仙狐さん 7話 アニメ感想】中野は仙狐さんに踏まれたい!?別のキツネ(シロ)の匂いで嘆く仙狐さん?

内容をカンタンに説明すると…

  • シロが再びやってきた。仙狐さんのおはぎを賭けてゲーム対決をするシロと中野。千里眼の能力を使ってシロは中野に勝つ。
  • 高円寺の部屋を訪れる仙狐さん、差し入れを渡したり部屋を片付けたり世話を焼く。
  • 今回は…腰の調子が悪い中野をマッサージする仙狐さん。お互いにマッサージをしあって体をほぐすことに。二本目は終電に乗り遅れた中野、シロが送っていってくれる話。

【世話やきキツネの仙狐さん 6話 アニメ感想】シロと中野のゲーム対決!高円寺さんから仙狐さんへのお礼はメイド服!?

2019.05.16




【世話やきキツネの仙狐さん 7話】おぬし、別のキツネの匂いがするのう【アニメ感想】

マッサージをしよう

「食器はそのままでよいのに」
「たまには手伝わせてください。よいしょっと」

ぐきっ

「どうした?」
「今日会社で重い荷物を運んでからずっと背中が張ってて…」
「それは大変じゃったのぉ…」
「デスクワーク人間には堪えますねぇ」

「よしお主よ、こった体をほぐさねばの。
横になるが良い、わらわが踏んでやるのじゃ」

「踏む!?」

「わらわの体重じゃと程よく気持ちが良いぞ」

体重25Kg

「お主いつも無理しているようじゃし、そっちの気があるのじゃろ?」

M扱いされてますよ中野さん。仙狐さんニヤニヤ。

「オレにそんな趣味あるように見えますか?」

仙狐さんの脳裏にはもふもふする中野が。

手押しでは強さがたりない。

「踏んでいただけないでしょうか」

中野は真っ赤になりながらもお願いします。

「素直な子は好きじゃぞ」

視聴者は中野の喘ぎを聞かされてるんですが。最高のマッサージにより黒い霧が晴れました。

「わらわも楽しかったぞ。踏まれていい声を出すお主も可愛かったのじゃ」

照れる中野。

「そんなことよりオレにもマッサージさせてください」
「それはありがたい」

すさまじいおばあちゃんボイスの喘ぎ?
の後に色気のある喘ぎが。

「尻尾の付け根は触らんで良い」
「すいません」
(こっちが恥ずかしくなってくる)

「オレのこととやかく言ってましたけど仙狐さんのほうがよっぽどいいお声を」

「ならばお主にはもっといい声で鳴いてもらおうかの?」

こちょこちょ攻撃キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

「いや~は~ん」

私は一体何を見せられているんだ…。いちゃいちゃか





シロ様のお迎え

わさび稲荷を作って待っているという仙狐さん。
中野は出社しますが…。またヘルプを頼まれ。
終電すらのがしてしまいます。

(今日は会社に泊まりか…)

「ごきげんよう、中野」

シロが座っていました。

「シロ様が迎えに来てあげたわ」

尻尾も耳も隠さないその姿にびっくりして中野は背広のジャケットを貸します。

「家まで送ってあげる。シロ様の力でね」
「そんなことできるんですか!?」
「当然でしょ、神使の狐の力を舐めないでよね。
中野が帰らないと仙が悲しむし…(小声)」

貢物要求するシロに対し
コンビニのアメリカンドッグとガリガリくん
初の頭キーン体験ですね。

「そろそろ行くわよ」
「どうやって帰るんですか?空とか飛ぶんですか?」
「それも悪くないけど…少し目立ちすぎるわね」

鳥居にワープゾーンの入り口を作りました。

「ここを通るのよ。着いてきなさい」

(うわ~完全にファンタジーの世界だ)

「鳥居と鳥居の間に近道を作ったのよ」

なるほど…。

「ねぇ中野。神使の狐であるセンがなんでわざわざあなたの所にいるかわかる?」

『ぼろぼろのお主の姿が見ておれぬから世話をしにきたのじゃ』

中野が思い出したのはその記憶。

「それだけ?あなたの先祖の事は聞いた事無いの?」

「もしかしてあれは俺の先祖と仙狐さん…?」

時々夢に出てくる二人のことを思い出した中野。

「だとしたらどうする?仙は中野に先祖の姿を重ねてるだけであなた自身を見てないかもしれない。中野はそれでいいの…?」

「そうかもしれませんね…こんなぼろぼろで迷惑をかけまくりのまま何もお返しできてない…そんな俺の事なんて見てないでしょうね…」

「ちょっと!そこまで言ってないでしょ!卑屈すぎない!?」

また黒い霧増える(笑)

「もう…行くわよ」

「でも…それでもいいかなって思えたんです。理由やきっかけがどうあれ仙狐さんと過ごす今が幸せだからきっと仙狐さんも幸せなんだろうなって。
あの笑顔を見てるとそう思うんです」

あ、シロなんだか嬉しそうな照れくさそうな顔してますね。

「…ふん!つまんないやつなら山奥に置いてこうと思ってたんだけど!ただの座り心地のいい椅子じゃなかったようね

仙はしばらく貸しといてあげるわ」

「シロさんはお優しいんですね」

「はぁ!?」

「時々様子を見に来てくれたりわざわざ俺の事を送ってくれたり心配して忠告までしてくれますし」

ワープゾーンから蹴り出される中野。ま、もう家の近所でした。

「ただいま~…」

「おかえりなのじゃ~!今日はもう帰って来んかと思ったぞ」

出迎え仙狐さんすごくかわいい…。

「御心配おかけしました…」

「ところでお主背広はどうしたのじゃ?くんくん…お主…別の狐の匂いがするのう」

「はい。先程シロさんに会って背広を貸したまま帰って来ちゃいました。
終電逃した俺を家まで送ってくれたんですよ」

「うう…わらわという狐がありながら…」

「仙狐さん!話聞いてました!?」

「冗談じゃ。深夜の街でうまいものでも食べておったのじゃろう?」

「それは否定できないです…」

アメリカンドッグを美味しそうに食べておられましたね。

「お主が帰って来なさそうじゃったからわさび稲荷全部食べてしまってよかったのじゃ!」

「がーん…俺も食べたかった…」

「それも冗談じゃ。今から食べるかのう?」

「はい!
今日はずっと稲荷の気分でした」

ほのぼのしてますねぇ…このアニメの時間はひたすら癒やされる時間です。

 

ツイート

シロは仙狐さんを大事にしてほしいんですね。
まぁもちろん問題ないんですけど。
わかってるのかしら…ってつぶやいてたのがどのことを指すのか気になります。
過去の話も出てくるんですかね~。
今回は前半は中野の喘ぎを聞かされるパートなのかと思いましたよ(笑)
二人のいい声ありがとうございました。
今期の人気アニメ視聴一覧