【邪神ちゃんドロップキック 6話 アニメ感想】腹黒天使ぽぽろん降臨!!7000年前にタイムスリップ!チビ邪神ちゃん・メデューサ・ミノス可愛い!!

前回のあらすじ

内容をカンタンに説明すると…

  • メンチカツをめぐる邪神ちゃんとぺこらの戦い!魔界のレアなお土産・マンドラゴラを貰うも、邪神ちゃんに殺されてしまったゆりねが激怒する!
  • 橘芽衣警官と再開してしまった邪神ちゃんを悲劇が襲う!!ブラックバイトを始めたペコラ。過酷な肉体労働と奇人の同僚に囲まれて、精神が崩壊していくのだった。
  • 今回は…ひょんな事からタイムスリップした邪神ちゃん!幼い頃の邪神ちゃん自身と、メデューサ、ミノスに遭遇し、現代に帰る方法を探るが…!?

【漫画原作】邪神ちゃんのゲスっぷりは最新刊でも不変ですw

【邪神ちゃんドロップキック 5話 アニメ感想】ぺこら、ズボンを降ろされる!大蛇丸VS芽依再び!!

2018.08.07




【邪神ちゃんドロップキック 6話 アニメ感想】

 飯テロからのタイムスリップ!!

「できましたの~!今日の晩御飯はカレーですの~!」

邪神ちゃん手作りのカツカレー!とても美味しそうですね!!
相変わらずの飯テロ作画…このアニメ、ご飯のクオリティが高いです(笑)

ちゃんと福神漬も乗ってるよ!

「今日も晩御飯はカレーですの!」

翌日はハンバーグカレー!カレーは2日目からが本番ですよね!
ハンバーグもビッグサイズで食べごたえありそう!

二人はあっという間に完食です!

「今日もまたまた晩御飯はカレーですの~!」

3日目。ゆりねもさすがに飽きてきたようです。
邪神ちゃんはウッキウキですね。もしかしてカレー好き?

「邪神ちゃん、勝ったアンタにマヨネーズを取りに行く権利を与える」
「喜んでッッ!!」

ジャンケンに負けてしまった邪神ちゃんはパシられました。
勝ってもマヨネーズを取りに行かされるやつだと思いますけど(笑)

「カレーにマヨだとぉ!?そんなの合うわけがっ!!」
「すごく合うのよ。ほらあんたも」
「うわあああああああ!!!!」

邪神ちゃんも最初は拒絶反応を示しますが、一口頬張ると意外や意外…!

「美味い!!」
「ほらね」
「どうして!?どうして美味しいの!?」
「マヨネーズだからよ」

答えになってませんが(笑)
マヨネーズカレーの虜になった邪神ちゃんは翌日もカレーを作ることにしました。

「へぇ~。Amazonってこんなのも買えるんだ」

刀、ボウガン、電動ノコギリ等々…ゆりねは凶器を物色してます。
さすがAからZまで何でも揃うAmazonですね(白目)

台所にはノリノリでカレーを作る邪神ちゃんが居たはず…なのですが…。

「どっちが切れ味いいと思う?」
シーン…
「…ちょっと?聴いてるの?あれ? 消えちゃった…」

青い光が発生した直後、邪神ちゃんが消えてしまいましたよ!?

「――え?どゆこと?一体何が起こったんですの?」

邪神ちゃん本人も何が起こったか理解してない(笑)

「説明しよう!カレーを作っていた邪神ちゃんだったが偶然にもカレーを混ぜる動きが魔法陣を描いて鶏肉が生贄となり、さらに適当な歌が次元の扉を開く呪文と一致した結果、邪神ちゃんはワープしてしまったのだ!!」

偶然の重なりが、まさかの事態を引き起こしたようです!

一面に広がる荒野。邪神ちゃんには見覚えのある光景でした。
現れた案内板には”ようこそ魔界へ、この先666m、無料駐車場666台”の文字が。
6の3つ並びですか…凝ってますね(笑)

「ここ、魔界の入口ですの!!」

しかし、帰還条件を満たしてない限り、魔界の門で弾かれてしまうそうです。





 過去との遭遇!邪神ちゃんは元の世界に帰れるのか!?

「ねぇ、あのお姉さん、邪神ちゃんが大きくなったみたいじゃない?」
「全然似てねぇですの!下半身が蛇の部分しか似てねぇですの!」
「そっくりだよ!親戚かなんかじゃねーの?」

ロリトリオキタ――(゚∀゚)――!!
かわいい!みんな可愛い!!

邪神ちゃんは噛み合わない会話の中で、今いる世界が7000年前の魔界だと気づきます。

チビメデューサ「お姉さん、未来から来た邪神ちゃんなの!?」
邪神ちゃん「まぁ信じないだろうけどな~」
チビメデューサ「わたし信じる!だってお姉さん、嘘つくような目してないもん!」
邪神ちゃん「メデューサは可愛いなぁ。この先ヘンな大人に騙されるんじゃないぞ?」

お前が言うな!!(笑)

チビミノス「なぁお姉さん!未来の私はどうなってるんだ!?」
邪神ちゃん「うーん…。今このぺったんこの胸がな、こう、バイーン!!って感じになってる」
チビミノス「バイーン!?すっげぇ強そう!」
邪神ちゃん「強いぞぉ~。私よりは劣るけどな!」

先週その「バイーン!」に弾き返されてたのは誰なんですかね?(´・ω・`)

チビメデューサ「私は!?」
邪神ちゃん「うん…お前はずーっと働いている」
チビメデューサ「えぇ~っ」
邪神ちゃん「未来にはATMという素晴らしいものがあってだなぁ…」

洗脳すな(笑)

チビ邪神「わたし!私はどうなっているんですの!?」
邪神ちゃん「これ」
チビ邪神「え?」
邪神ちゃん「だからこれだよ」
チビ邪神「嫌ですのー!!もっとこう格好良くなる予定だったのにぃ!!」

すごいホラーなモンスターが!!(笑)邪神ちゃん、こんなのになりたかったんですか!?

元居た人間界にどう帰ろうかと嘆く邪神ちゃんを見て、チビ3人組は「秘密の儀式」で帰してあげる、といいます。

魔界版・かごめかごめですね(笑)

(あーこれね。覚えてますの。でも無理なんですの。昔何回もやったけどこれ、成功した試しが――。え?)

邪神ちゃんの腹の虫が鳴って成功しちゃいましたよ!?

チビメデューサ「ちゃんと帰れるように念じた?」
チビ邪神「ううん。晩ご飯のこと考えてたー!」
チビメデューサ「えぇ~っ!」
チビミノス「腹減ったなぁ!晩ご飯なんだろう!?」
チビ邪神「カレーがいいですの~!」

邪神ちゃん、この頃から相変わらずですね(笑)
その後もひとり邪神ちゃんを心配するメデューサ。やはり女神か…!

「うわぁっ!!イッテテ…あれ?本当に戻ったぁ!」

人間界に帰還した邪神ちゃん。
だけど貴重なカレーが!!

「”戻った”じゃないでしょ…?」

「急に消えたと思ったら今度はちゃぶ台の上に現れて、ご飯ブちまけてくれちゃって…。カレーのシミって簡単に落ないのよ。ねぇ?」

やっちまったよ…((((;゚Д゚))))
チビ邪神ちゃんが晩ご飯(カレー)のことを考えてたから、カレーの上に帰還したんだ!!
自業自得じゃないですか!( ̄▽ ̄;)

「ぎゃああああああ!!!」
「どっちも切れ味抜群ね」

早速Amazonから届いた武器を手に、ゆりねはお仕置きを開始しました!
プライム会員って便利ね(笑)

「つーか!私が突然消えたのに平気でご飯を食べてたことがショックですのー!」

ともかく邪神ちゃんが戻って来れて良かったです!!





 かき氷でボロ儲け!?邪神ちゃん、893に連行される!

「冷たいかき氷はいかがですか~?」

魔界の商売が閑散期のため、遊佐浩二姉妹が出稼ぎに来ていました!
いっしゅん遊佐浩二ご本人が出てきたぞ!?(笑)

暑い夏にかき氷屋台は儲かりそうですね!着眼点が素晴らしいです。
実際に儲かるそうで、それを聞いた邪神ちゃんは自らもかき氷屋台で儲けようとします!

「遊佐たちが200円だから…私は300円で売りますの!!」
「隣200円で売ってるのに買うわけないでしょ」

しかし異常な暑さは思考力を低下させます…。
邪神ちゃんの屋台にもお客さんがやって来ましたよ!!もろヲタクみたいな人だ!←←

まさかの大行列になりましたが、手動のかき氷機じゃ追いつきません(笑)

お客さんは遊佐浩二姉妹の屋台に流れてしまいました。遊佐はフッと息を吹きかけるだけでかき氷を作れますからね…。

浩二がちょいちょい邪神ちゃんを挑発してきますね。
最初に比べると性格悪くなったな君!?(全部邪神ちゃんのせい

「この市販の安い氷とシロップに、おもちゃみたいなかき氷機ではあのサラサラふわふわな氷には勝てませんの…勝つには最高のものを手に入れなければ!!」

邪神ちゃんが用意したのは富士産の天然氷、業務用かき氷機、そして高級シロップでした。
一瞬で調達しましたね!行動力すごい!!

「あんたそんな高そうなものを…」
「メデューサ…。お前の金で手に入れたこれらを使い、私は勝ちますの」

ブレないクズっぷりだよ邪神ちゃん!!ATMを有効活用してるよ!!

「全ては遊佐たちの息の根を止めるため!」

金儲けするんじゃなかったんですか!?
目的変わってますけど、いいの?(笑)

「さぁ人間どもよ!この最強のかき氷を買うのだッッッ!!」

メデューサのお金を使って作り上げたかき氷は、シロップも練乳もたっぷり!
とても美味しそうです!!

「ちょっと蛇のお姉ちゃん」
「へ?」
「ちゃんと許可取ってここで商売しとるんか?」
「へ?許可?」

893キタ――(゚∀゚)――!!
ショバ代払えって事ですか!?

遊佐浩二姉妹はすでに許可を取ってました。

「あんたはとってへんみたいやな?」
「ちょっと一緒に来てもらおうか?」
「姉ちゃん下半身蛇やけど上半身は…稼げそうやな」
「蛇は蛇で、ええなぁ」

怖いお兄さんたちの守備範囲が広いぞ!ヽ(´Д`;)ノ
蛇は蛇でええな、ってどういう事ですか!?(笑)
そのまま引きずられていく邪神ちゃん。どこに連れて行かれるの!?

「助けて欲しそうな顔をしてますけど…」
「アレは”大丈夫、心配ない”の表情よ」

ゆりねが悪魔より悪魔してるでぇ…(´Д`;)
浩二は満面の笑みで楽しそうですね(笑)

その後邪神ちゃんがどうなったのか…
893のみぞ知る!!





 腹黒天使ぽぽろん降臨!邪神ちゃんがクズじゃない…だと!?

「ペコラさま見~つけた!」
「あ、あなたは天使見習いの!」

ホームレス天使・ぺこらの前に、ぽぽろんが現れました!可愛い~(*´∀`*)
今は天使「見習い」ではなく天使なんだそうです。

かくかくしかじかの事情を説明するぺこら。
待ちに待ったこの瞬間!天界に帰ったらお風呂に入って、お腹いっぱい食べて…と妄想が膨らみます。

「ペコラ様ばいば~い!」

ぽぽろんはぺこらに向けてバズーカを発射!!なにやってんの!?Σ(゚д゚lll)

「ど、どうして…?」
「ぽぽろんちゃん今ね、行方不明になったペコラ様の代理を任されてるんだ~!でもペコラ様が戻ってきたら元の地位に戻されちゃうでしょ?そしたら他の天使をこき使う楽しい日々が終わっちゃうんだ~」

じょ、女王様だ…。私欲にまみれた腹黒天使だ!(゜д゜)
ぽぽろんはぺこらを迎えに来たのではなく、始末するためにやって来たのでした。

絶望するぺこら。可哀想…(´・ω・`)

「天使の力を使えないぺこら様なんてただの肉塊?てかゴミ?」
「以前から時々天使らしからぬ点は感じていましたが、そこまでだったとは…」
「天使にふさわしいから天使やってるわけじゃないの。天使になるために生まれちゃったから天使やってるの!」

メデューサの方がよっぽど天使ですよ!!

「おっす、あれっ?取り込み中?」

邪神ちゃんがカレーの差し入れを持ってやって来ました。ノリ軽っ(笑)

「オイ!お前邪魔だよ!あとで始末してあげるから!どいてて!!」

ぽぽろんは邪神ちゃんが手にしていたタッパーを叩き落としました!
地面にぶちまけるカレー。

邪神ちゃんが愛情を注いで育てたカレーが…(´;ω;`)
ゆ、許せん!!

「キエエエエエエエエエッッッ―――!!!!」

※邪神ちゃん怒りの叫び

「私のカレーになにしてくれとんじゃこのガキャーッ!!人の命は粗末にしてもいい!だが食べ物だけは粗末にするなぁ!!」

ドロップキックがヒットした!?Σ(´∀`;)
ガムテープで縛り上げたぽぽろんを抱えて日本海まで一直線!そのまま放り投げてしまいました!
なぜに福井まで遠出したのか(笑) 東京湾でもよくない!?

「ぽぽろんが居ない…」
「で、今の誰なんだ?」
「あ、えっと」
「やっぱりどうでもいいですの。走ったらお腹減りましたの。行きますの」
「!!」
「変な女にカレーを落とされたと言ってもゆりねは信じませんの。また持って来させられるぐらいなら家で一緒に食べますの!」
「でも悪魔の…っ」
「つべこべ言わずに行きますの!カレーを粗末にしてはいけませんの」

ぺこら(今日ばかりは、こいつのおかげで助かりました…)

珍しいファインプレーでしたね。
初めて邪神ちゃんが良いヤツに見えたよ…←

ツイート

ぽぽろん、可愛かったけど腹黒すぎました( ̄▽ ̄;)
天使だから中身も天使とは限らないんですね!海に突き落とされたけど、生きてるんでしょうか?(´・ω・`;)

邪神ちゃんは食べ物を大切にする主義か~。
食に貪欲と言ったほうが正しいかもしれませんが(笑)
特にカレーが好きみたいですね。1話のうちに4回も食べるって、普通じゃないですよ。

まさかのタイムスリップで登場したロリトリオも可愛かった!!
7000千年前から付き合いがあったなんて驚きです!!Σ(´∀`;)
メデューサもミノスも邪神ちゃんのクズっぷりに慣れてるのかな~。なんだかんだ仲がいいですよね。

そしてゆりねおすすめのカレー×マヨネーズ!意外と合うみたいですね。
今度やってみよう!ヽ(*´∀`)ノ
今期の人気アニメ視聴一覧