【天狼 Sirius the Jaeger 2話】可愛い幼女に和み回かと思いきや…トラウマ回だった!!ユーリィVSアガサに決着!【アニメ感想】

内容をカンタンに説明すると…

  • 異国のものでありながら日本語を流暢に話すユーリィ達は日本で獲物を捕獲するため動き始める。
  • 日本で暗躍するアガサを追い詰めたユーリィは一騎打ちになる。空中に飛び上がったところを狙撃されてしまい…
  • 療養をするユーリィ。治療をしてくれた医師はある実験をしていた。その実験の成果を狙いに再びやってくるアガサ達

【天狼 Sirius the Jaeger 1話】全てのクオリティが高い!ユーリィらは獲物を追って上海から日本へ【アニメ感想】

2018.07.13




【天狼 Sirius the Jaeger 2話】妄執する、黄色い華【アニメ感想】

天使な咲ちゃん

「私は華田喜助」
「お医者さん…ですか?」
「まぁそんなとこだ
「こっちは娘の咲」

助かりました。目を開けた先にロリが。あ、いえ幼女さんです。

とっても可愛い女の子はユーリィが外国人だと知り興味津々に質問攻め。
そして一緒に訪れた仲間にも警戒や興味を。
外国人が珍しい時代ですもんね。

「深追いはするなと言ったはずだ」

ユーリィ、ウィラードに諭される。





人知れず開発されるもの

また不穏な殺人事件起こってますね。
歌舞伎っぽい顔をした敵。。。
警察が手も足もでなさそうな敵ですね。

ユーリィのもとへ咲ちゃんが。
眠れないそうで。

「お父さんは?」
「お仕事。邪魔しちゃいけないの」
「お母さんは?」
「お空の上」

うう…悲しい身の上でしょうか…。

本を読んであげるユーリィ優しいですね。

「お母さん…病気だったの?」
「お父さんお医者さんだったのにお母さんを治せなかったって泣いてた」

そんなお父さんは今はすごいものを開発中なので夜遅くまで仕事をしてるそうで。
お母さんも喜ぶものとはそれは…。





治るの早いです

「犯人は生物学者アベヨシオ邸に押し入りアベを殺害。駆け付けた警官隊と交戦になり死傷者がでています」

今回の不穏な殺人事件の詳細

「首謀者の百瀬直虎は自らを最後の不平士族と名乗り封建制の復活に四民平等の修正を…」
「テロリストか…」

テロリストという言葉もまだ浸透してない時代でした

バーで暗号を使ってるウィラードさん、かっこいいっす

「ユーリィお兄ちゃん元気になったー!」
「あいつの体並じゃねぇなぁ…」

「旦那様が治療しましたからね。昔から腕のいい外科医でしたのよ。心臓が専門で。だから奥様が心臓病で亡くなった時は相当堪えたのね」

家政婦は見た。ならぬ家政婦はしゃべる、しゃべりまくる。





恋の勢いは止められない

「ユーリィお兄ちゃんのお母さんも優しい?
「優しかった…もういないけど
「お空の…上?」

家庭菜園作業中、穏やかな優しい時間が流れていました。

名門のお嬢様再び!
ユーリィの怪我を聞きつけ居ても立ってもいられない様子です。

「もし私が勝ったら一つだけお願いを聞いてもらいたいのです」
「お嬢様の頼みなら喜んで」
「ではその時はユーリィさんの滞在先を教えてください!」

ぐいぐい来ますね!!

「何かを隠そうとした時その行動には違和感が出る。百虎黨とヴァンパイアはどこかで繋がってる気がしてならない」

日本の組織とヴァンパイアの関わりが疑い始められました。

「無様な姿だがまだお前に一族としての誇りがあるのならそれを私に見せてみろ」

アガサの欠損した部分は改造が加えられてました。

フィリップは食事を届けに行った際に咲の父の研究を知ってしまいました。
それは人工心臓の技術…。

幼女強い

「トマトはね。昔は観賞用だったんだ。あの赤い実は毒があるって思われていて…」

ユーリィなぜこんなにも草花に詳しいのでしょうか。

「フィリップってユーリィお兄ちゃんのこと嫌いなの?」

またもや悪態をついてるフィリップに咲ちゃんが詰め寄る。

「…ユーリィには仲間がいたんだ。そいつが俺の両親に酷いことをした。それが気に食わないって感じかな」
「それってユーリィお兄ちゃんも悪いの?
「そう言われてみると…違うのかもしれないけど…」
「じゃあ仲良くなってもいいよね!」
「まいったな…」

論理的ですごい幼女です!!
これは勝てない…。

咲パパ、実験を成功させたようです。
親子でしっかりと抱き合いました。

再戦

秘密裏に進められてたと思われていた実験は家政婦からヴァンパイア側に伝えられていました。
そして結局家政婦は殺されてしまい…。

帰ってこない家政婦を待つ咲ちゃん達。
そしてやってきた敵…。
三節棍のアクションシーンすごいです。

「ふふふ。ごめんなさいねお嬢ちゃん。あなたのパパはいただいていくわ」

連れ去りではなく眷属にされてしまいました…。
アガサは片足を刃物に改造されてますね。

「まさかシリウスの生き残りがこんな東の果てまで追ってくるとはねぇ」

ユーリィのことでしょうか。

「言っただろ。匂うんだあんた達。だから一匹残らず根絶やしにするまでどこまでも追いかけて…殺す!」

そしてトラウマが生まれた

自我を無くし咲の首を締めようとする咲パパ。
ユーリィは自分の戦いだけでも大変なのに咲ちゃんを気にかけてます。
ユーリィはアガサを倒しました。
血しぶきが咲ちゃんにかかってます…。
これはトラウマでしかない。
アガサが灰になったということは…咲パパも灰になってしまいました…。

ただただつらいです。

博士の命も研究成果も盗まれてしまいました。

そして最後に謎の男登場。
めっちゃ悪そう!

「兄…さん…」

ユーリィのお兄さん!?

ツイート

アガサ、凶器つけられ改造されたんですが今回で退場されました。
ある意味あっさりというか・・・・でも幼女にがっつりトラウマ植えて死んでいったことは許せません。
咲ちゃん一人になってしまったじゃないですか…。
あまりにも凶悪な殺人事件起こるのでただの警察では太刀打ち出来ないのでおまわりさん外でないで…などと思ってしまいます。
毎度アクションシーンが動きますね。
戦いの姿見てても迫力あって引き込まれます。

全然似てないユーリィのお兄さん登場しましたが。強そうです。悪そうです。

今期の人気アニメ視聴一覧