【天狼 Sirius the Jaeger 1話】全てのクオリティが高い!ユーリィらは獲物を追って上海から日本へ【アニメ感想】

内容をカンタンに説明すると…

  • 「CANAAN」「花咲くいろは」の安藤真裕監督とP.A.WORKSのタッグによるオリジナルアニメ作品。
  • 昭和初期、帝都 東京府に吸血鬼たちを狩るためにやってきた「狩人」が降り立った。
  • 異国のものでありながら日本語を流暢に話すユーリィ達は日本で獲物を捕獲するため動き始める。




【天狼 Sirius the Jaeger 1話】蘇えりし者、夜に嗤う【アニメ感想】

アバンなしOPなし

「もうすぐこの世界は大きく変わる。我々はこの世界に適応する必要はない。我々が世界の形を変える。後は時間の問題だ。血族の繁栄を願い新たなる世界の始まりを祝して乾杯!」

キレイな夜の街の風景。これはどこの国でしょうか。
とあるパーティ会場、紳士がみんなキレイな女の人を横に抱いて…乾杯!と同時にグラスをガシャン!!
もったいない…。
乾杯の音頭をとっていたのはカーシュナーという人物、なんともヴァンパイアっぽい服
なんですが多分ヴァンパイアで合ってると思います。多分。

乾杯の後、各ペアの女の人達は全て吸血されてしまいました。
いやぁ、毎クール吸血鬼アニメありますね。

居酒屋で音楽を奏でる謎のメンバーはユーリィ、ウィラード、ドロテア、フィリップ、ファロンの5人。

アヘンが蔓延る世界。荒れた世界。

「各人ぬかりなく。予定通り演奏開始だ」
「高そうなねーちゃん集めてパーティー中か」
「カーシュナーもいるって話だが…」

先程のパーティ会場に忍び込むようですが…。

「とりあえず教授のプラン通り二手に分かれましょう」
「血の匂いだ…」

ユーリィという少年が単独で行動し始めました。しかもこれヌンチャクですかね武器。
紳士っぽいやつはもう化け物にしか見えなくなってしまってます。

アクションシーン作画もいいし血めっちゃ飛んでます!血が赤いです。

「ユーリィ!一人でつっ走るんじゃねぇ!死にたいのか!」
「ユーリィ。我々は協力しあう群れだ。お互いに足りないものを補う。そしてどこまでも獲物を追いかけ、追いつめ、仕留める。それが我々の仕事だ」

ここで出たサブタイ画面がすごくおしゃれでした。
初っ端から色んなセンスを感じます。





舞台は日本へ…

「なんて殺しだ…」

いきなり殺人現場が写りました。
凄惨すぎる現場です…。

日本に降り立つユーリィ達。

「大分目立つな俺達…」
「そう?今時異国の人間なんて珍しくもないでしょ」

これは異国人というよりコスプレ集団??
皆、日本語がすごく上手なんですね。

「この国は少し前まで攘夷という名の下に外国人を斬り殺していたからな」

これは…明治・大正時代でしょうか…(調べた所、昭和初期のようです)

「伊庭少佐。今朝の事件、警察は例の脱獄班の仕業で確定してるようです」
「百虎黨ではないんだな?」
「私服の時に少佐はやめてくれないか?これでも周りを気にしてしまう性分でね」

イケメン少佐が登場しました。
先程いきなり出てきた殺人事件の事のようです。

剣道練習中の名門のお嬢様、稽古が終わり外を見ると…。

「あれは…」
「確か国際的な海運会社の方々と聞いていますが…」

お嬢様、ユーリィに一目惚れしましたね!
応接間で話をするウィラードと日本側。
葉巻の煙の描写すごいです!!

「あの…お花お好きなんですか?…直江涼子。この家の娘です」

庭の花畑に佇むユーリィを見つけて、ぐいぐい迫るお嬢様。近いです。

「ユーリィ…です」
「ユーリィさん!素敵なお名前ですね!」

お嬢様のお庭自慢が始まりましたがユーリィは

「水と肥料を与えすぎて根っこから腐りかけてる」

と立ち去ります。

「反政府組織・百虎黨。失われた武士の魂を取り戻すとし貧民救済を謳っているがその実は金持ちばかりを狙う強盗集団。それから脱獄死刑囚・鞍岳郷一郎。かつては若い男ばかりを狙った殺人鬼で脱獄後も既にいくつも事件を起こしている。凶悪な事件が同時期…都合が良すぎるな」

日本で起こっている不可解な殺人事件の犯人探し。
それにしても後者の若い男ばかり狙う男とは…どういう…。

お茶をしているフィリップ・ファロン・ドロテア・ユーリィ
あのお菓子はシベリアじゃないですか!





ヴァンパイアを追いかけて

「しかしカーシュナーはほんとにこの国にいるのかな?」
「上海では逃がしたけどV海運の情報は正確よ」
「ったくこんな極東の地まで来て何がしたいのか」
「人間の常識じゃ計れないんじゃないかな。奴等には奴等の世界がある。二つの世界はぶつかることはあっても重なることはない」
「ユーリィ。お前が言うと説得力あるな」

フィリップはユーリィに何かバチバチしている様子。どうしたどうした?

「伊庭少佐。鞍岳の脱獄に百虎黨は関わっていると思うか?」
「怪しげな外国人の連中に内務省が活動の許可を与えたという胡散臭い話もある。軍部としてただこれを傍観しておくわけにはいかんのだ」
「だからこそ自分達九段分室の出番かと」

先程私服だった少佐ですね。イケメンなんで軍服もかっこいいです。
どうやら軍には秘密組織があるようで…。

「刑事部長から話は聞いております。ミスターウィラード。ところであなた方はどのようなお立場の…」
「海の向こうからやってきた正義の味方と思っていただければ結構」

このフレーズかっこいい!!

「逮捕前の鞍岳は若い男ばかり狙っていた。しかし脱獄後その対象は性別と年齢を問わなくなっている」
「明らかに傾向が変わっていますね」

バイセクシャルになってしまったのですか!?(違います)





事件がまた起こる…

「大変です警部!赤坂で殺しが!」
「警察は巡回を厳しくしているがその網に引っかからない。鞍岳を追うから捕まえられない?」
「鞍岳を脱獄させ彼の仕業に仕立てたのは…」
「奴等…我々の獲物だ」

ユーリィ達も赤坂へ向かいます。
一般人に紛れているヴァンパイアのアガサを路地裏で待ち伏せしてたのはユーリィでした。

「匂うんですよ。あんたの体から漂う錆びた鉄と腐った魚を足したような血の匂いが、ムッと吐き気が込み上げてくる!バンパイアの匂いが!」

やばいです、このアガサさん臭いようですよ!
アクションシーンすごすぎます。

「狩人だ!この国まで追ってきやがった!」

カーチェイスが始まりました!
作画が半端ない!!です!!(大興奮)

ユーリィ身体能力高すぎます。

「ユーリィ!無茶すんじゃねぇ!サーカスじゃねぇんだぞ!」

ええ、ボンネットに乗ってますもんね。これ運転手の視界遮ってますよ。
ジャッキーチェンみたいなアクションしてますもん。

「深追いするな!ユーリィ!」

空中に飛び上がった瞬間、ヴァンパイア側の狙撃手に撃ち抜かれるユーリィ。

大事だから三回繰り返される狙撃場面…。

ここでED!
ものすごいところで次回へ続くです。

ほんとアクションシーンが流れるような美しさですごいとしか言えないです。

ツイート

なんとも痛々しいシーンが出てきますが描写が良すぎてさらに痛々しいです。
作画も動画も音楽も演技もレベルが高すぎてぽかーんとなってました。
オリジナルアニメ大好きです。先の展開が読めないので(笑)
想像力働かせながらめいいっぱい楽しんでいきたいと思います。

キャラも組織も多いので覚えるのが大変ですが主人公はユーリィ、ですね。
身体能力が高すぎてこれは人ではない…?となってます。

アガサ達ヴァンパイアが牙を向く時の描写がほんとにゾクッとします。
1話からクライマックスすぎる引きでした。ワクワクします。
今期の人気アニメ視聴一覧