【歌舞伎町シャーロック 7話 アニメ感想】シャーロックの兄から依頼が!アイリーンが持つUSBメモリの中身とは!?

前回のあらすじ

内容をカンタンに説明すると…

  • 寅太郎のかつての兄貴分・杉本が刑務所から出所した。歌舞伎町遊撃隊の少年ヨシオは、兼古組の中でも危険因子として知られる杉本から金をスってしまう。
  • 寅太郎が組を破門されたのは、借金をしている男をわざと逃がしたからだった。歌舞伎町遊撃隊に杉本の魔の手が迫る中、事態を把握した寅太郎はシャーロックたちや兼子組の協力を得て遊撃隊を救出する。
  • 今回は…新宿區長の秘書でシャーロックの兄でもあるマイクロフトが、盗まれたUSBメモリを取り戻して欲しい、と依頼してきた。犯人はアイリーン・アドラーという女性の屋敷で潜入捜査をすることになったワトソンだが…?!

【歌舞伎町シャーロック 6話 アニメ感想】漢だよ寅太郎!歌舞伎町遊撃隊の毒舌炸裂!

2019.11.16






【歌舞伎町シャーロック 7話 アニメ感想】ワイフ、未来を見つめる

 新たな依頼

「どんなことをしても取り戻せ」
「分かりました。犯人の目星はおつきでしょうか?」
「狡猾で可愛げのない女。だが狡猾で美しい。それがアイリーン・アドラーだ」

新宿區長モランが秘書に指示を出しました。
アイリーンきましたね!

「ついに出たんすよ!AIの最新バージョン!」

買い物帰りのワトソンとシャーロックは行列に並んでいた小林を発見します。

ゴドフリー・ノートン「ご紹介します!ネクストジェネレーション!愛梨Ver6.9!」

CV:杉田さんでもう笑う

「新Ver.が出るたび即日完売の人気ぶりっすよ!」
「持っていけ」
「ありがとうございまーっす!!」
「……さっきなんでティッシュを渡したんです?小林さん何を拭くんですか?」
「うるさい、ググれ童貞」
「なっ!僕は童貞じゃ…!!」

ティッシュでナニかを拭くんだよ!()

「待ってたわよ。今回は全員参加が前提の依頼なのよ」

ハドソン夫人は今日もまた個性とセンスあふれる風貌です。

「俺はパスだ」

依頼人を見たとたん、シャーロックがそんなことを言います。

「話だけでも聞いたらどうだ?我が弟よ」
「「え!?」」

今回の依頼人はシャーロックの兄・マイクロフトでした!※マイクロソフトではない

京極「こんな立派な方と変人が兄弟とは!」

本人の前で失礼すぎるだろ(笑)

「ちなみに報酬はこれだ。これはおまけです」
「今回の報酬はS級特盛の1500万よ」

報酬には無関心のホームズですが”おまけ”に反応します。
入手困難、小夜師匠のレアトレカ!

「今回みなさんに依頼したいのはモラン區長のUSBメモリを取り返していただくこと。約2週間前、區長のご就寝中にUSBが盗まれた」

リアル目玉焼きUSBメモリ。

「まもなくして犯人から、中のデータをネタに多額の金銭を要求するメールが届いた。犯人はアイリーン・アドラー」

コメンテーター、経済アナリスト、教育評論家、バイオリニストとしても活躍しているそうな。

「彼女はかつて區長のご令嬢の家庭教師をしていた」
「そしてモランの愛人でもあったわけか。データの中身は?」
「公にできないもの、とだけ答えおこう。警察を使わないのもそのためか」
「その間柄で公にできないものとなるとあらかたリベンジポルノというところでしょうなぁ~」
「ちなみに彼女、相当頭が切れる。これまでも探偵やその筋のものたちを雇ったが、尽く失敗した」
「金で解決すればいい」
「要求額は3億だ。それを呑んだところでUSBが帰ってくる保証はない」

そう思えば報酬の1500万は安いのか。

「彼女は数日中に家を引き払うつもりだ。もはや一刻の猶予も許されない」
「説明はそんなところかしら…。よいしょっと」
「今日の夫人、なんか元気ないよね?」
「そういえばそうだな」

なにか事情があるらしい。

「頼んだぞ、我が弟よ」
「…そんなに参加したいなら代わりにいけ」
「え、僕?なんで!?」
「行け」

ということでワトソンも参加することになりました。





目玉焼きUSBを探せ!

ワトソン「あの屋敷か…」

アイリーン・アドラーの屋敷近くに到着!
さっそく警備員に撃退されるメアリとルーシーに遭遇しましたが(笑)

「グハァッ!!」
「そ、そんな!すぐにお医者様を!」
「大丈夫ですか?!」
「突然この方が苦しみ出して…!」
「落ち着いてください!僕は医者です!」

わざとらしく吐血しながらおじいさんが登場!

「なんの騒ぎ?」

アイリーンがやってきました。

おじいさん「急性圧迫賞の発作じゃ…少し休ませてくれんかのぅ…」
ワトソン「え?圧迫症で吐血なんて…」
アイリーン「ジョニー、袴田!」

おじいさんの正体は京極でした!

「変装も知識も3流ね」
「ざ、残念です!」
「こっちへ来い!」

京極退場(笑)

しかし京極のおかげでワトソンは屋敷に潜入できました。京極の死は無駄じゃなかった。

「2回の奥の部屋はこちらでやるから触らないで」
「分かりました」

屋敷の中では引っ越し準備が進んでいました。

「あぁ、あなたですか。通りすがりのお医者様というのは」
「あ、あぁ、はい!…あれ?あなたは人形の!」
「リアルワイフご存知で?」

杉田ゴドフリー・ノートンとアイリーンは夫婦だったんですね。

「僕はジョン・ワ…小林です~~」
「ジョンワー・小林さん。知恵を貸していただけないでしょうか!?」

ジョンワー・小林になった(笑)

ジョンワ小林は医者としての知識をもとに、リアルワイフ改良のアドバイスをしていきます。

「エクセレント!!」

杉田はとても喜んでくれた!

「公表前のニューレディたちもぜひご覧いただきたい!彼女たちは明日、世界各地へ旅立つ愛梨ワールドモデルです!!」

クローゼットの中からいっぱい!!

「しばらくは彼女に新居を任せて私は愛梨たちを…」
「あら、あなた。何してるの?」
「やぁハニー。ジョンワ小林さんのご意見を聞いていたんだ」
「ダメよ、作業員の方まで巻き込んじゃ」
「おっと失礼。そちらで回収してもらう粗大ゴミのことでしたね。こちらです」
「…あの、この部屋の荷物は?」

作業員の声がシャーロックなんですけど(笑)

「彼にとってこの子達は我が子も同然、一体ずつ自分の手で梱包したいそうよ」
「分かりました」
「長々とごめんなさいね」
「いえ!素敵なご主人ですね」
「結婚はまだなの」
「そうでしたか」

アイリーンが退出した直後、シャーロックから連絡が入ります。

《ブツはフランス人がもっている。探せ》

愛梨ワールドモデルの中にフランスモデルがありました!

フランス愛梨「そこじゃないわ、そこでもないわ、そう、その辺よ、大胆ね。上手ね、そこよ」
ワトソン「あっ!イエス!フューチャー!!」

どこ触ってんだ(笑)

「早く乗れ、ジョンワー・小林」
「シャーロック!僕も結構役に立つでしょう?」
「調子に乗るな。京極の無能さに助けられたな」
「なぜそれを。…盗聴器!」

やはり引越し業者に扮装していたシャーロックがトラックでワトソンを回収します。

「そうやって引越し業者に?」
「簡単だ。業者の親方に袖の下掴ませただけだ。小夜…いや報酬に比べれば安いものだ」

全ては小夜師匠トレカの為に!





 謎解き

「そもそも推理するまでもなく、あの女が教えてくれたがね。いいかい?あの女は、この部屋の荷物を運びますか、という質問に、彼が一体ずつ梱包するから結構よ、と答えた。おかしいじゃないか。あの部屋には人形しか置いてなかったかい?」「いや、荷物は他にもどっさりあった」「だろう?だが女はなぜか人形の話だと思い込んだ。隠し場所を意識しすぎて不自然な返答をしちまったわけだ」「確かに!嫌でもよ、人形もたっぷりあったぜ?一体どこの国の娘が持ってるか皆目わからねーじゃねーか」「あの娘たちは各国ばらばらに送られて、旦那の方はそれを追っていくらしい。ところが女はどうだい?」「新居を守るとかなんとか言ってたな」「女のお供をして新居に送られる人形がブツを隠し持ってるってわけだ」「そういや女の荷物の送り状にはおフランスって!さぁて、中身はどんな代物なんだろうねぇ」

「リベンジポルノとかけまして限定品を手に入れるために早起きするワケと解きます」「その心は!?」「公開(後悔)はしたくない。ちょうどお時間でございます」

お見事!

さっそくUSBメモリの中身を確認しますが…。

「…………………」
「シャーロック?」
「――――!!あの女!」
「シャーロック!?どうしたんですか?どこ行くんです!」

「全て気づいていたのか!」

USBメモリの中に入っていたのは潜入捜査の映像でした。掴まされたのは偽物で、アイリーンにはお見通しでした。

「こんばんはシャーロックホームズさん」

アイリーンの方から出向いてきました。大胆不敵…!

「どういうつもりだ!」
「古い友人にちょっと挨拶」
「だから今回の依頼、気が進まなかったのよね…」

ハドソン夫人とアイリーンは旧知の仲でしたか。

「あらワトソンさん、こんばんは。いいえ?ジョンワ・小林さん、でしたっけ?ふふっ、ごめんなさいね。本物のUSBはもうパリに送ってあるの。さてと、もう行くわ。またいつか帰国したら顔を出すわね」

アイリーンは去って行きました。

「………」
「シャーロック?」
「……ハッ!」

シャーロックはアイリーンの後を追いかけます。





 本物のUSBメモリ

「あれ?」
「シャーロック見なかった!?」
「ついさっきあっちに」
「ありがとう!」

歌舞伎町遊撃隊の悪行もスルーできるようになったワトソンに成長を感じる(笑)

「手の込んだダミーを用意するほど重要なブツだ。お前のような猜疑心の強い人間が、体から話すわけがない。しかしご丁寧に隠し場所を教えてくれるとはな…」

シャーロックは本物のUSBメモリを発見します。

「1500万は本物と確認できてからだ。しかし、流石だなシャーロック。では俺はこれで失礼する」

小夜師匠トレカを無事GETしました!
マイクロフトにとってはタダも同然でUSBを取り戻したことになります( ̄▽ ̄;)

 

シャーロック「で?こりゃなんだ?」
ハドソン「痒いらしいの」
シャーロック「”KAIKAIワイフ…。ノートン氏雲隠れ”」
小林「んん~~!!かいーの!」

小林の小林が大変なことに(笑)

「消えたあんたの恋人のせいでワトソンの手が真っ赤だな」
「え?何の話ですか?」
「USBを返して」
「USBなら、先程マイクロフトさんに渡してましたよね?」

しかしシャーロックは目玉焼きUSBメモリを取り出します。

「マイクロフトさんに渡したのは偽物の方!?」
「本当は何が入ってる?パスワードを教えろ」

ツイート

ということで次週へ続く!
USBの中身はリベンジポルノではないみたいですね。
モラン區長の物で3億要求されるくらいだから中身は凄い物なんだろう。
アイリーンが家庭教師をしていた女の子は切り裂きジャックの最後の被害者ですよね。なにか事件と関係があるのだろうか?
ワトソンがたまにシャーロックを呼び捨てにするの良いな~。距離感が縮まった感じがする!
次回「水着を脱がせるな」は水着回かな!?
今期の人気アニメ視聴一覧