【社長、バトルの時間です! 8話 アニメ感想】新種の喋るマジュー!?マコトの好奇心に付き添うミナト!リュックも喋った?

内容をカンタンに説明すると…

  • 経営が軌道に乗り始め、張り切る社員一同。しかし女神召喚の前に、考えるべきは目前に迫った中間決算!
  • 膨大な資料に目を剥くミナトに、ぽつぽつと語られるガイドの昔話。そしてアカリのお願いとは…?
  • 今回は…マコトは“言葉を話す”と噂される不思議なマジューに興味津々。どうしても会いたいと暴走するマコトと共にダンジョンの探索に向かうが、そこでミナトは絶体絶命な状況に陥ってしまう。

【社長、バトルの時間です! 7話 アニメ感想】ガイドさんは超有能!勤務歴15年?一体何歳なの?ミナトとアカリの一日買い物デート!

2020.05.19






【社長、バトルの時間です! 8話】新種発見【アニメ感想】

気になるあのこ

「社長、最近気になる子とか居る?」
「気になる娘?」
「社長ってそういうの興味ない?」

マコトが言ってるのは気になるマジュー、でした。
危うく墓穴ほるとこだったミナト。

買い出しから帰った二人は女性陣が楽しそうに話してるのを目にします。

「なんかね、言葉を喋るマジューが居たんだって」
「マリカさんが聞いたそうです」

「でも喋るマジューだったらこの前も居たわよね?」

ザンギヨーシュッキン……

「あんなぶつぶつ言ってるだけじゃなくてちゃんと会話できるマジューらしいわ。
ファムネラって知ってる?」

「人型のマジューですね。かなり知能が高いと聞きます」
「そのファムネラで流暢に喋るのがいるらしいわ」
「新種に違いないわ」

「会いたくて会いたくて震える…」

マコトが好奇心抑えきれずダンジョンに向かっていってしまいました。

社長達も後から行くことに。





落ち着きなさい

皆装備が新しく。

キラクリの種類も豊富
キラキラが大好きファムネラ…奥に数人のファムネラを発見したマコトは向かっていきます。

特に話せるファムネラではないようですが容姿は人に似てますね。

握手を求めますが、攻撃をくらいそうに。

完全に敵意むき出し

「向こうから襲ってきたわけではないし下手に戦うと新種が逃げちゃうかも。
ここは追い払うだけにしよう」

マリカの炎で嫌厭させることに成功しました。

「ファムネラは元々頭の良いマジューなんだ。群れでまとまって行動を取るし連携攻撃までするって言われてる」
「それって敵にまわすと面倒ね」

「確かに…マコトくんも今後はもう少し慎重に行動したほうが…」
「ごめん、これからはもっと落ち着…ナイヨロンだ~~~~!!」

その後も鉱石に目を奪われ、走っていってしまう。
地盤がゆるいところにマコトと追いかけていったミナトが落下

マコトは意識を失ってしまってます。
もとの通路は場所が高すぎて戻れません。

骸骨型のマジューが3体、地から出てきました。

ミナト絶体絶命

 





何軍曹なんだ?

「全く仕方ないでありますねぇ。このままじゃマコト殿も危ないでありますねぇ」

マコトのリュックがマジューを吸い込んでバクバクしていますね。

「コレは見なかったことにしよう」

「社長殿、聞いているでありますか?そんなに怖がらなくてもいいでありますよ。
吾輩は意外と社長のことを気に入っているであります」

「あなたは一体…」
「吾輩は………ただのリュックであります!」

「それはさすがに無理があります」

「なんであれ、マコト殿はキボウカンパニーをとても大切に思っているであります。
夢中になると周りが見えなくもなったりしますが純粋でまっすぐで心優しい青年であります」

「はい、そのとおりだと思います」

いや、リュックの正体ももっと知りたいんですが。

「そんなマコト殿のことをこれからもよろしく頼むであります」

マコトが目をさましました。

「ごめんなさい。僕のせいで社長まで危ない目にあわせちゃって」

落ち着いて冷静に行動すると

(本当に純粋でまっすぐで優しいな)

「これからどうしよう」
「どこか別の道を探そ…・」

人の気配





新種?

名刺を忘れたミナト。

「私、ミネコ」

ミナトは自己紹介、会社紹介をします。いや…硬い。

「よければ上に行ける道を教えてもらえないかな?」

フランクに尋ねるのはマコト。

先導して案内してくれました。

「礼とかいい」
「僕らもできればお礼を言いたいんだ。顔を見せてくれないかな?」

「ファムネラ?」

一部が硬質化してますね。とてもかわいい女の子でした。

「道教えた。もう、行く」

「君怪我してるよね?良かったらその怪我見せてもらえないかな?」

テキパキと処置をしていくマコト。

「大きなお世話。別にミネコそのままでもよかった」

「余計なことしちゃったね。でも僕はずっと君のことを探してたんだ。君に会うためにこのダンジョンに来た」
だから…よかったら僕と友だちになってくれないかな?」

「とも…だち」

手を出すマコト。それを妨害したのは…

「マジューめ、マコトから離れろ」

ライバー!?ライバーの攻撃を避けたミネ子はそのまま逃走。

「なんてことを…なんてことするんだよ、せっかく仲良くなれそうだったのに!」

うーん、ライバーいらんことしかせーへんな…。

「僕はミネコを追いかけたい!」

ツイート

今日はマコト回!
純粋で優しい、わかってましたが…好奇心を抑えきれない暴走っぷりすごい…。
マコトはかなり幼く感じるんですが一体何歳なんでしょうか。
陽キャの波動を感じる人への接し方。

この人型マジューって女性社会ですかね?
どうもミネ子は異質扱い…
今期の人気アニメ視聴一覧