【robihachi 10話 アニメ感想】ハッチとロビーの痴話喧嘩!?イックも手に負えない!イセカンダルに迫る謎の影!

内容をカンタンに説明すると…

  • 工業惑星ヨッカマルシェ、名物はなし。だがヒザクリガーとイックの製造元だった。
  • ヒザクリガーの作者アルメーニ、アニメ大好きのオタクであった。ロビーの家のルーツが少しずつ明かされていく。
  • 今回は…イセカンダルが目前に迫ってきたのにロビーとハッチは今までのストレスが爆発していつも以上に言い争いがヒートアップ。引くに引けない二人は境界線まで引き始めて…。

【robihachi 9話 アニメ感想】ヤンがロビーを助けに!アニメ業界の闇!?ヨッカマルシェでのオタクの行き過ぎた収集癖!

2019.06.04






【robihachi 10話】相棒喧嘩は犬も喰わない【アニメ感想】

ゴールは目の前なのに

<ギャラクシー街道53星を巡る俺たちの旅もいよいよ終盤、伊勢感ダル街道の分かれ道
ヒナガ・ジャンクションまでやってきた。後はイセカンダルの関所まで一気にワープ!
イセカンダルでオレが幸運を手に入れるまであと一息だ!>

税関通過のご注意という項目を見ているハッチ

「念の為確認し直したらここ、下のとこ」

「犯罪者あるいは借金滞納者などのブラックリスト掲載者はギャラクシーポリスの通達により通過できません。
……ほ~、で、それがなにか?」
「なにかじゃないよ!これロビーのことだろ!?
やっとここまで来たのにロビーのせいで税関通れないじゃないか~~~~~~!」
「おまえが前もってしっかり調べておかねーからだろうが」
「そもそもロビーが借金なんかするからだろ?」
「おいおいおめーら喧嘩なんかしてる場合かよ」

「イセカンダル行ったら返すって言ってんだろ!」
「イセカンダル行けないから困ってんの!」

堂々巡りの言い合い。
喧嘩はヒートアップ

今まで積もりに積もったストレスが爆発したようです。後少しなのに…(笑)

バスルーム問題。
びちゃびちゃですね。

レストルーム問題は…
トイレットペーパーの使いすぎ
シャワー強
便座上げっぱなし

寝室問題。
エロ本やら起業本やら。元々物置だったのをハッチの寝室にしたんですね。

騒音問題。
ロビーのいびきがうるさい。そして睡眠時無呼吸症候群
心配性なハッチ、これ慢性的な睡眠不足では?
ハッチのくしゃみは猫みたいなくしゃみなのでもっとはっきりとしたくしゃみをしろとロビー。

冷蔵庫問題。飲み物の減り。

パジャマ問題。ロビーがくれたパジャマがダサい。

洗濯問題。一緒に洗うのが嫌とか匂い付きの洗剤が嫌とか。

通販問題。ハッチ通販し過ぎでダンボールがすごい。

照明問題。ハッチはろうそくの灯りが大好きで就寝前のヒーリングタイムはろうそくを見つめているのです。

暗いのがいやで普通に証明をつけたロビーと言い争いしてるうちに

ろうそくの火がロビーのタオルに移って危うく火事に。
スプリンクラーが作動しました。二人はびしょ濡れに。

「いいか…もうオレの前に現れるな」
「そのセリフそのままお前に返すぜ」

「顔も見たくない!」
「金輪際口聞かねーからな!」

「「こっから一歩も入んな!」」

境界線がひかれました。





引けない戦い

イック「どーすんだよここまで来てよ」

境界線を巡る戦い、ダンボールで壁が作られました。

子供みたいな喧嘩が続きます。

投げ捨てられたパジャマを見てロビーは渡した時の事を思い出します。

(そーいやあいつ通販でいろいろ買ってた割に結局パジャマは買わないでずっとこれ着てたな)

タコのろうそくを見つめるハッチ。
それはロビーがくれたものでした。火星の観光局長がくれたものをハッチにくれたらしいです。

ヤン達はしっかり途中で観光を楽しんでいますね。
この対比…。

「よしワープポイントだ行くぞ」

揺れで、タコキャンドルの炎がダンボールの壁に。

火事!!

スプリンクラーは前回のこともありロビーによって元栓が閉められていました。

パジャマで消そうとするロビー。

「やめろ!それはオレの大事なパジャマなの!」
「え…」

「イック、ファイヤーマンモード」

イック、優秀すぎる!!

「…こうなったら一生このダサいパジャマ着てろっての」
「そうさせてもらおうかな」

ようやく仲直り。

「雨降って何か固まったか?

ここで一句。

壁燃えて 絆深まる 旅路かな

By イック」

イックで一句。





ついに目的地へ

「ワープアウトしたらすぐにイセカンダル前の最後の関所だ」
「そっか」
「そっかじゃねぇ!どーすんだよこのままじゃ先進めねーだろ!」
「んなこと言ったってしかたねーだろ!ブラックリストの名前消せねーし」

と、ハッチが居ません。

ハッチは自室で自分の腕輪からの画面を操作してロビー・ヤージの借金をポチッと返済!?
ボタン押しましたよ!

「じゃあもう強行突破しちゃうか!関所を。意外とスルッと通れたりして」
「ない!それはない!」

ハッチが戻ってきました。

「いやあるかもよ。オレさぁ、今までこんなに想定外のことが続くことなんてなかった。
だからまだまだ起こるかもしれないよ、想定外のこと。
せっかくここまで来たんだ。一か八かダメ元で行ってみようよ」

「なんかおまえ変わったな」

「そう?だとしたら誰のせいかな?」

「仕方ねぇやってみるか、ワープ抜けるぞ!」

厳重なビームで囲われた関所…。

「これが最後の関所」
「とりあえず普通に入ってみますか」

「ここで弾かれたら憧れの強行突破ってわけな」
「想定内だよ」

「確認しました、通行を許可します」

機械の音声

「へ!通っちゃったよ!」
「想定外!」

ハッチ、演技入ってますね?

「なんでロビーが居るのに通れるんだ?チェック甘すぎじゃねーの?」

「アカフクリスタル手に入れて幸せになるぞ!」

一方…摘発宇宙船どんどん連行されていきます。

「直にロビーもここに連行されてくるはずだ」

ヤンは優雅に待っています。

一方、謎の宇宙船内…。

「現在の居場所がわかりました。クレジットの履歴によるとイセカンダルに向かっているものと思われます」
「よし、我々ルナガードはこれよりイセカンダルへ向かう。全速前進」

これ、ハッチに関係する人では…。

「見ろ!あれがイセカンダルだ!」
「めちゃくちゃ光ってるぞ!」
「あんまり趣味はよくなさそうな…」
「奇跡の星イセカンダル様にそんなこと言うんじゃねぇ」
「だね!」

ついにイセカンダルへ!

ツイート

クライマックス感でてきましたね!ついにイセカンダルですよ!
確かに閉鎖空間での共同生活はストレスたまりそうですよね。
なんだかんだ…ハッチはロビー好きですよね…。
元々想定外を見せてくれる人だから着いてきたというのもありますが。
結構な借金だったと思うんですがポチッと返してしまうハッチ、やはり何者…。
追いかけてきてる宇宙船との話で最終回に向かっていきそうですね。
楽しみです。
今期の人気アニメ視聴一覧