【Free!3期 8話 アニメ感想】遙、郁也、日和の対決と和解!凛が日本に帰ってキタ――(゚∀゚)――!!

前回のあらすじ

内容をカンタンに説明すると…

  • 龍司が遙のコーチに就任した!遙にはまだ伸び代がある、と言う龍司は大学選手権に向けて「プライベートレッスン」を開始する!
  • 大学選手権がやってきた!好記録を叩き出す遥と旭!一方、スランプから未だ抜け出せない郁也は個人メドレーに挑むが、そこに遙も現れて…!?
  • 今回は…遙VS郁也の個人メドレー対決!果たして結果は…!?日和は郁也と参加したフリーリレーで遙と対決することに!

【Free!3期 7話 アニメ感想】遥が個人メドレーに挑戦!!郁也と直接対決!新コーチ龍司との相性抜群!?

2018.08.23




【Free!3期 8話 アニメ感想・名場面】魂のメタモルフォーゼ!

遙VS郁也の個人メドレー!郁也の泳ぎに変化が!

『Take yout mark!』

個人メドレーがスタート!一斉にスタートした選手たち!

最初のバタフライで遙は他を圧倒する泳ぎを見せます!ターンの仕上がりも完璧です!
しかし郁也の調子が…。

旭「全然らしくねぇ。水と喧嘩してるみてぇだ…」

郁也は思うように泳げません。水が重くて…。
しかし隣で泳ぐ遙の存在が彼の気持ちを変化させていきます。

(あの頃からハルは変わってない…。変わったのは僕のほうだ。知らず知らずのうちに心に檻を作って。でも、僕が必死に泳ぎ続けた理由が、やっと分かった気がする…。僕はずっと恐れていた。また一人になるんじゃないかって。みんな、僕を置いていってしまうんじゃないかって)

郁也は孤独と戦っていたんですね(´・ω・`)

(だから僕は強くなろうとした。一人になっても負けない強さ。ひとりでも戦える強さを手に入れるために、がむしゃらに泳ぎ続けた。自分を追い込んで、たった一人で。でも違ったんだ。僕はただ逃げてただけだ。一人になるのが怖くて、それを必死に泳ぐことでごまかして。本当は逆だったんだ)

(ひとりで生きていくために強くなるんじゃない。誰かの為に強くならなきゃ意味がない…それが本当の強さ…!それを手に入れることがきっと、本当のフリー!)

次の瞬間、しがらみから解放されたように郁也の泳ぎが軽くなります!
ラスト50mのフリーで並んだ遙と郁也!

ほぼ同着ゴールでしたが、結果は郁也が1位、遙が2位でした!

試合中にスランプから脱した郁也。後半の泳ぎに目覚しいものがありました!
遙も初めての個人メドレーとは思えないの泳ぎっぷりで大健闘!
二人共お疲れ様でした!(T▽T)

「ハル…!ただいま」
「おかえり。これでやっと約束を果たせた」
「覚えててくれたんだ……」
「忘れるわけないだろ」

郁也は遙が約束を忘れてると思ってたのかー(´;ω;`)

やはり水の中で、泳ぎで語り合うのが彼らにとって一番のコミュニケーション方法なんですね。

郁也の感情が一気に溢れ出します。

「ハル…っ!ハル――!!」

数年越しの約束がようやく叶いました。よかったね郁也…!(T▽T)
遙も嬉しそうです。視聴者も嬉しいです(T▽T)

尚「もう、大丈夫みたいだね」
夏也「ああ…そうだな」

一方、応援席から郁也の姿を見つめる日和の姿がありました。
こちらはまだしんどいまま…(´Д`;)





 岩鳶中メンバーが揃った!郁也と日和はフリーリレーに参戦!

真琴「郁也、おめでとう!コンメ一位」
旭「すげー勝負だったぜ!」
郁也「ありがとう…」

またこうして4人が一緒にいる所を見られるなんて…(T▽T)←ずっと泣いてる

遙と郁也は合宿の夜の願い事の話をしていました。

「僕はあの時願ったんだ。ハルみたいになりたい。ハルみたいなヒーローになりたい、って…」
「ヒーロー?」
「うん。悪と戦うヒーローじゃなくて、みんなが憧れる存在って意味のヒーロー。誰かが悩んだり立ち止まったりした時に助けてくれる存在」
「なんだそれ」

中学郁也、かわいすぎるんですが!(´∀`*)
遙のキョトンとした反応が面白い(笑)

「ハル照れてる」
「照れてない」

遙も可愛いぞ!(笑)

「郁也だって誰かのヒーローかもしれないだろ」

そうですよ!日和にとっての郁也はヒーローなんですよ!

「そんな…」
「確かにそうかも!自分が気づいてないだけでさ、ハルみたいに!」
「真琴…」
「ヒーローは自分がヒーローと思ってないからヒーローなんだよな!」

旭、うまくまとめましたね!めっちゃ良い事言ってます(笑)

「そろそろ戻ろっか。まだ試合はあるし。郁也も霜学の仲間に話したいことがあるんじゃない?」
「行ってこいよ、郁也」
「じゃあ…また後で!」
「おう」
「うん!」

日和との仲も気遣ってくれました。なんて優しいんだ…(´;ω;`)

次はフリーリレー!遙と旭が参加します!!

「どうしたのハル?」
「俺が郁也にとってのヒーローなのかと思って…」
「郁也だけじゃないと思うよ」
「?」

真琴にとっても遙はヒーローですよ…(*´∀`*)

「日和。僕思ったんだ。リレーをまた泳ぎたいって」
「…七瀬と?」
「違う!そうじゃなくてっ…」

日和がこじらせた彼女みたいになっておる(´Д`;)
どうせアタシじゃなくてあの女を選ぶんでしょ、的な!←

「さっきの試合、ようやく勘を取り戻したみたいだな」
「ありがとうございます」

霜学のキャプテンがやって来ました。
大学選手権の大とり、フリーリレーに出てみないか?と。先ほどのフリーが泳げるなら勝てるはずだと期待されてますよ!

「――はい。泳がせてください」

郁也がリレーに出る!!(((o(*゚▽゚*)o)))

「でもひとつお願いがあります」
「言ってみろ」
「日和も一緒に泳がせてください」
「!」
「僕は個人種目ばかりで、リレーの引き継ぎの練習はしていません。でも日和とだったら…うまく引き継ぎが出来る自信があります」

なるほど、百理ある!!

日和は元々タイムが良くて、郁也との相性もいいし、キャプテンも納得してますね!
反対に躊躇いを見せる日和ですが…

郁也「考えてみたら僕、日和とリレーを泳いだこと、一度も無かったよね。最初からこうすべきだったんだ」

「ね、泳ごう?日和」

郁也にこんなん言われたら泳ぐしかないやろ。全人類泳ぐわ(´・ω・`)←

日和の脳裏に、初めて郁也と出会った光景がよみがえります。

「…分かったよ。郁也」

2人の関係も修復に向かう!!(T▽T)





 遙VS日和!郁也が思い出した少年は…

高校組もTV中継で見守る中、メドレーリレーが始まろうとしていました!

「今年の優勝は燈鷹が貰いますよ」
「ふん。霜学の強さ、とくと見せてやる」

両チームのキャプテン同士も良いライバル関係にあるようですね!

『Take yout mark!』

1巡、2巡目も燈鷹と霜学は互角の泳ぎを見せます!接戦です!!ョ゚Д゚;))))ドキドキ

3番手は郁也VS旭!

「旭、ひょっとして緊張してる?」
「まさか!郁也こそビビってんじゃねーの?」
「大丈夫。さっき鏡の前でやってきたから。僕は天才、僕は天才!ってね」
「おまっ!真似すんな!」

旭のメンタルトレーニング法がパクられました(笑)
郁也なりに緊張を解きほぐそうとしたのかな、と思ったり(´∀`*)

夏也は郁也の順が回ってくると、思わず力みます。それを見てクスッと笑う尚。微笑ましい光景です。

「並んだ!」

4番手は遙VS日和!意外な対戦カードですね!

「仲間を、郁也を信じろ」
「言われなくても…信じてるよ!」

遙の泳ぎを間近で体感した日和は、真琴の言葉を思い出します。

(ハルと一緒に泳げば、君もきっと分かると思う。もう少し楽に泳げるはずだよ)
(水の中で素直に…か…。少しだけ、分かった気がする。七瀬のこと。そして郁也のことが!)

日和の泳ぎが加速し始めました!

ターンはほぼ同じ!
両チームの声援が響きます!結果は…!?

「僕の負けだね」
「フリーはな」

1位は燈鷹、2位は僅差で霜学でした。
やりました遙!燈鷹大!!おめでとうございます!(((o(*゚▽゚*)o)))

しかし日和の専門はバック。遙が言ってるのはその事でしょうね(´∀`)

郁也は日和に手を差し伸べます。一緒に泳いでくれてありがとう、と。

「僕こそ…!ありがとう」

日和の笑顔で郁也の幼い頃の記憶が蘇って…!?
ああああ!思い出してくれた!!?(T▽T)

「どうだお前たち。リレーもいいもんだろ?」
「あ…」
「「はい!」」

燈鷹は勿論、霜学チームもいい雰囲気になってきました!

「ねぇ日和。僕が幼稚園の頃の話なんだけどさ。その頃通ってたスイミングスクールで、いつも一人で泳いでる子がいたんだ」
「っ…」
「僕、そのこと友達になりたくて。でもなかなか話しかけられなくてさ。ある日やっと声をかけた。そしたら、笑ってくれたんだ。すごく素敵な笑顔で。でもそのあと、直ぐにその子は引っ越しちゃって会えなくなった。もしかして――」
「――きっとその子は…郁也の笑顔に救われたんじゃないかな?その子にとって、郁也はヒーローだったんだよ」

良かった…郁也、鮮明に思い出してくれました(T▽T)
声には出さなかったけど、日和はとても嬉しそうで(T▽T)

お互いに相手が分かってるのに、あえて明言しないあたりもう!!!神演出!





 大学選手権閉幕!夏也の新たな夢とは!?凛もキタ――(゚∀゚)――!!

「よっ!」
「兄貴」
「やったな!おめでとう!」
「ありがと…」
「よく頑張ったな郁也!お前スゲー頑張ったよ」
「うん…」

桐嶋兄弟、ほんと仲良いですよね(*´∀`*)

夏也は郁也のおかげで夢ができたと言います。いつか郁也と世界で戦う夢。純粋に強さと誇りのために戦う夢。世界一を目指す夢。
賞金のためなんかじゃありません。夏也も本当に大切なものを見つけたんですね。ちょっと涙目になってます。それを指摘されてはぐらかすのは、兄としてのプライドか!(笑)

「おお、日和!郁也との引き継ぎ完璧だった!いい試合だったぜ」
「ありがとうございます」
「あと…悪かったな。郁也のこと任せっぱなしにしちまって。重い荷物、持たせすぎちまったな」
「いえ、いいんです」

自分の夢や弟とちゃんと向き合うことにした夏也は、踏ん切りがついたようです。
荷物扱いされて不服そうな郁也(笑)

「郁也も行ってきたら?」

あの日和が!遙たちの所に!行ってこい、と!!(°д°*)

遙、真琴、郁也、旭は談笑してます。この光景が見たかったんだよ…(T▽T)

燈鷹と霜学の合同練習が実現する日も近いかもしれません!

そしてCパート!日本の空港に一人の男が降り立ちます。

皆さんお待ちかねの凛キタ――(゚∀゚)――!!

不敵な笑みは仲間と戦う事への高揚感か!?

彼の本格参戦で一段と盛り上がりそうな予感です!!(((o(*゚▽゚*)o)))

ツイート

遙と郁也、そして日和も和解できて本当に良かった!!
個人メドレー終了後、感極まって涙を流す郁也がふつくしかった…無意識のうちにキャプしてしまった…←
中学時代のわちゃわちゃした雰囲気が懐かしいです。これから切磋琢磨し合って、より良い関係になるといいですね!
凛も帰国して、3期後半は遙VS凛の対戦カードが実現なるか!?
そして世界を目指す遙の挑戦が始まります!謎の金髪外国人から強敵のオーラが!
次週、夕凪のインタボー!インタボー!で腹よじれました(笑)
先週までシリアス予告だったから…油断した…(笑)
今期の人気アニメ視聴一覧