【ブラッククローバー 38話】アスタとチャーミーの大食い競争開幕!アンチ魔法で裏切り者を見つけ出せ!!【アニメ感想・名場面ランキング】

前回のあらすじ

内容をカンタンに説明すると…

  • アスタとヤミ団長、そして魔法騎士団団長達の連携技が炸裂!サードアイは戦闘不能になったリヒトを連れて姿をくらます。
  • リヒトの発言から、アスタの武器が”あの方”の「断魔の剣」と「宿魔の剣」だと判明!
  • 今回は…アスタの全快を祝って黒の暴牛大食い競争が開催された!後日、魔法騎士団団長会議に招かれたアスタは、白夜の魔眼とつながる裏切り者をあぶり出す事になるが…!?

【ブラッククローバー 37話】シャーロット団長はヤミ団長に片想い中!アスタのグリモワールと大剣は「あの方」の物!?【アニメ感想・名場面ランキング】

2018.06.20




【ブラッククローバー 38話】魔法騎士団団長会議【アニメ感想・名場面ランキング】

5位 魔法に夢中

「着いたよ」
「うっす…」

「どうもー…」

「やぁアスタくん!今回もご苦労様」

「ま、魔法帝!お疲れ様でっす!!」

「悪いねぇ、お疲れのところ。アンチ魔法の剣は君にしか使えないんでねぇ…」

「ところで!白夜の魔眼の幹部たちと戦ったそうだね!?」

「どんな魔法を使ってたんだい!?」
「どんなって…」


「なになに!?模倣魔法!?人の魔法をコピーするって?すごいなぁ!」

「獣魔法だって!?そんな魔法聞いたことないよ!」

「えぇ!精霊魔法!?火の?サラマンダー!?」

「どれもこれも見たかったなぁ~」
「あの…」

「魔法帝!」
「あぁ、ごめんごめん」


地下牢にいる人のテンションとは思えませんね!(笑)





4位 マルクス君をイジるなって!!

「お待ちしておりました。黒の暴牛団長、ヤミ・スケヒロ」

「そしてアスタくん」

「えーっと、あなたは…」
「そういえば君とちゃんと話すのはこれが初めてだね。僕は…」

「キノコ頭くん」
「そう。僕はキノコ頭…ちょ!失礼なこと言わないでください!!」


「僕はマルクス。魔法帝のおそばにお仕えするものです」


「魔法帝の!?キノコ頭スゲー!!」
「毎日苦労しているよ。あと僕はキノコ頭じゃなくマルクスね」
「で?会議はどこでやるんだキノコ頭」

「マ・ル・ク・スです!!」


「会議の準備にもう少々時間がかかりますのでもう少々お待ちください」


皆さんはキノ…マルクス君の名前をちゃんと覚えてあげてくださいね!!





3位 アスタに大胆キッスキタ━(゚∀゚)━!!

「アスタ!ローブありがとう!」

「おう!約束通り汚してないな?」
「うん!」

コココココ

「ローブは汚れてなくてもアンタはボロボロじゃない!やっぱり私がついてないとダメみたいね!」
「?」

(一緒に戦える子…敵いそうにないね)

「アスタ!」


「!!!???」

(悪いけど、最初のキスは頂くよ)

「ルカとマルコを助けてくれてありがとう。アスタ」

「えっ???えっ…」

「うおおおおお!?どういたしまして!!」


「ちょ、ちょっ…!」

「うわああああああああああ~~っ!!!」

ノエルちゃんも対抗しなきゃ!!←





2位 シスコンが急にデレるよ

「見舞いに来てやったぞ。くたばり損ないのババア」

「あんたそれが人を見舞おうって態度かい?出直してきな、グレシスコン輩」

「なんだと?トドメさしてやろうか死にかけババア」
「やってみな。やった瞬間再び刑務所だよ。前科者シスコン輩」

「・・・・・・」


「お兄ちゃん!喧嘩しちゃダメ!!」

「マリーが言うならしょうがねぇ」


「…まぁ、マリーの面倒見てくれたことだけは感謝しといてやるぜ糞ババア」
「ふん。感謝の言葉が言えるようになっただけ成長だね」

「それと…」

「あんたが…生きてて良かったよ…」

「…そうかい」


「生きてて良かったは」まだしも「感謝しといてやるぜ糞ババア」は感謝の言葉じゃないと思うんですけどそれは←
いや!以前のゴーシュに比べれば凄い進歩ですよね!!

1位 パサパサのも芋パイの大食い競争とか地獄すぎる

「それじゃつべこべ言わずに」

「よーい」

「ドン」

「うおおおおお!うめええええ!」

「凄い水分持ってかれる」

あー

「あれ?食べてないのにもうお腹いっぱいだー」

「フィンラルてめぇこの野郎。空間魔法使ってラックの胃袋に捨ててんじゃねぇ」
「バレた!?」

「いやぁこんなの美女がア~ンでもしてくれない限り食べられないっすよ~」
「失格」


「おらああ!炎魔法・爆殺再加熱!!」

「ごはっ!!」

「もっと焼いたら上手くなるかと思ったが焼きすぎた…」

「失格」

「俺はまだまだおかわりだぁ~!」

「おほほ~~!??ゴードン先輩なんでそんなところに!?」

「なんかキモいから失格」

「こんなわけ分からん物よりマリーだマリー」
「シュコー…」
「てめぇらも全然食ってないから失格」

「水分水分…」


「こいつらはとっくにリタイアだし、残ってるのは…」

「アスタとチャーミーの一騎打ちだ!」

「おっしゃあ!魔法を使わなくても勝てるってとこ見せてやる!!」

《魔法を使わないでチャーミーの勝利!!》
「フッ、出直してきな坊や」

「うおおおおおお!俺のアイデンティティーが!!!」


チャーミー様に大食い競争で勝とうなど100年早いぜ小僧!!

ツイート

全快祝いでいきなり大食い競争とは!黒の暴牛らしい労い方ですね!!
アスタの大好物「のも芋」を用意しているところにマグナ先輩の愛を感じました(笑)

アスタとキノコ頭君の活躍により、白夜の魔眼メンバーから情報を聞き出すことに成功!
一方で開かれた魔法騎士団団長会議では、ヤミ、ノゼル、シャーロットが完全にウィリアムを疑っていたような…。
思えば、今までにも怪しい言動はいくつかありました。

団長達を前にしたアスタの表情もやけにこわばってましたね。
ヤミ団長はうピーこでも我慢してんのかと言ってましたが(んなワケあるか!

アスタの視線の先…ヤミ団長の左隣にいた人物は、一人しかいませんでした…
金色の夜明け団団長、ウィリアム・ヴァンジャンスです。

(なん…だと……!?)

彼が裏切り者の正体!!?
次週、確定求む!!((((;゚言゚))))
今期の人気アニメ視聴一覧