【天狼 Sirius the Jaeger 4話 アニメ感想】エフグラフ、老人達との決別!ユーリィ&ドロテアで作戦移動中にミハイルが現れた!

内容をカンタンに説明すると…

  • ユーリィの過去の話が明かされる。小さな村で母とミハイル兄と村の皆との穏やかな日々、ヴァンパイアに襲撃され何もかもが失われた日々…。
  • ユーリィに生きろといった母と兄。拾われた先でウィラードにどうやって生き抜けばいいのかを聞く。そしてその答えをもってるかもしれないと言うウィラード
  • 今回は…ヴァンパイアと繋がりのある組織が動き出す。百虎黨にアルマ商会。御殿場で演習が行われることを知ったウィラード達は別れて行動を開始する。


岸田教団&THE明星ロケッツ/シリウス《アニメ盤》 【CD+DVD】

【天狼 Sirius the Jaeger 3話】ミハイル&ユーリィ兄弟が天使すぎる!!シリウスの匣の鍵はユーリィの手に?【アニメ感想】

2018.07.27




【天狼 Sirius the Jaeger 4話】謀略の蟻【アニメ感想】

熱い手のひら返し

「あなた方は考えもなしに事件を起こし過ぎた。官憲共が全容を掴むのも時間の問題。
よってカーシュナー様はあなた方への資金援助を打ち切ると…」

洋装の伝令者が百虎黨の頭のところにやって来ました。

「散々利用しておいてこの仕打ち。これがうぬ等のやり方か!」

そのままやられるわけじゃない歌舞伎(のウィッグつけた)百虎黨おじさん。

伝令のヴァンパイアを殺してしまいました。強い。

「昭和維新の前に厄介事を片付けるぞ!化物退治だ」

昭和維新…?





バレバレの恋心

「失礼します。今晩のお食事を父がご一緒にいかがですかと」

涼子お嬢様、部屋で調べ物に勤しむドロテア達に声をかけに来ました。

「教授共々喜んでご一緒させていただきます」

調べ物の本を持って戻ってきたユーリィにひどく動揺する涼子お嬢様。

ドロテアとフィリップは気づいてしまいました。涼子嬢の恋心に…。

別行動をしていたウィラードが向かった先…V海運とアルマ商会の商売談義と言うなの探り会議が始まりました。

古い型のエレベーター、ものすごくかっこいいですね。
乗り合わせた伊庭さんとウィラードのこれまた腹の探り合いのような会話。ギスってますね。

「いずれまた大きな戦役が必ず起こる。あれが実用化されれば日清日露や欧州大戦の時のように兵をむざむざ死なせる必要もなくなる。今回の演習は絶対成功させねばならんのだ」

新兵器の後ろにはヴァンパイアがおり、御殿場演習にも来る可能性があると。
百虎黨はヴァンパイアを狩り始めていると。

「二手に分かれますか?」

ドロテアはウィラードに提案。

「望月!御殿場行の切符を至急手配してくれ」

伊庭も動いてました。

夕食会。フィリップは箸をつかえないようです。

「華麗なテーブルマナーでしゅね~お坊ちゃま」

ファロンにバカにされてました。しかしテーブルマナーまで日本のことができるとはどういう教育を受けてたんですか。フィリップ以外(笑)

「ていうか…生なんですけど!」

活け造り!動いてます。

こんなに広いのに普段は涼子嬢と父での食卓なんですね。
ってか涼子さん一人娘!?

「珍しいな涼子。いつもならご飯3杯は食べるのに」
「お父様!」

それ年頃の女の子に言うたらあかんやつですお父様。





それぞれが動き出す

あれ、御殿場壊滅してません?

「柿崎少将閣下。弊社の新商品気に入っていただけましたか?今後ともアルマ商会をよろしくお願いいたします」

カーシュナーが裏にいました。でもあれ?これ日本側被害甚大では?

エフグラフと老人会の決別。
シリウスの匣に興味を示さない老人会。滅びを享受しようとしています。

「ヴァンパイアとしての誇りも失った老いぼれ共。滅びたければ貴様等だけで好きに滅ぶがいい」

御殿場に向かうユーリィとドロテア
涼子嬢も尾行してきました。

ウィラードが秘密のバーで話をしていました。

「ヴァンパイアには二種類ある。貴族種・ロイヤルズとそれに使役されるスレイブズ。我々はそう呼ぶ」

上下階級が…

「スレイブズは人に化け特殊なレンズで目を保護している。それがなければ陽の光でたちまち灰になってしまうからだ」

「ロイヤルズは本来の化物の姿にならずとも戦闘能力は高い上に陽の下でも制約なく自由に動き回る。そして何食わぬ顔で人間の中に紛れている」

バーのマスターがゾッとするといいましたがその通りです。

 





もうこれは無差別殺人

「天誅」

歌舞伎おじさんが攻め入ってきたのはアルマ商会の上層階

「おかしい!こいつら死んでも灰になりませんぜ」
「まだ死んでないんじゃないっすか?」

アルマ商会の一般社員皆殺し状態です

「富士の歩兵一個大隊が殲滅状態です!先程御殿場から中央への無線を傍受しました!参加した将兵全員が死亡したと…」

「柿崎少将はどうされた!?」
「閣下はご無事です…特別列車で既に帝都に経ったと…」

一個大隊殲滅とは終わってます…。伊庭は即座に反対車両に乗りました。

ユーリィも匂いを嗅ぎつけて反対側に乗っていました。

そしてその姿を見た涼子嬢もダッシュです。

「この列車にヴァンパイアが乗っている。煙の臭いでこれ以上追えないけど…確かにいる」

「ここで戦闘になったら面倒ね…客の人数と配置を確認してくるわ。ここにいなさい。また別の列車に飛び乗られたらたまらないわ」

CV:飛田さんのマッドサイエンティストもう似合いすぎですね。

乗り合わせてるヴァンパイアの中には兄さんの姿も…。
兄さん自ら接触してきました。

ツイート

ヴァンパイアにやられっぱなしの日本人でないことは百虎黨を見ればわかりましたが皆殺し状態過ぎて同族減らしてますよ?テロですね。もう。
ヴァンパイア最終的に敵だらけになりそうなんですが強いから気にしてないんでしょうかね。
今回も涼子お嬢は可愛かったです。一目惚れの力ってすごいですね。お母さんを早くに亡くしてお父さんと普段は二人の食卓…お父様忙しそうなのにそういうとこきっちりしてるのお嬢様への愛を感じます。
箱入り娘っぽいのですが御殿場に尾行にいけるほどのガードの甘さなんですね(汗)
ほんと無事に生き延びてほしいんですが…。
兄さん、ひょっこり登場で待て次回です。
いや、幼い子もいましたし列車で戦闘はしてほしくないです。
今期の人気アニメ視聴一覧