【天狼 Sirius the Jaeger 3話】ミハイル&ユーリィ兄弟が天使すぎる!!シリウスの匣の鍵はユーリィの手に?【アニメ感想】

内容をカンタンに説明すると…

  • 療養をするユーリィ。治療をしてくれた医師(博士)はある実験をしていた。その実験の成果を狙いに再びやってくるアガサ達
  • アガサによって眷属にされた華田博士はアガサの死とともに消失。華田博士の娘、咲は両親を共に失うことになった。
  • 今回は…ユーリィの過去の話が明かされる。小さな村で母とミハイル兄と村の皆との穏やかな日々、ヴァンパイアに襲撃され何もかもが失われた日々…。

【天狼 Sirius the Jaeger 2話】可愛い幼女に和み回かと思いきや…トラウマ回だった!!ユーリィVSアガサに決着!【アニメ感想】

2018.07.20




【天狼 Sirius the Jaeger 3話】とけないゆき【アニメ感想】

嵐が過ぎ去った後で…

「先日の事件で華田博士は失踪。女中も工場跡地で他殺体となって発見されました。それと…7歳になる娘の証言では博士は光る灰になって消えたと…」

アガサとの戦いの後始末は警察へ移行されました。失踪扱い…。

涼子お嬢様は戦いを見てしまったことを反復している様子です。
思わずため息がもれます。

「そのため息は恋煩いですわ!」

友人にネタにされる始末、学生は恋バナが大好きですね。

「咲のことだけど…親戚の家に引き取られることになったって。あの子ならきっと大丈夫だろ」
「どうかな。たった一人の家族を、大好きなお父さんを殺されたんだ」

(大切な…家族…)

ユーリィの家族の話の回想が始まりました。





天使しかいない

狩猟民族だったんですね。
ミハイルお兄ちゃんと二人で狩りへ。

結構年齢離れてる感じでしょうか。
ユーリィが8歳くらい?に見えますがミハイルはもう青年って感じですね。

仲の良い兄弟です。

「おぉー!立派なもんだ。これなら肉にも道具にも当分困らんわ!」
「宴!?グスタフん家で宴やるの!?」

長老グスタフさんのことです。

「大物ね。どっちが仕留めたの?」

お母さんキレイ!

「ユーリィだよ」
「おお。そりゃすごい」
「てっきりミハイルだと思ってたぞ」

お兄ちゃん、花をもたせようとしますがユーリィは素直です。

「若い者ももはやとミハイルとユーリィだけになってしまった。一族が守るシリウスの匣もなき今このまま時代の流れと共に滅びゆくのも運命というものか…」

少子高齢化の波はここにも。
シリウスの匣という重要ワードでてきました。

「お母さん…シリウスの匣なくなっちゃったの?」
「なくなってはいないわ。ただここにはないだけ」
「いずれお前達二人が匣を守りに行かねばな。少なくともこのドッグビルから出られる」

「ユーリィは寒がりだものね。そうだ!そんな寒がりユーリィに今プレゼントを作ってるのよ」

幸せな子供時代…。





ヴァンパイア襲来

でもヴァンパイアがきたことにより壊された幸せ。
お母さんは虫の息状態でした。
何故ここが襲われることになったのでしょうか。

「ミーシャ…ユーリィを連れて…早く逃げて…」

母から渡されたのはあみかけのマフラー…間に合わなかったんですね。

「行くぞ!ユーリィ!」
「…強いな。ユーリィは」

兄は気丈に振る舞ってました。
目の辺りはやつれて…。
村は焼かれ、村民は全滅状態でした。

「およそ千年…我らヴァンパイアがこの世界を裏側から支配してきた。そしてこれからの千年もこの星の生態系の頂点として我らに張愚民を導く責務がある。それには奴等の匣が必要だ」

ヴァンパイアが支配する世界…

ミハイルはユーリィに生きるすべを話して敵へ突撃していきました。

「ユーリィ。生きろよ」

ユーリィを逃して…。
ユーリィは追って来たヴァンパイアにマフラーを引きちぎられた怒りで覚醒します。





これは…葛藤

「華田博士の家で…兄に会いました。昔と雰囲気は変わっていましたがあの目、あの傷、それに僕を呼んだあの声…」
「だとすればヴァンパイアと血の盟約を結んでいる可能性がある」

前回ラストで会ったのが兄ちゃんなんですね。やさぐれ感半端なかったですが。

「僕は今…自分の事が嫌で嫌で仕方ないんです…華田博士を殺して僕と同じ苦痛を咲ちゃんに与えてしまった後だっていうのに…僕は喜んでしまった。兄さんの姿を見た時…嬉しくてたまらなかったんです…それがたとえ…ヴァンパイアだったとしても…。奴等を滅ぼし尽くすと誓ったのにそれが揺らいでいるんです。兄さんを殺せるのかって…僕を守ってヴァンパイアになってしまった兄さんを…華田博士のように殺せるのかって…!」

あんなにも自分を大事にしてくれた兄だからこそ憎めないですよね…。

幼きユーリィを助けたウィラードとのやりとり

「せめて水だけでも飲んでおかないと死ぬぞ」
「母さんと兄さんに会えるなら死にたい」
「それが二人の望む事なら君の好きにするといい」
「だがそうじゃないんだろう?」

二人が望んだのは生きろ…でした。

「じゃあ…どうればいい?どうやって生きればいいの!?」
「…私なら…教えてやれるかもしれない」

身寄りのなくなったユーリィにとっての新たな…。

ツイート

咲ちゃん天涯孤独になってしまったと思ったのですが親戚に引き取られたのですね、ひとまず安心です。ひとまず、ではありますが。
咲ちゃんと同じような目にあったことがあるのがユーリィだったんですね。
回想シーン…兄弟の幼いときが可愛くて仕方なかったです。小さい村で和気あいあいとしてて。
一瞬で地獄へと変わってしまってキツかったです。
アクションシーンがリアルでよく動くのでこの惨劇が見てて辛すぎます。
ウィラードがユーリィに教えてくれたこととは何なのでしょうか。
そしてユーリィ達の血筋が関係してそうなシリウスの匣とは…。

今期の人気アニメ視聴一覧