【弱虫ペダル GLORY LINE 24話】巻島裕介VS東堂尽八再び!!それを追いかける小野田!三角関係!!?【アニメ感想・名場面ランキング】

前回のあらすじ

内容をカンタンに説明すると…

  • 二日目のゴール、勝者が決まった。御堂筋は表彰台でマイクパフォーマンスを。その内容は心にもない感謝、そして今泉と新開を煽る内容だった。
  • T2の様子に異変が。青八木の様子がおかしい。無理をしすぎたせいで体に痛みがきていた。
  • 今回は…小野田が夜道で出会ったのは東堂尽八。彼はこの先にいるある男を追いかけているという。何かを察した小野田は着いていくことに。

【弱虫ペダル GLORY LINE 23話 】二日目のゴール!!そして始まる御堂筋翔劇場!T2に異変が…?小野田は箱学のあの人と出会う!【アニメ感想・名場面ランキング】

2018.06.12




【弱虫ペダル GLORY LINE 24話】小さな峠【アニメ感想・名場面ランキング】

5位 やりすぎぃぃぃ

「あああああ。Uターン苦手なんだ」

「早く…」

(早く追いかけなくっちゃ!すごいやっぱりお二人とも…)

(嬉しい、まだ見れる!)

(その姿は勝負を…!)

「三回戦!」

「四回戦!」

「五回戦しょ!」

「もういっちょ!」

「ラス1!」

(その日、小さな峠…6度目の登り。一度目は同着、2・3・4・5度目は2勝ずつ。
そして最後に峠を制したのは…)

(巻島さんだった)

皆が心配するのは小野田くんの事…(笑)ですよね…。

 





4位 お変わりない

(間違いない、あれは箱根学園の山神、東堂さん!)

「なんだメガネくんじゃないか」

「あ、こんばんはです!ごぶちゃたしてます!」

(すごいプレッシャーだ。なのに余裕ある。かっこいい!)

「あの…こちらへはやはり箱根学園の皆さんの激励に?」

「ははは、そのつもりだったのだがちょっと連絡が入ってな。こんな借り物のジャージとバイクで走らなければならなくなった」

「この先を登る、ある男を追いかけているのでな」

「そうなんですか。東堂さんお変わりありませんね。いえ、登りの速さはなんというか更にオーラがすごくなりましたね!」

「うむ、素直な感想だな。メガネくん。その通りだよ。この天が三物を与えた男、東堂尽八。
速さとカッコよさにさらに磨きがかかったのだよ!ハハハハハ!!」

(お、お変わりない…)

自信家お変わりないですね。





3位 何度も繰り返せる

「聞いたか巻ちゃん…メガネくんが…」
「ああ…同着だっつったな」

「この勝負彼が見届け人だ。その男が同着と言った。まずいな」
「ああ、まずいっしょ」

「え?」

「しょうがないなぁ」

「くっは!しょうがないっしょ!けど俺には山頂のとこでお前がペダリング緩めたように見えたっしょ」

「ははは、何を言う!それは巻ちゃんの方だろ!」

「しょうがねぇ!」

「「二回戦と行くか!」」

(回った?)

(そうだ、下りは…Uターンすれば登りになるんだ)

「行くぞ巻ちゃん!」

「しょー!尽八!」

横滑りせずにターン、かっこいいです。





2位 な、泣いてる…

「今、東堂さんが追いかけてる人って誰ですか!?」

「!…勝手な男だよ」

「相談もなく一人でイギリスに行き、音信不通かと思えば今榛名山にいるから出て来いって
突然電話をよこす」
「!」

「笑えるだろ?俺はそれを聞いて慌てて借りたバイクに飛び乗ってこうして追いかけているのだよ」

「限界の勝負を。またやりたくてな」

「誰かだって?その目で確かめてみるといい」

「この先、カーブが終われば長い直線だ。見えるだろうよその姿が。街灯に照らされて長い手足と髪を左右に揺らし独特のフォームで登るクモ男の姿がな!」

 

二人とも巻ちゃん好きすぎです!

1位 いいトリオ

「あ、あの!巻島さん…お変わりなくてカッコいいです!」

「くっは、おまえも…」

「ちゃんと2年の顔になったっしょ」

「巻ちゃ~ん!俺も大学生になったのだが?」

「お前は…なんかチャラくなったっしょ」

 

「東堂さんもカッコいいです!」

「うんうん」

「え~~~…」

「あれ?」

巻島さん子守り大変ですね…。

 

ツイート

OB回!
そして三日目を控えた小野田くんの体を痛めつける回!(苦笑)
いやほんとに実況の皆さんが心配するのは、巻島と東堂の本気の登りに何回も着いて行ってた小野田くんの体の事でした。
息も切らしてなかったので多分小野田くんが最強だと思います。
巻ちゃんの愛されっぷり半端ないですね…。
二人とも泣くほど好きなんですね。
ある意味良い頭の切り替えをさせてくれたのかもしれません。
小野田くん三日目も頑張って!!
今期の人気アニメ視聴一覧