【驚愕】ハガレン作者がテレビ初出演しビックリする視聴者&2017鋼の錬金術師展に行ったファンの反応まとめ

2017年9月27日、TOKYOMXで放映された『鋼の錬金術師展を100倍楽しむ方法!』で、大人気漫画『鋼の錬金術師』の作者・荒川弘先生が顔に自画像の牛で隠しながらもテレビに初出演しました。

作者自身は別に隠していないと以前から仰っていましたが、そのペンネームと少年漫画らしい作風によって読者からのイメージが完全に男性に固定されていたためか、視聴者は驚きを隠せなかったようです。





女性であったことに驚く視聴者たち

ファンの中では当然の認識だったようで「今更?」な声も

荒川弘作品が大好きなファンは、単行本のあとがきに載っている作者エピソードなどで女性であることを、既に知っていた方も多かったよう。

何故、今になってこんな話題が出たかといえば、

2017年9月16日から10月29日まで東京にて『鋼の錬金術師展』が開催中だからでしょう。

実際に会場に行ってきたファンの反応がこちら!

 

 

リアルアルフォンス…みてみたいです…

ツイート

実際ハガレン展に足を運んだファンの反応を見てみると、不満の声など一つも聞こえないくらいに大満足な展示だったようですね!

ハガレンファンにとっては懐かしいものや原画、アルフォンスの実物大模型など、嬉しいものばかりですので、きっと行って損はないかも!

2017年12月1日から公開される実写版映画『鋼の錬金術師』もどんなふうになるのか、気になるところですね。
今期の人気アニメ視聴一覧