【僕のヒーローアカデミア 4期 23話(86話)アニメ感想】ハウンドドッグとエクトプラズムの機転により文化祭は続行!ヒーロー科1年A組、耳郎響香の歌声を聞け!

内容をカンタンに説明すると…

  • 文化祭当日の朝、まさに雄英襲撃直前のジェントル・クリミナルとラブラバと遭遇したデク。それぞれ辛い過去を経て悪の道に走ったジェントルとラブラバ。
  • 「辛い思いをしてきた人を救けるヒーローになりたい」という想いを走らせるデク。デクvsジェントル、決着!
  • 今回は…ジェントルを倒したデク。現場には雄英教師のハウンドドッグとエクトプラズムが駆け付け、ジェントルとラブラバは拘束された。デクは急いで文化祭のステージへと向かう。会場にはミリオやエリたちをはじめ、たくさんの観客の姿が。そしていよいよ、雄英ヒーロー科1年A組のステージがスタート!

【僕のヒーローアカデミア 4期 22話(85話)アニメ感想】ジェントルとラブラバの哀しい過去!個性「愛」をもらっての戦いジェントルVSデク決着!

2020.03.16






【僕のヒーローアカデミア 4期 23話(86話)】垂れ流せ!文化祭!【アニメ感想】

教師陣の機転

「もうひとりいるだろ」

ハウンドドッグ鼻が聞きますね。
そして戻ってくるデク。

「私はこれまで多くの罪を犯してきた。最大の罪は世間知らずの女性をかどわかし洗脳していた事。私情混じりの体の良い理屈をつけて
私はずっと私のために生きていたよ。」

(想いをかけて戦って削がれて残った私の底に誰が為を思える心があった。
緑谷出久、最後に拳を交えたのが君でよかった。)

「全ての罪は私に。だから、どうか相葉愛美に恩赦を」

(ジェントル…私のために…。違うよ、違うわ。私が…ジェントルを…大好きなの。
ずるいよジェントル。私がジェントルを困らせたくないの知ってて…)

ラブラバの目から涙が止まりません。

「その怪我は?」
「戦ったのか!」

先生に問い詰められるデク。

「雄英にイタズラしようとしているのがわかって、少し揉めました。
けれどもう大丈夫です」

先生たちに定時連絡の電話が。

「はた迷惑な動画投稿者が出頭希望」

「とりあえず現時点緊急性は無い。引き続き警戒を続けます」

先生たちの粋なはからいですなこりゃ…。

詳しいことは署で話すようにと連行されていきます。

「緑谷出久くん、私もかつてはヒーロー科にいた。ジェントル・クリミナルはヒーロー落伍者の成れの果てだ
とても言えた義理ではないが…君の想い、届くといいな。」

(戦いづらい人だった。
僕もジェントルも似た思いを持っていたから)

正直デクも可能性としてなってたかもしれないんですよね。

教師陣優しいなぁ。エクトプラズムがデクと一緒に着いてきてくれます。
買い物を回収し正門へ。





文化祭開催

青山くんが着替えをもって待ってくれてました。

「何故そんなボロボロに?」

「転んだ!」

「何をやってんのさドジっ子!」

ああ、仲良し~~~~。

相澤(生徒たちの中には最近の雄英に対する不平不満をA組に向けている輩もいる。
楽しもうなんて気はなく品定めの為に来ている輩の目にお遊戯同然に映らないといいんだが…)

1-Aの発表開始。

耳郎ちゃんやっぱ歌うまい。

青山ミラーボール!
峰田のハーレムパート!
飯田くんはロボットダンスのまま…。

これがまたウケてます。

オリジナル曲「Hero too」

バンド&ダンスのパフォーマンス

耳郎ちゃんは歌いながら思い出していました。

『父さん母さん、うち、ヒーロー目指す。音楽の道には行かない…ごめん』
『べそかくことか?おいおい…』
『だって、ずっと迷っててさ人のために戦って…かっこよくてさ。ずっと憧れてて。でも教えてもらった音楽が無駄になっちゃうし。
うち音楽も好きだから言えなかった』

『響香…好きにやっていい。父さんも母さんも好きだから音楽やってきた。
最初はかっこいい、うまくできた。些細なもんさ。』
『長く続けると考えるの。自分の音で人に何をもたらせるか。そういう意味じゃ音楽もヒーローも同じね』

 

夢を応援してくれる素敵な両親…。

そして…エリちゃんの笑顔きたーーーー!!

笑顔見て泣けてしまうのは何故でしょう、ほんとによかったねエリちゃん…。

(見えるかい?緑谷くん、サー、エリちゃん笑った!笑ったよ!)

ミリオの表情見ても泣けてしまう…。

B組の劇も詳細見たかったですね。詰め込みすぎ舞台。





皆の笑顔を見るために

デクは舞台の後、事情を知ったオールマイトなどから説教をうけていました。

ハウンドドッグが人の言葉を忘れるときは本当に怒っている時。

エリちゃんが拙い言葉で一生懸命感想を伝えてくれます。
顔の表情からわかる楽しんだ感。

デクは少し泣いてしまいました。

「楽しんでくれてよかった」

A組への感想が次々と。
大好評でしたね。
あの品定めしてた他クラスの二人も…

「ごめん」
「苔下ろす気で見てたほんとにスマン!」

ちゃんと言葉にして言えるいい子達ですな…。

「先生が言ってたストレスを感じてる人たちだったのかなぁ。だったら通じたってことだな」

良かったというものは伝達される。

この学校いい子たち多すぎませんか????

そしてミスコン…。

「ねじれが去年負けたのは絢爛崎に派手さで挑んだから、
ねじれにはねじれの良さがある」

上空から舞を披露するねじれ、見慣れた顔を見つけて喜んでいた。

妖精ですねこれは…。

ねじれちゃんミスコン優勝!

楽しそうな学園祭
皆の笑顔、笑顔、笑顔。
これがデクくんが守ったものですね。

「エリちゃん、サプラーイズ」
「りんご飴?売ってた!?オレ探したよ~」

驚くミリオ。それもそのはず屋台には無いことがプログラム見ててわかったので

なんとデクの手作りです。(作り方意外に簡単だったからと)

「ふふ…さらに甘い」
「また作るよ」





まだやり直せる

各自事情聴取される、ジェントルとラブラバ。

「独学でこれを?仕事は?」
「ラヴラバ」
「この才能、世の中に使う気ない?」
「無いわ。私はジェントルの為になりたいんだもの」

やはりラブラバのPC技術すごかった…。

そしてジェントル側の事情聴取は…ゴリラ??(某銀魂の作者かと…)

「洗脳かどうかなんてテストですぐ判断がつく。バカな嘘はやめとけ。ありゃ本当にあんたのこと好いてる。

ねじれねじれて犯罪投稿者か…」

「夢を思い出してしまった、たとえ間違った道だとしても」

「なら今日止まれたのは正解だったな。
人生やり直せねぇなんて言う奴はな、やり直す気のねぇ野郎か、結果を急ぐせっかち野郎だけだ」

その言葉に涙を流すジェントル。

「…茶でも飲むか」
「紅茶を…」
「粗茶だよ!」

涙を笑いにかえていきましたね(笑)

ツイート

1観客として楽しませてもらいました。
文化祭に参加してるようでとても楽しい1話でした。
歌めちゃめちゃかっこよかったなぁ。
耳郎ちゃんの音楽の才能もすごく活かされてよかったですね。
これはご両親も嬉しいのでは。

エリちゃんの笑顔可愛すぎですし皆の笑顔も眩しい…。
そんななかジェントルの前半、ラストでの話はグッときましたね…。
今期の人気アニメ視聴一覧