【痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。2話 アニメ感想】歩く要塞と化すメイプル!サリーとパーティ結成!

前回のあらすじ

内容をカンタンに説明すると…

  • ゲーム初心者の楓ことメイプルは、親友の理沙に誘われてVRMMO「NewWorld Online」を始める。
  • 「痛いのが嫌だから」という理由でステータスを防御力に極振りしていくメイプル。それがきっかけでトッププレイヤー・クロムや鍛冶職・イズとの出会いもあり。初めてのボスモンスター討伐を一人でクリア、唯一無二のレア装備をゲットした彼女は、他に類を見ない特殊な防御強化プレイヤーへと成長を遂げつつあった。
  • 第1回プレイヤー同士のバトルロイヤルイベントで脅威の3位入りを果たしたメイプル。親友の理沙改めサリーも回避盾を極めるプレイを開始。二人は更なる注目を集めていく。

【痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。1話 アニメ感想】メイプル天然可愛い!大盾使いのチート現る!?

2020.01.09






【痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。2話 アニメ感想】防御特化とお友達。

 食べとけば何とかなる

引き続きモンスターを倒し、スキル極悪非道などを取得していくメイプルです。

「おぉ!あのパチパチ弾けるお菓子みたいな感じ!目を閉じればどうってことないね!」

て、てんとう虫食べてる…(;゚д゚)ゴクリ

嬉しい誤算でスキル・悪食なども取得します。

「これは盾のスキルスロットに付与しちゃえ!」

確実に上がっていく防御力…!

理沙「どう?慣れてきた?」
楓「うん、困ったら食べれば何とかなるって分かった!」

第1回イベント、プレイヤー同士のバトルロイヤルが行われるとの情報を、楓は聞きつけていました。上位に入ると限定アイテムが貰える!
楓は参加する気満々です。

理沙「私も早くログインしたいな!明日の実力テストで絶対いい点とってやる!」





 メイプル無双

「がお~!それではニューワールドオンライン第1回イベントを開始するのら!制限時間は3時間!ステージはイベント専用マップ!ちなみに僕はこのゲームのマスコット!初めての人は以後よろしくナノら!」

丹下ドラぞう!(*´▽`*)のカウントダウンでバトルロイヤルスタートです!

「いきなり戦闘になるかと思ったから緊張してたよ。どうせ動いても誰にも追いつけないしここで待ってよ~」

無防備なメイプルに、やはり目をつける輩が居ました。

「こんにちはお嬢さん…。我が名はクリスマスローズ。またの名を白薔薇の騎士!その愛らしい瞳を涙で濡らすことになってしまうが、悪く思わないでくれ…。いざ参るッ」

斬りかかってくる白薔薇の騎士。盾で防御したメイプルは、そのまま白薔薇の騎士を吸収してしまうのでした。
…えっ?

観客に動揺が広がります。

「たとえ初めの攻撃をかわせても第2、第3の攻撃はかわせまい!我ら三位一体!人呼んで灼熱の3兄弟…」

黒い三連星やめろ

「パラライズショート!大盾って思ってたより強いかも!」「えぇい、ヒドラ!」

そんな調子でメイプルは100人以上を楽々と倒していきます。
「頭でモーニングスター弾き返す」というパワーワードまで爆誕(笑)
もうチートですよ!

「残りは1時間!現在1位はペインさん、2位はトレッドさん、3位はメイプルさんどら~!」
「やった!」
「これからは上位3名を倒した際、得点の3割が譲渡されるよ。3人の一はマップに表示されるどら!」
「えっと、てことは、みんな私たちを狙ってくるって事?」

周囲のプレイヤーがメイプルに一挙して襲い掛かってきます。
対抗するメイプルは麻痺と毒で相手を戦闘不能にし、盾でトドメをさしていくのでした。
エゲつねぇ!!!

「新参のお嬢ちゃん。戦場の恐ろしさを教えてやるぜ。悪く思うな!!——え!?」
「ごめんね、効かないんだ」

笑顔が可愛いはずなのに怖い(笑)

ほどなくして結果発表が行われました。1位~3位の順位変動はなく、メイプルは3位でバトルロイヤルを終えます。

「それでは順にインタビューをしていくよ!メイプルさん」
「へ!?ああああっ…」
「振り返ってみてどうだったどら?」
「えぇっと、あ、あの、一杯耐えれてよかったでしゅ…」

「~~~~~~~~っ/////」
「噛んだぞ」
「噛んだ…」

メイプル可愛いでしゅ!!

3位になった彼女には記念メダルが贈呈されました。

「つまり自分自身はあり得ないほどの高防御であらゆるダメージをゼロにし、その装甲を抜こうとした奴をあの謎の盾でMPに変換し状態異常で叩きのめすと」

他プレイヤーの間で「歩く要塞」と言われていることなど本人は知る由もない…(笑)

「なんで?キャラの方針とかどうなってるの!?」
「防御特化の大盾使いだよ。それでね…。理沙になら、話してもいいかな!」

レベル20で3位入りした楓に驚愕する理沙です。説明を聞いた理沙は天然の楓らしいと納得するのでした。

「楓が壁役やるなら、私は遠距離攻撃の魔法使いかな?でも楓とパーティ組むのにそれは普通過ぎるよね…。よし決めた!私は回避盾になる!敵の攻撃を引き付けて回避することで攻撃を無力化するんだよ!」

盾と盾のパーティですか?

「私と楓はどんな戦いに出てもノーダメージ!いつだって無傷!どう!?格好良くない?」

楓は少し考えて、歓喜しつつ大賛成します。

「でもお母さんからゲームの許可出たの?」
「ふっふっふ!」

勝利のVサイン!

「やったぁ!じゃあ今日から一緒にプレイできるね!」





地底湖へ!

「本名を呼ぶのはマナー違反。だから私もサリーって呼んで。本名をひっくり返してサリー!」
「サリーだね。うん、覚えた!」

念願の2人でログインを果たしました!ワクワクすっぞ!

「へー、ポイント、色んなステータスに振ってるんだね」

サリーのステータスを見たメイプルの口からそんな感想が漏れます。それが普通です!( ̄▽ ̄;)

「素早さは欲しいからアジリティは高めに設定したんだ」
「色々考えてるんだね!」
「受けきってノーダメージ人とは考える量が違うんだよっ!でも私も早く専用装備が欲しいな~」

「でもさ、その例の盾、相手の攻撃を全部飲みこんじゃうんでしょ?それだと攻撃を受け止める事が取得条件のスキルが手に入らないよね」

メイプルは普通の盾が作れないか、闇夜ノ写と対になる白盾が欲しい、とイズに相談していました。

「ある程度素材持ち込みなら一式で100万ゴールドってとこ頭。町の南に地底湖があるからそこがおすすめね。真っ白い魚がたくさん泳いでるからその鱗が素材になるわ!」

という事で地底湖へ向かうことになりました。サリーも付き合ってくれるそうで。優しい。

アジリティ60のサリーがメイプルを担ぎ、メイプルは遭遇するモンスターを倒します。ここOP!

「すっごい早かった!」
「崇めたまえ~」
「はは~っ!サリー様!」

この二人の組み合わせ可愛いなぁ(*´▽`*)

2時間後。サリーは釣った魚にとどめを刺してレベル6にまで上がっていました。

合計25枚の鱗を集めますが、盾を作るにはもう少し必要らしい。

「もう一時間だけいい…?」
「いいよ!私も試したいことがあるから素潜りで狩っていい?」

リアルで特異な事や反射神経は、プレイヤースキルとしてプレイに反映されます。

「おかえり。どうだった?」
「とれたよ!大量大量!」
「凄い!これ全部貰っていいの!?」
「私は要らないし、そのうち私の手伝いをしてくれるのと引き換えで」
「分かった!いつでも言ってね!」

そして地底湖の底に小さな横穴を見つけたサリーです。
でもアジリティゼロのメイプルは泳げません。

「ある程度レベルと泳ぎのスキルを上げてから…だから…」
「分かった!明日から毎日ここに来よう!借りは即返すって!」
「そういってくれると思った!さすがメイプル~!」
「それほどでも~」

あら~^

そしてレベル上げの日々が始まるのですが。挿入歌がオサレだな!?





 末恐ろしいパーティ

「何分潜ってた?」
「凄いよ、40分!」
「マッピングも出来たしそろそろいけるかな~。水泳10と潜水10になったって事は、これが今の私の最大だから、半分の20分ボスを倒せてないとヤバいか」

20分経ったらフレンド機能でメイプルがメッセージを送ることになりました。サリーは地底湖の横穴の通じる大きな扉を開きます。

現れたのは巨大な魚のモンスターでした。スラッシュ、ウインドカッター、ウォーターボールパワーアタックなどでダメージを与えていくサリー。

ゲーム慣れしているせいか普通に強いです。メイプルがほとんど動かないぶん滅茶苦茶動いてます!

「もう一発!ラストーー!!」

待機中のメイプルが心配するなか、ついにモンスターを倒すことに成功しました。

「やっぱり本気で集中すると疲れる~~!できればあのモードには入りたくなかったんだけど…。まぁ勝ったからいいか!さぁ、何が入ってるか見ますか!いざオープン!」

「うわぁぁ!格好良くなったね!」
「でしょっ!」

新たな装備をGET!

「これでスキルも増えたし逸次のイベントが来てもメイプルと組めるよ!」
「だねっ!次は2人で出よう!」

殲滅戦になる予感しかない()

「もうすぐ第2層の追加が行われるよ。到達条件は専用ダンジョンの突破。そのほか詳しい事はサイトを見てね。よろしくドラ!」

今メイプルたちがいるのは第1層です。それと同じ広さの世界がもう一つできるらしい。

「回避盾、だからこそ難易度は最高クラス!だからこそ燃えてくる!」
「ゲーマーの目になってる」

興奮冷めやらぬメイプルたち。

《メイプルちゃんが二人いるパーティとかどうしようもねぇぞ》

メイプルがパーティを組んだ事、そしてその相手であるサリーの存在は、早くも他プレイヤーたちに恐怖を植え付け始めていました(笑)

ツイート

サリー参戦で盛り上がって参りました!やっぱり仲間がいると楽しいですね!二人とも本当に仲がいい。
冒頭からベテランの雰囲気を醸すサリー。今後の成長が楽しみです。
メイプルは容赦なくて笑ってしまいました。動けなくして盾で吸収するとか怖すぎる。
あまりにもチートすぎて次回辺り制限が掛かりそうです( ̄▽ ̄;)
既にチートなこのパーティですがまだ強くなる気満々ですよ…(震え
そういえばメイプルが3位で終えたバトルロイヤルには上位2位と1位が居るんですよね。特にペインは他のプレイヤーとは一線を画すようです。今後こちらとの接触も楽しみにしてます。
今期の人気アニメ視聴一覧