【B-PROJECT~絶頂*エモーション~ 4話 アニメ感想】キタコレ回!北門はドラマ撮影、是国はコスメCM撮影で苦悩する!?夜叉丸さんチーッス!

内容をカンタンに説明すると…

  • キラキンとなかなかスケジュールが合わず仲が深まりにくいことに対して、歓迎会を開こうということに。
  • ホームパーティ風にするためMooNsの部屋を借りて開催することに。AIスピーカーがすべての電気機器と繋がるなかトラブルで空調があがっていくことに。その原因は…。。
  • 今回は…熱狂大陸でキタコレを特集。彼らの活動を追っていくことに。是国竜持は新作コスメのCMの内容にギャップを感じ北門倫毘沙はドラマでの愛のセリフにダメ出しをされ続け壁にぶち当たっていた。

【B-PROJECT~絶頂*エモーション~ 3話 アニメ感想】KiLLER KiNGの歓迎会!MooNsの部屋のAIシステム・ルーカスに異変で上半身裸祭りのサービス回に!?

2019.01.26






【B-PROJECT~絶頂*エモーション~ 4話】TWO IS ONE 【アニメ感想】

熱狂大陸に出演

<北門倫毘沙と是国竜持の二人組、キタコレ。B-PROJECTの一員としても活躍し世間の注目を浴びている若手アイドルグループだ。
発展途上の彼らがアイドルという階段を駆け上がるその姿を追った>

情○大陸っぽいBGM

つばさ「すごいです、あの熱狂大陸で特集を組んでもらえるなんて」

是国の仕事はコスメCM、打ち合わせ現場へ。

つばさ「北門さんに聞きましたよ。竜持くんがエリーポルテ大好きだって」

「今回の企画、かなりの自信作なんです」

企画書をパラパラ見て竜持の動きが止まる

竜持「…あのこの企画本当に僕でいいんですか?今回のイメージにあまり合わない気が…」

「そのギャップが逆にいいんですよ。是国くんのような一見可愛らしい男子がセクシーで大人っぽい雰囲気をまとう。それが狙いですから」

「うちの社長も是が非でも是国くんでと申してますし」

竜持「そうおっしゃっていただけて光栄です…がんばります」

顔が少し曇ってますね。

北門倫毘沙、釈村帝人、愛染健十は一緒のドラマの撮影です。

愛染「まさかもう(セリフ)全部覚えたのか?」
北門「そうだね大体は」

愛染「じゃあ愛の告白シーンも完璧ってわけだ」

北門「恋はこの世界で一番美しい花から溢れ出る蜜、そう思って演じるつもりだよ」

愛染「恋についてわからないことあったらおにーさんになーんでも聞いてくれていいから」

釈村「ケンティの話、参考になりますかね?」





評判は気になりますよね

エリーポルテ新作CM、SNSではイマイチの評判が飛び交ってました。

女性のエスコート役の是国くんの大人っぽさが不評なようで…。

「珍しいですねコーヒー味」
「苦いのなめたい気分なの」
「CMの評判のこと気にしてます?」
「つばさって意外と鋭いとこあるよね」
「賛否両論あるかもしれませんけどそれは話題になっている証拠で…」
「気休めはやめて。…ちょっと一人で考えたい」

(こういう時夜叉丸さんなら…)

つばさはアイドルたちのケアしてたときの夜叉丸を思い出していました。

さて、北門のドラマ撮影シーンはヒロインに告白する重要シーン撮影です。

「好きだ」

速攻監督がシーンを止めます。

「好きな女を命がけて止めるシーンなんだそれを意識しろ」

二度三度、止められます。大女優も叱咤という感じのアドバイスを。

「あなたの前にいる女は誰?セリフは読むものじゃないの」
「はい、すみません」

何度しても命がけが伝わってこない為、シーンは後日撮影延期に。

愛染と釈村が帰り道話をしていました。

「いや~あの王子にも苦手なことがあるとは」
「もしかして恋愛したことがないんじゃないか」

「確かに。王子から聞いたことないですもんね恋愛の話」
「誰かに執着するトモの姿なんてあまりイメージできないしな」

「恋愛のプロフェッショナルとしてアドバイスしてさしあげたらいかがですか」
「いや、もうしたんだよ」

愛染は過去の恋愛話を聞かせたらしいが…。

『それは本当に恋なのかな?』

という北門の返事。

「数の多さと質は比例しないということですね」

つばさと北門が各所に謝りに

「あの程度の好きじゃ女の気持ちは変えられないわよ」

大女優は北門にそう言って帰っていきました。

<スポットライトの周りは暗い。アイドルは光と影の双方を背負わねばならないのかもしれない>

悠太と和南の二人と遭遇する是国。SNSでのCMの評判を知っているようです。

是国「僕自信のことは良いんだけど…」

和南「商品の良さを伝えられてないのが気になる?」

「トモくんには?」
是国「相談してない。撮影が楽しくて僕にかまってる暇ないんじゃない?」

「案外そうでもないかもよ…」

「告白シーンに手こずってるってケンケンから聞いた」

「竜ちゃんに心配かけたくないんだよ」

是国「こういうときこそ相談してほしいのに…トモは全然わかってない」





恋とはなにか

後日撮影待ちのロケバス。

北門「つばさはこのセリフどう言ったらいいと思う?」

「その…ありきたりですけど昔恋してたときのことを思い出すとか」

北門「ごめん…それがわからないんだ。もしよかったら参考につばさの話を聞かせてくれないかな?」

「え、私ですか?」

そこへ是国が乗ってきました。

是国「全く・・・いまはつばさの恋バナ聞いてる場合じゃないでしょ?忘れたくても忘れられない気持ち
トモもそういう気持ちになったことあるんじゃない?」

キタコレでステージでたったことだそうです。

「きゅーって胸が締め付けられてせつなくなったことは?」

星を見上げて感じたそうです。

つばさ「寂しい時とかそばに居てほしいなーって思う女の子とか」

北門「それはステファニー以外考えられない」

それはトモの馬です。

是国「本当に感じたこと無いの?寒くても思い出すだけで胸がポカポカしてあったかくなるきもち」

(ある…)

幼少期の出会い…是国そっくりの女の子が???

「名前も知らない女の子だったけど…もしかしたらあれが恋だったのかな。
そういえば少し竜持に似てるかも。あの子も竜持と同じ雪を溶かす太陽のような笑顔の持ち主だったから」

さらりと言いますよね口説き文句みたいなこと。

(女の子…そうだ!)

是国は何かひらめいたようです。

北門、再度告白シーンの撮り直し。大成功!

「OK、いい演技だった」

「私としたことが不覚にもときめいちゃったわ」

大女優からも嬉しい言葉いただけました。

一方是国は化粧品プロモーション担当と面会をしていました。

「プロモーションについてご提案したいことがあるんですけど」

是国のみで構成されたCMは彼の顔半分素顔で半分メイク。
化粧ブランドの評判一気にあがりました。

二人にとって「キタコレ」とは…

「あんまり考えたこと無いけど」
「今回別々の仕事をしてみてわかったことがありました。離れていても俺たちの心は一つだって」
「本当そういうことよく言えるよね」

夜叉丸さんがどこかのホテルで見ていました。
書類舞い上がるそこに映るのはつばさ
過去の記憶につばさに似た人が写ります。

う~ん早く解明してほしい!

ツイート

今回はキタコレお当番回。それぞれの仕事でそれぞれの悩み。
北門、浮名を流してそうなのに全然なんですよね…。
あの幼少期の一目惚れの女の子は一体誰だったんでしょうか
どうみても是国さん…。
それにしても竜持は自分の見せ方をよくわかってますよね
自分でプロデュースできますよね。
そして…夜叉丸さん、がっつり出てきましたね。過去の話が気になるシーンでてきました。
今期の人気アニメ視聴一覧