【フルーツバスケット 2期 1話 アニメ感想】真鍋と倉伎に振り回される由希!皆川先輩が大暴走!?

前回のあらすじ

内容をカンタンに説明すると…

  • 夾は育ての親・籍真を師匠と呼んで慕う反面、なぜ猫憑きを引き取ったのか理解できずにいた。さらに自分の言動のせいで「育ての親」を批判され、咄嗟に「父親などではない」と叫んでしまう。
  • 互いを大切にすればするほど生まれる誤解と心の距離。しかし本当の気持ちをぶつけあった二人は、今度こそ遠慮の無い本当の親子のような関係を築き始める。
  • 新生徒会の副会長・真鍋翔、会計・倉伎真知と顔合わせした由希だが、十二支の人間に勝るとも劣らない変人っぷりに先が思いやられる。一方、由希に恋する乙女・皆川素子の悩みは尽きず…。

【フルーツバスケット 25話 アニメ感想】依鈴登場で嵐の予感!?夾と籍真の父子の絆!

2019.09.21






【フルーツバスケット 2期 1話 アニメ感想】お久しぶりです

波乱の予感!

透が紫呉の家に厄介になって、もうすぐ1年になります。

「いいよね、もうすぐ夏休みか~、大人になるとそんなもの、夢のまた夢なんですよ~。社会人になると嫌と言うほど分かりますよ~」

紫呉に共感してしまうなんて屈辱だ!

「お、お二人とも喧嘩はやめましょう!」

夾と由希は相変わらず仲がいいのか悪いのか(;´∀`)
透ちゃんアイロン危ない(笑)

「もう出るの?」
「うん。生徒会の事もあるし。行ってきます」
「行ってらっしゃいです!」

透と由希の間に流れる和やかな空気。

紫呉「今年の夏は君らの動向を見て楽しむって喜びがあるんだったな~!ドキドキ!親密度がググッと上がるといいよねぇ~!」

ねぇ~(・∀・)ニヤニヤ

夾「何の事だよ?」
紫呉「鈍すぎる!その鈍さ既に悪鬼のごとし!!君のような男に夏を生きる資格無いデェース!!」
夾「全然わけわかんねーよ!」

胸キュンな感じに発展してほしいんだよ!←

紫呉「だめ、夾くん全然ダメ。僕みたいな将来性とかまるでなし」

紫呉みたいな将来性……?

(つまんねー奴)
「それくらい分かってるよ…」

由希は先ほど夾に言われたことを地味に気にしているようでした。





 新生徒会長を支えるのは(俺だ!(私だ!

生徒会長「お言葉だが私は由希くんをサポートできる人材であるなら男女は問わんよ……」

「できる事ならこの竹井こそ留年してでもこの手で麗しき由希君のサポートをしてやりたいと願っているのだからぁ!」
「私だって!できる事なら飛び級で卒業した由希と一緒に大学生活を共にしたいと願っています!!」

私情挟みまくりな二人(笑)

「気になります。あのバカ会長の口の堅さ。あれこそ新メンバーに女がいると言う証拠なのでは!?」

皆川先輩は由希のそばに変な虫がつかないか心配らしい。

「何なのですかこの学年は!魔女と魔王とヤンキーにシめられているようなものではないですか!」

透、花ちゃん、魚ちゃんが酷い言われよう。
魚ちゃんは中学生ヤンキーに慕われていました。カッコイイ。

進路指導室にやって来た由希はそこで二人の生徒に出会います。

「俺、翔!真の鍋が翔ぶって書いて真鍋翔!2年A組!俺、ブラックだから!それだけは絶対譲れないから!よろしく頼むから!」

距離感近くて独特な雰囲気ですね(;´∀`)ブラックって何のことだ

「あいつは1年で倉伎真知!」

彼女は由希が近づくと逃げる様に距離を取りましたが…。

「俺、副会長!こいつは会計に晴れて決定!新生徒会会長のあんたに付くのは俺らっつーワケ!よろしく頼んます!」

良くも悪くも自由人な二人に先が思いやられる由希。

由希(発言と行動がちぐはぐなうえ、他人のことなどお構いなしのこの属性は…)

変人兄の姿が頭をよぎる(笑)

生徒会長「遅れてしまい申し訳ない!すでに面通しは済ませてしまったようだが…感想の程はどうかな由希くん!?」

「感激のあまり声も出せぬというのかい!」

由希の顔がすべてを物語ってます(笑)

「これぞ努力し続けた甲斐があったというものだよ~!あと残る2名も、由希くんをしかとサポートできる人材を集めるゆえ大船に乗った気でいてくれたまえよ!」

生徒会長はどういう基準でこの二人を選んだのでしょうか。
仕事はできる優秀な人材…のはずですが。

真鍋「俺バイト行かなきゃだから帰るねー!それじゃ副会長様の御帰りですよ~!ちゃんとお見送りしてくださいよ~!」

引きずられていく由希。お見送りは強制だ!

「生徒会ってまたの名を学園防衛隊っていうんだろ?俺、戦隊もの好きだからさ~!やっぱ戦隊ものってここにイメージからーつけるじゃんよ、だったら俺、ブラックが言いわけ!アウトローって感じでかっこいいじゃん?」
(そんな理由…?)

由希とは正反対の性格なのかな(;´∀`)

「あんたはリーダーだからレッドなんだろうけど、イメージとなんか違うな。どっちかっつーとピンクって感じ?由紀ちゃん。あんたって本当、女顔だね」
「―――!!(馬鹿にされた!こいつ…こいつ嫌いだ!)悪かったな女顔で!」
「……へぇ、意外。なーんだ。あんたって結構面白そうな奴じゃん!」
「…」
「怒らしたならごめん。俺バカだからよくやっちゃうんだよね~。まぁ懲りずに仲良くしてやって。見送りありがとう!次はもっとゆっくり話そうなー!」

掴みどころのない真鍋。悪い人ではないみたい。

進路指導室に戻りますが倉伎は既に帰っていました。
彼女が整理した棚ぐっちゃぐちゃ(笑)

由希(結局何をしていたのだろう……)





 恋する乙女

「由希、くん?あなたって綺麗ですね」
「ありがとうございます」

由希と初めて出会った時の思い出。皆川先輩の愛がすごい。

「もう我慢の限界です!」

新生徒会メンバーの情報がほしい!

「かくなる上は生徒会室に忍び込みます!」
「それで私を呼んだ訳?」
「えぇ。やっていただけますね。プリンス由希メンバー3年。リカさん!」
「安心して!この私に開けられない学校の鍵なんてないわ!」

ピッキングの達人(笑)
くれぐれも道を踏み外さないでくださいね(;´Д`)

「――あれ?」

生徒会室の鍵は開いていました。
中には作業中のプリンス由希が!

相田「由希~!やだ偶然!何してんの~?」
由希「生徒会の年間スケジュールを知っておこうと思って。お久しぶりですね、相田先輩、皆川先輩」

生由希を前に皆川先輩だけが緊張し口下手になります。
相田先輩とは反応が違う。本当に由希のことが好きなんだな、恋だな…。

「ゆゆゆ由希!朝食は何を食べられましたか!?///」
「朝食…ですか?」
「(しくじったー!!)あ、いえ…………」
「えっと今日は、ご飯とお味噌汁と、魚と煮物とあとは、納豆」
(王子が納豆…)

王子のイメージが!(笑)

「ですが納豆は美容と健康と口内炎にとても良いと言いますしね!私はひき割りが好きですね!」
「あ、俺もです」
(由希が私に笑いかけた!あぁ、やはり由希の微笑みは100万ボルト!そうですかそうですか!由希もひき割りが!)

ひき割り納豆のおかげ!!!

「…皆川先輩って、その敬語は癖なんですか?」
「え、えぇ、そうですけど…。何か気に障りました!?」
「いえ、そうじゃなくて。なんというか。可愛いですよね」
「――!!」

可愛い、と言われて嬉しいはずなのに。

「(違う……。いつの間にそんな風にい柔らかく笑うようになったの?いつの間にそんな風に変わったの?あなたと出会ってこれまで、ずっと見ていたはずなのに。あなたはこれからも変わっていくの?そうやって私の知らないところで。私とは違う他の誰かの力で――!!)辞めて、触らないで!(由希に近づかないで!)ちょっかい出さないで!!」
「………」
「あ……。私、どうしたのでしょう……?ちょっと失礼します!」

由希は心配しますが、耐えきれなくなった皆川先輩は生徒会を飛び出してしまいます。





 まだまだこれから

(最悪ですね。由希の前であんなことを。でも分かってる。あれが私の本音)

由希と仲良しな透も、生徒会に入るかもしれない女子も嫌いで仕方ない。
でも一番嫌いなのは、そんな事ばかり考える自分なのでした。

好きだからこそ芽生える嫉妬。自己嫌悪。

「皆川先輩」
「!?どうしましたか」
「俺、気付つけるようなことを言ったかなって……」
「違います!どうか気に止まないでください!ですが光栄です。クールな由希に心配してもらえて」
「俺、クールなんかじゃないですよ全然。余裕が足りない奴ですよ」
「私…も……」

皆川先輩も同じ。余裕が無かった。

(悔しいけれど、こればかりはあの子(透)の力なんでしょうね。こんな風に笑うようになった由希を見れるのは)

由希に笑いかけてもらえるのは素直にうれしい。

「由希…、あなた変わりましたね」
「え」
「ですが!私はまだまだ諦めません!」

皆川先輩の恋はまだ終わっていない!

透「真鍋くんと倉伎さんですか?」
由希「とにかく変わったキャラの二人だったのは確かだよ」

十二支の人間に引けを取らないくらい。

「俺があの二人をまとめていかなきゃならないのか…。でも。からかい甲斐があるってだけの話かもしれないけど」

『面白そうな奴じゃん!』

「ちょっとびっくりした。ああいう事言われたの、本当に初めてだったから」

「だからちょっと嬉しかった……かも」

真鍋とうまくやっていけるといいですね。

「楽しくなりそうですね。大変なこともたくさん、あると思いますが」

その分楽しいこともあるに違いない。そう思わずにはいられない透と由希でした。

由希(頑張ってみる。ほんの些細な一言で傷付いたり救われたりしながら)

ツイート

という事で2nd season始まりました!おかえりなさい!ヾ(*´∀`*)ノ

真鍋と倉伎、なかなか個性的なキャラクターでしたね(;´∀`)
仕事っぷりは竹井会長お墨付きなので後はうまく折り合いをつけていければ…。真鍋と由希は仲良くなれそうな気がする。

そして実質、皆川先輩回だった!
女子たちの「好き」と皆川先輩の「好き」は違うんだなと確信。一途な恋だからこそ暴走しちゃう時もあるけど応援したくなりますね。

紫呉が期待するような親密度UPイベントは発生するのか!?(笑)
透や草摩家の人たちの人間模様からも目が離せません!
今期の人気アニメ視聴一覧