【本好きの下剋上 第二部 15話 アニメ感想】青色巫女見習いになったマイン!傍仕え3人の問題っぷりに嵐の予感!

前回のあらすじ

内容をカンタンに説明すると…

  • 神殿に呼び出されたマインと両親は神殿長との交渉に臨む。だがマイン達が平民と知った神殿長の態度は一変、横暴なものとなる。自らと、何よりも両親を守らんとする強い気持ちはマインの中に眠る魔力を暴走させた。
  • マインの魔力に倒れた神殿長。その力は神に仕える者たちをも圧倒する驚異的なものだった。神殿長の代わりに交渉のテーブルに着いた神官長フェルディナンドは、マインに神官貴族に近い扱い地位を約束するのだった。
  • 平民ながら青色巫女見習いとして神殿入りしたマインに向けられたのは、敵意と嫉妬、そして侮蔑の視線だった。神官長と誓いの儀式を終えたマインに、そば仕えの3人が紹介される。

【本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 14話 アニメ感想】平民に対しての神殿長の豹変!マインの威圧発動!第2部は2020年春!

2019.12.26






【本好きの下剋上 第二部 15話 アニメ感想】神殿の巫女見習い

これからの事

数々の試練を乗り越えて神殿に入ることが決まったマイン。ですが、問題は尽きないようで…。

「いやっふー!ついに本!本が読めるよー!」

マインの頭は本のことでいっぱい(笑)

(色々と準備が必要だそうで、私の神殿通いは当分の間お預けとなった)

神殿入りまでは少し時間があります。

「い、いらっしゃいませ!今日はどのようなものをお探しですか!」
「ふふ。こちらに髪飾りがあると聞いて」

話し合いの報告をするためベンノのところへやって来たマイン。
ルッツはそこで接客の練習をしていました。初々しい。可愛い。

(私と違ってもう見習い仕事が始まっているルッツの朝は早い。覚えることが多くて大変だと嬉しそうに言っていた)

将来が楽しみですね。

「話し合いはどうなった?」
「結論から言うと大勝利です」

灰色巫女ではなく貴族と同等の青色巫女見習いにする事。虚弱なので家からの通い出を約束するなど。
神官長はマイン達の条件を全て飲んでくれました。

「私、商業ギルドに登録しているんですけど工房を続けていいですか?私の大事な収入源ですし、孤児の子供たちにお給料を払うとか、利益の一部を神殿に納めるとか、何か落としどころを探せませんか?」
「どこまで知っているのだ……」
「はい?」

マインの知識に驚く神官長。

「では魔術具の手入れと本人が希望する図書室の務めを主とする」
「図書室の仕事!?神官長!とってもいい人ですね!!」

チョロいな(笑)

「そいつは話が分かる。何かあったらその神官長を頼れ」
「はい!そうします」

ベンノにそう言わしめるのだから間違いないですね。
神殿長とは大違いだ!←

「どうなるかと思ったけど、一安心だね」

息子が商人になるのを反対していたルッツのお母さん。今は見守ってくれているようです。

(私の神殿入りの事はご近所さんには内緒にしている。神殿に対して良くない印象を持つ人が多いからだ)

でもいつかバレるんだろうな、と思ったり…。

「そうだ、マインの事を聞きまわってる男がいたよ!工房がどうとかって。人違いだって追い返してやったよ。気をつけな。どこにでもおかしな人は居るからね」

えぇ…。心配ですね((((;゚Д゚))))





 食べたい!!儲けたい!

オットーは、子供が生まれるのとベンノに店の手伝いを頼まれたのがキッカケで、兵士を辞めることにしました。

「班長が兵士というのは、神の采配かもしれませんよ。マインちゃんは魔力もある。お金を稼ぐ力もある。でもだからこそ、よその貴族にかっさらわれる危険がある。だから班長がそれを食い止めるんです!よそからくる貴族を調べる門番はマインちゃんを守るのにうってつけじゃないですか!俺も協力しますよ班長」
「あぁ。俺の家族はこの町ごと俺が守る!」

ギュンター父カッコイイな。

「マインの事を嗅ぎまわってる男は商業ギルドに侵入した男だろうな。工房のことが漏れたとみて間違いない」

神殿の人間がマインの身辺調査をしているのでは、と言うベンノ。
神殿入りするとはこういう事。

「大丈夫だ。マインは俺が守るから」
「うん」

仲間と一緒に乗り越えていけると信じる。

それからマインはコリンヌに頼まれた髪飾りと晴れ着のお直しを見せに行ったり、髪飾りの権利をベンノに売ったりして過ごしました。

時にはカタルカールの試食会を手伝ったり。

「――!!」
「おいしいでしょう?」
「くっ…!どうしてこんなうまいレシピをフリーダに売った!?」
「ベンノさんには結構ぼられていると思いますけど」

カタルカールはベンノや貴族にも好評でした。

「あら。ベンノさんがそろえる前に私がレシピを全部買い取りますわ!」

フリーダの宣戦布告!

「安心しな、マインのレシピはこれからも私が作ってやるからさ!」

商人と料理人の火花が散る!

「ちょっと待て。必要なのは砂糖と料理人とオーブンと向上心なんだろう」

ベンノは料理人を一から育てる気のようです。

「ベンノさんがやる気になってくれたのは好都合だね!オーブンを使う料理が食べられるって事は、ピザでしょ、グラタン、ラザニア!キッシュとパイもいけるね!?もうイタリアンレストランにしちゃえ~~!」

マインを突き動かす食欲(笑)

「また訳の分からないこと言ってるの?」
「明日から神殿なのに、こんな調子で大丈夫かしら…」

家族の心配をよそにマインの興奮は高まるのであった。





 青色巫女見習い

神殿が定期的に利益を得るため、マインは工房を続けることを認められました。
神様だ信仰だと言っておきながら都合のいいことで…(;´∀`)

「マインにつける傍仕えですが、私の傍仕えを一人つけて細かく報告させる予定です」
「ほぅ?ならばこちらからも一人つけるとするか」
「!」
「さらにもう一人は孤児の中でも面倒なものをつけて困らせる。魔力と寄付金は天上ぎりぎりまで搾り取れ。どうせあれにはそれしか価値が無いのだから」

子供相手に恥ずかしくないんですかねこのオッサ…神殿長は!

(厄介なことになったな)

神官長は苦労性。

そしてマインの神殿入りの日がやって来ました。が…。

「平民如きが目障りだ」
「へ?」

マインに向けられたのは、神官からの軽蔑や、灰色巫女たちの嫉妬・敵意の眼差し。
階級社会は面倒そう。後ろ盾になってくれた神官長以外、味方と呼べる人は居ませんしね…。

「ではこれより誓いの儀式を行う」

神官長に習って、マインは無事に視界の儀式を終えます。

「青は成長を促し助ける。最高神をつかさどる大空の色である。最高神への信仰と、これから常に成長をし続けることを誓う神官巫女に子の青き衣を与える」

マインの神官見習い服が良く似合う!

「では祈りなさい」
「神に祈りを!」

グリコ!!!(笑)





3人の傍仕え

「君の傍仕えを紹介しよう。君は青の衣をまとうものだ。灰色神官にへりくだって接するものではない」

出てきたのは3人。

「よろしくお願いします」

神殿を案内してくれた男性・フラン。

「女同士、仲良くしましょうね!」

赤髪が美しい少女・デリア

「お前が俺の主!?最悪!すっげーチビじゃん!」

いかにも無神経そうな少年・ギル。

「よくない態度を取ったら君がいさめなければならない」
「私が?!」

上に立つ者の役目と言うやつか。

「青の衣をまとう者が傍仕えを持つのは義務だ」
「そうですか…」
「君は彼らの主として、ふさわしい言動をしなければならない」

へりくだってもダメ、かといってどこぞの神殿長みたく威張り散らすのも違う気がする。だけど威厳は保たねばならない。加減が難しい。

「しばらくここで待っていなさい」

神官長は急用で部屋を退出します。
3人と話しているうち、なんとなく彼らの本性が分かってきます。

「私、神殿長にあんたを困らせるよう頼まれてるの!神殿長に認めてもらって愛人になるんだから!」

デリアはとてもませていた。
神殿では愛人になるのが名誉な事らしい。

マイン(神殿の常識が麗乃時代下町とも違い過ぎるんだよぉ!!)

神官長に心酔するフラン。
口を開けば悪口しか出てこないギル。
愛人志望でスパイ宣言のデリア。(宣言したら意味ないでしょ!笑

(どうやら私、とんでもない世界に足を踏み入れてしまったようです…)

ツイート

「本好き」おかえりなさい!第2部放送待ってましたよ~ヾ(*´∀`*)ノ
予想以上に前途多難なスタートを切りました!傍仕えの3人、個性が強すぎない!?
味方と言える存在が居ない中でマインが自分の存在を認めさせるには仕事で挽回していくしかないわけですが。
軽蔑され敵意をむき出しにされ、第1部とは違う意味で厳しい環境です。
そう遠くないうちにみんなと仲良くなれる(良好な関係を築ける)と良いな…(;´∀`)
ベンノやオットー、ルッツの新たな動きにも要注目ですね。
今期の人気アニメ視聴一覧