【理系が恋に落ちたので証明してみた。 8話】唾液採取だオキシトシンだ!池田研究室卒業生の漫画家・山本亜梨華登場!【アニメ感想】

内容をカンタンに説明すると…

  • 前期課程が終了し、池田研究室では、各自食べ物を持ち込んで打ち上げを行うことに。
  • 「素数山手線ゲーム」などで盛り上がる中、酔っ払った氷室は雪村についあることをしてしまう…。そして奏まで酔っ払ってしまい…。
  • 今回は…夏休みの勉強会で、沖縄で研究発表を行うことになった雪村たち。夏合宿まで一ヶ月を切ったのに、未だ研究テーマが決まらない虎輔に、池田教授は「恋愛ゲームのトゥルーエンドを一瞬で見つけるアルゴリズムの研究」を提案する。一方、雪村と氷室は、好きな相手と触れ合うことで分泌されるホルモン「オキシトシン」に着目。

【理系が恋に落ちたので証明してみた。 7話 アニメ感想】池田研究室の飲み会!豹変する氷室・虎輔・奏!理系御伽話とは?

2020.02.23






【理系が恋に落ちたので証明してみた。 8話】理系が恋に落ちたので好きの証拠を集めてみた。【アニメ感想】

ゲームも研究になる!

「虎輔くん、何をしてるんですか?覚悟しなさい」

ゲームをしている虎輔を怒るのかと思いきや一緒にゲームを始める教授素敵。
何故今時ゲームキューブ…
マリオカートしてる?

棘田先輩ゲーム全般強そうだな…

「棘田くん、もう少しか弱い年配者に思いやりを…」
「もう少しか弱くなってから言ってくださいね~~」

「そういえば虎輔くん、研究テーマの方はどんなかんじですか?」

土下座虎輔

教授の手の中のボールペンが折れました。

「合宿まであと一ヶ月無いんですよ?そろそろなんとかしないと。
どこで詰まってるんですか?」

「俺には理解できないんですよ論文も俺自身の未来でさえも」

「要は、トラスケがバカだってこと」

「難しげな数式や単語並べ立てやがって、こっちは美少女ゲームとかサッカーで例えてもらわねーとわかんねーんだよ」

君なんで理系に来たの?

「きっとこの研究室は俺の居場所じゃねーんだ」

棘田先輩の空気が変わった

「なら他の研究室に移れば?そんなについていけないっていうなら其の方がお互いのためじゃない」
「んだと?」

池田(このままでは本当に虎輔くんが移りかねない、考えろ私~~~~)

教授良い人すぎでは。

「じゃあ虎輔くん、あらゆる恋愛ゲームで短時間でトゥルーエンドを発見できるアルゴリズムの研究でもします?」
「詳しい話を聞きましょう(イケボ)っていうかそんな研究ありなんですか?」
「今考えていけそうな気はしたんですが…どうです棘田くん?」

先輩が図解説明。

池田「恋愛ゲームは計算量理論におけるNP困難である可能性があります。
これはもう立派な計算機科学の研究ですよ!」

「いいんすかそんなゲームの研究で…」

他のゲームで研究がされていることを伝える教授。

「もう一つ、虎輔くんはサッカーも好きでしたね?」

無回転フリーキックを生み出す気流にまつわる研究をしてるのが棘田先輩だったり

「実はね虎輔くん、君の好きなものの中にも沢山の理系が詰まってるんです」

やる気を出した虎輔

「ゲンキンなものね~~さっきまで研究室やめる勢いだったのに」
「まぁ俺なんかに比べたらここに居るのはすげー奴ばっかだけどよ、居心地は悪くねぇ。
嫌いじゃねーんだよなこの研究室。くらいつけんなら喰らいついていきてーんだよ」

「そっか…」

棘田先輩優しい笑顔

(なんだよそのらしくない顔は…)





君の唾液がほしい

「今、雪村先輩と氷室先輩に発表の練習を見てもらってたんですが…」

ダメ出しの嵐でへこむ奏

「雪村先輩スパルタっすね~~~」
「スパルタ?俺が言ってるのは根性論ではない。10000時間の法則というやつだ」

池田「どの分野でもトップレベルになるためには10000時間以上の練習が必要だという話ですね?」

「ところで奏、お前の唾液が欲しいんだが」

雪村の話の切り替わり突然過ぎでは?

「雪村くん、バイアル借りられたわよ」

氷室が入ってきました。

雪村が奏の攻撃を食らったようで伸びてます。

「どうせ雪村くんがデリカシー無いこと言ったんでしょ?」
「デリカシーがどうというか唐突すぎてなにがなんだか…」

「そうだ奏ちゃん。ちょっと唾液摂取させてくれない?」

「ズコォオー!!」

研究のためでした。(そりゃそうだ)

「夏合宿にて新たにオキシトシン測定による恋愛実験を行う」
「オキシトシン?」
「人は恋をすると様々なホルモンを分泌するの。其の一つが好きな人と触れ合うことで分泌されるオキシトシン。
通称愛情ホルモンとも呼ばれているわ。肉体的接触で生まれるこのホルモンは多幸感を生み、血圧を下げたり健康にも効果があるみたい。
タッチセラピーという療法もあるくらいよ」

「もちろん誰とでも触れあえばいいというわけではない。好きな相手との触れ合いでこそオキシトシンは発生する。」

リケクマが詳しく説明してくれました
オキシトシンをうまく分泌させるにはラブラブイチャイチャが効果的
ペットとのふれあいでもいけるそうです。
友達もペットもいないなら乳腺への刺激でも出るそうなので
とりあえず乳首をつっついてみては?だそうです(笑)

「オキシトシンは唾液から測定できるの」

身体的接触…雪村は氷室が酔っぱらったときの映像を持ち出してきて
あのときに唾液を採取しておけばよかったという。

いや、録画してたの?

「酔っぱらいの発言は参考にならないわ、消しなさい」

「極めて重要なデータだ、絶対に消さん」

「そもそも酩酊時の唾液はサンプルとしては不適当よ」

「根拠を示せ」





新キャラ登場

「とりあえず新規データの収集を始めたほうがよくないですか?」

身体的接触を試みる二人
すごく…くっついてます

幸せな感覚に包まれ始める二人

「これがオキシトシン…!」
「もはや俺たちはオキシトシンだ」

「「オキシトシンがぁああああああああ」」

燃え上がる二人

奏(ばかじゃねーのか…)

「今回の夏合宿に置いては勉強会における発表と同時に可能な限りの
スキンシップを行いつつ定期的に唾液を採取する」

「先輩・・・それはマジ話っすか」
「マジだ」

「可能な限りのスキンシップっすか!女の子に触り放題っすか!」
「そうだ、データはあればあるほどいい!どんどん触れ!」

氷室と棘田からパンチをくらいました。

「久しぶり、懐かしいですね埼大」

池田研究室卒業生
漫画家
山本亜梨華

登場!!

山本アリフレッド先生の二次元キャラかな?

棘田先輩だけが研究生時代を知っているようです。

氷室と雪村の研究に興味を示した山本OG
説明をしてもらいたいと言いだします。

雪村は何故かあの氷室の酔っぱらい映像を定期的に見たくなるそうで…。
二人でくそ恥ずかしさで自爆。

(どうしょう…この子たち面白い!)

共通条件をみつけるためにそのために研究を続けているのだと。

山本OGが何かを描き始めました

「どうでしょうあなた達を漫画にさせていただけませんか?
あなた達がそうやっていちゃつきながら研究しているのを世界へ発信。
世間の皆様の好きの証拠を収集。そうすればあなた達が本当に互いに好きなのかがはっきりする」

「より広範囲から多くのデータが集められる」

交渉成立です
合宿にも参加するとのこと。

山本「あなた達を漫画にする以上面白くするためなら手段を選びませんよ」

棘田先輩が少し呆れ顔のような感じになっている??

 

ツイート

日常のことが研究できるの楽しそうですよね。
しかし虎輔なぜ理系男子になったのかわからない屁理屈だったんですが
やっぱり棘田先輩を追いかけてきたんですかね?
そして好きの研究の次の段階。唾液。
密着する氷室と雪村。もうそのオキシトシンは好き判定でいいでしょう!?(笑)
熱血アニメみたいな背景になってましたが。

新キャラは原作者の二次元バージョンですね?
どう合宿を盛り上げてくれるのか楽しみです。
今期の人気アニメ視聴一覧