【映像研には手を出すな! 8話 アニメ感想】水崎氏の両親が文化祭に!?ロボ研の生アテレコ!全てはロボアニメ上映のために!

内容をカンタンに説明すると…

  • 文化祭で上映するロボットアニメの制作は思うように進まずにいた。作画が遅れているため、音響部の百目鬼(どうめき)は効果音の準備が始められない。
  • 声優を買って出たロボ研の小野たちの演技は暴走するに違いなく不安だらけ。らに、美術部の芸術が爆発して背景の描き直しが大量に発生、浅草が肩代わりすることになる
  • 今回は…文化祭当日の朝、現場で生アテレコになってしまったものの、ロボットアニメはなんとかできあがった。浅草と百目鬼はギリギリまで音楽と効果音の調整を続ける。金森は、カリスマ読者モデルとしての水崎の知名度を利用して集客を図る。

【映像研には手を出すな! 7話 アニメ感想】水崎ツバメ回だ!銭湯回だ!作りたいのはアニメーション!!

2020.02.18






【映像研には手を出すな! 8話】大芝浜祭!【アニメ感想】

予想外の出来事

「結局今回もギリギリで完成なのじゃ」
「アフレコできなかった時点で間に合ってません」

本番生アフレコ…

凄く良いSEが付いています。

「カット150と82の音楽の意味合いを他のシーンとつなげてみて」

監督浅草氏。

其の頃、水崎宅…。

「プロデューサー殺害未遂で制作中止なんて…」

監督と脚本がプロデューサー殺害未遂とか大事件過ぎますよ(笑)

でもまぁなんとなく予想はしてたという感じの水崎夫婦。

空いた時間で娘の文化祭に行こうということに。

「あの子には親らしいことしてあげられてないから」

「大体、文化祭は16年どころか初めてだもんね」

キャンプしてる映像研。

このまま文化祭当日を迎えようというんですね。

いや自由すぎるなこの学校。

「今回の上映は前回と違い集客が重要です。
ズバリ今日の目的は上映後にDVDの予約をとりまくることです」

水崎氏を広告塔にするつもりの金森氏

「水崎氏目当てで来た客に作品の力を見せつけるんです。
まず見てもらわないことには話にならない。作品が良けりゃ絶対DVDを予約します」

箸の持ち方おかしいといい出した水崎氏が一番おかしい件。

携帯電話にメールが。

「家帰ってないこと親にバレた…。
それに今日うちの親…文化祭来るって」

「な…なぁにぃ~~~~
バレたらアニメ作れなくなるじゃん水崎氏~~~~」





文化祭当日!

 

「バレようがどうしようが家庭の事情なんてくそくらえだ!!
ここで集客を妥協したら次につながらん!」

「「「気合いだ!気合いだ!気合いだ!」」」

映像研ファイオー!

ロボ研の宣伝の仕方派手!

エアコン温度交渉もやってた金森氏。
空調部との闇取引き。また揺するネタ掴んでたようです。

派手すぎて生徒会に目をつけられました。

「映像研水崎!首謀者として連行する!」

「金森さんから指令が来ます。みんなであなたをお守りしますからご安心を」

ロボ研めちゃかっこいいんですが

「全てはロボアニメ上映のために」

 

「水崎氏お疲れさまです、上映会場まで逃げ切ってください」

ロボ研協力者何人いるの?ダミー多数

「ダンボールを外さずに着たまま1号館体育館までたどり着いた方にはもれなくツバメちゃんの特製グッズをプレゼント!」

ダミーはチンドン屋研究会の協力のおかげでした。どれだけの部を巻き込んでるのでしょうか。

ロボ研小野、アニメのOPを歌いながら走る。

そして…

「メン・イン・ブラックと水崎両親にビラ渡してしまった!」

浅草氏しまったという顔で戻ってきました。

「すでに来てます」
「ハッ!」

メン・イン・ブラックに指示を出してたのはパパでした。ママは知らなかったんですね。





圧倒される出来栄え

水崎氏壇上で一言。

「気合入ってます」

アニメ、今までの水崎氏の歴史と映像研の三人の歴史も詰まってる…。

「あの走り方」
「ツバメだ」

箸の持ち方、走り方がツバメそのまんまなことに両親は気づきます。

ロボ研生アテレコ上手。練習してたもんね…。

「ツバメってほら小さい頃から踊りがうまかったじゃん」
「ああ…おばあちゃんの動きもよく真似してたよね」

「何でもすぐ分析して再現してた。天才かと思った。
でも、いつからだろ自分で再現して演技するより絵で再現する方が楽しそうに見えた。」

「やっぱりツバメの才能は観察眼なのよ。」

「親がついててやらなくても。」
「子供は育つのね。」

「役者になれって口酸っぱくいってきたけどツバメはもう立派な表現者だ」

理解ある親御さんだった。

上映後買い出しに出かけた水崎氏。
両親と出会います。

「ねぇ自分の演技に満足したことってある?」

「私はないね」
「僕もないなぁ」

「私が生きるってことはこういうものをひたすら作ることなんだって。
これはもうどうしようもない

どうだったアニメーション?」

「生の爆発はちょっと印象違うよ。それと箸の持ち方は…」

「それ教えといて!今朝知った!」

「でも、いい演技だった」
「うん」

「さすが役者夫婦、見どころわかってんじゃん」

よかった…ほんとによかった…。

金森、浅草の元へ戻ってきた水崎氏。

DVD予約は好調のようです

「しかし反響に反してやり残しが8割だ。
引きの画を増やせば豪華になったかも…」

両親がひょっこり顔を覗かせました。

「ツバメのお友達?」

「…い、いえ。仲間です」

浅草氏かっこいい

ツイート

ついに両親と直接対決!
と思ったら親御さんめっちゃ理解ある人たちだった。
とはいえ、素直に最初から応援してたわけじゃないですけどね、パパンはメン・イン・ブラックに指示を出してたわけですし。
親子揃っていい表現者ですしアニメの出来は超良かったです!
ロボ研のプロモという扱いになるんですかねこれは?

いろんな部を巻き込んだ一大イベントでした。
今期の人気アニメ視聴一覧