【バビロン 8話 アニメ感想】第3章「曲がる世界」舞台は世界へ!?考える人・アメリカ合衆国大統領アレキサンダー・W・ウッド(CV:田中秀幸)

内容をカンタンに説明すると…

  • 公開討論に登場した少年の正体に世間は驚愕する。隠し玉を逆手に取られた野丸に成す術はなく、
  • 正崎達は予定通り齋の拉致作戦を開始する。問題なく任務が遂行されていく中、ある異変が静かに起き始めていた。
  • 今回は…議会選挙を終え、新域では自殺法の本格的な運用が始まろうとしていた。齋拉致計画の一件から謹慎処分を受ける正崎に成す術はなく、無力感に苛まれる日々を送る。そんなある日、正崎の元へとある人物が訪れる。

【バビロン 7話 アニメ感想】第2章「選ばれた死」完結!九字院も篭絡された!?瀬黒の危機に正崎のライフはもうゼロだ!

2019.11.19






【バビロン 8話】希望【アニメ感想】

正崎謹慎

「気になる選挙結果ですが…」

肯定と否定が完全に半分になった議席数…。

ダーツバーで酒を飲む正崎。…の周りには死んだはずの捜査官たちがわらわらと。
これは…正崎の脳内会議ですね。

『警察が殺人と判断したのは瀬黒さんの一件だけ。残りのはみーんな自殺で処理されちまった』
『その上警察は集団自殺そのものを不祥事として隠蔽に奔走。その影響で瀬黒事務官の大規模な捜査には未だ至っていない』

街ゆく者、全てが曲世愛に見える。

「あなたにとって、正義とは何ですか?」

瀬黒が語りかける。

屋上に立つ正崎は飛び降りる寸前で…これは想像なのか実際にそこまでいったのか。

後日…正崎は家族で動物園に来ていました。
謹慎のおかげでできた時間で、悲しいというかなんというか…。

頼むから家族をあまり映さないでいただきたい気も…悪い予感がしてしまうので。

「善ちゃん、これまた善ちゃんにお届け物」

差出人名はない小荷物。

(悪いのはどっち?)

愛からのお題付きでたまごが2つ。片方は生まれることが出来なかった卵…?

守永部長からの呼び出し。謹慎中でも構わないから出てこいと言われます。

「報道で知っておるだろうが新域は自殺法の本格的な運用に乗り出し、安楽死専用薬ニュクスが極めてオープンな形で
公開された。」

「これで全ての製薬会社はニュクスのジェネリックを自由に製造できます。
つまり世界中に自殺薬が広まる。その上自殺を支援する窓口まで開設されました。
自殺志願者は今後も増え続けるでしょう」

「だが結果的に衝動的な自殺は減少した。時代は変わるのかもしれん。
ワシや野丸さんの理想とは違ったがな。
正崎よ、苦しい思いをさせてしまったな。すまなかった。
本日付でワシは辞職する。ワシもいい年だ。この年になると今更考えも変えられん。
だがお前は考え続けろ。何が正しいのか何が正義なのかを」

奥さんと子供が買い物に行って、正崎は洗濯物を干し終わる頃テレビのニュース速報が。

<新域に続き、二番目の都市としてカナダ・ハリファックスが自殺法導入を発表>

そしてインターホンが鳴ります。

「FBIのサミュエル・ハーディだ。NSCセンターで起こった集団殺人事件、お前はその現場に居た。
あの事件について知っていることを我々に教えてくれ」

「私が持っている全ての情報の提供を約束する。だが一つだけ条件がある」





考える男アレックス

舞台はアメリカ合衆国 ワシントンD.C.へ

一人の初老の男性がトイレで新聞を読んでいました。
彼の名はアレキサンダー・W・ウッド
彼の独白が始まります。

47年前の出生の話から。
病弱だったアレキサンダー・W・ウッドことアレックス

ある日彼は決心しました。

「一生こんな生活を送るくらいならまずは自分で出来る限りの事をしてみようってね」

子供の手段でできるいろいろな事をした結果ついに克服をした。

結果それが後の人生に影響を与えていきます。

「全ての可能性を考慮し、時間の許す限り思慮する。そうやって僕は生きてきたんだ」

大学の学生寮で暮らし始めたアレックスはEOというオンラインゲームにのめり込んでいきます。

ゲーム画面、ものすごくしっかり作られてますね…。

「気づけば僕はゲーム内でも有数のプレイヤーになっていた」

そんななか一人の初心者と知り合った。
サポートしながらすすめていく。

『色々教えてくれてありがとう。もしよければお礼にごちそうさせてくれないかしら』

現れたのはモデルのような美人

「彼女はエマとなのった。ここに来たことを本当に後悔したよ。僕のようなゲームと勉強しか取り柄のない学生とモデル並みの美貌を備えた彼女とではとても釣り合わないからね」

別れ際、エマはアレックスにビンタを。

『私はあなたと会うのをすごく楽しみにしてた。それなのにあなたはずっと他のことを考えていた。
あなたは私の容姿を見てコンプレックスを刺激されたんだわ。自信を持ちなさい!あなたは誰にも負けない武器をもっている
あなたはEOの伝説のプレーヤーなのよ?あなたが編み出した戦闘法はバトルを一変させた。世界中の誰もできなかったことを
あなたは一人で成し遂げたのよ?』

二人は結婚、息子にも恵まれました。

でもあることがずっと引っかかっています。

「何故こんな美しい女性が僕の妻となったのだろうか、そのことをずっと考え続けているけど答えはまだみつかっていない。
でも僕は信じているんだ。人生の多くの問題はひたすら考えることで大抵はうまくいくってね。それが僕の生き方なんだ」

<フランス グルノーブル 自殺法導入を宣言>

「だけど現実世界にはタイムリミットがある。それが僕の最大の悩みだ」





自殺法は世界を巻き込んでいく

「フランスか」
「やりそうなとこです。元々自殺率が高い国ですし。社会も安定して国民が退屈しています。
人間暇を持て余すとろくなことをしませんから」

アメリカの国務長官と国務長官補佐が会話を

「始まりは…一ヶ月前」
「新域…極東の島国から発信された新しい思想が報道に乗って世界中に届けられた。
当初は我々合衆国にとって対岸の火事でしかなかった。

だがなぜ2つの都市は導入を急いだ?」

「新域に追従した2都市は大学都市だ。勉強できる方が死にたがるということか」

「死に近づくのが頭のいい行為とは思えん」

「動物は自殺せんだろ。知恵と死は同じものを拠り所にしている」

「まさか日本から弾が飛んでくるとは」
「ミサイルが飛んでくるほうがまだマシだ。これはイデオロギーによる無差別攻撃。
……テロだよ」

さらに後日…。

「これで自殺法を導入した都市は4つめか」
「想定外でした。まさか我が国のハートフォードとは」
「これしきのことでこの国は揺るがん」
「寝耳に水だよ、CIAも何も掴んでいない」
「彼に報告は?」
「1時間前に。だが予告しておくがまだまだかかるぞ。考える人のあだ名は伊達じゃない」
「どれくらいだ?」
「これまでで一番だ」

彼らは大統領の居る部屋へ慌ただしく入ります。

「大統領」

「4つめか…」

考える人はいつものように鼻を触りながら思案していました。

アメリカ合衆国大統領
アレキサンダー・W・ウッド

 

アレックスその人です。

ツイート

あの最悪から一ヶ月…待ってましたよ!!
ようやく続きです。
正崎さん。心壊れてませんか大丈夫ですか?
幻覚が見えてるようですが…。

途中から舞台はアメリカへ。
もう自殺法が世界に広まっている!!
世界を巻き込んでどう収集つけていくのでしょうか。
曲瀬はどこまで関わってくるのか…。
今期の人気アニメ視聴一覧