【私、能力は平均値でって言ったよね! 9話 アニメ感想】親方!空からワイバーンが!最終兵器は八つ裂きポーリン?!

前回のあらすじ

内容をカンタンに説明すると…

  • 実家に連れ戻されたポーリンは政略結婚を迫られる。相手はオースティン伯爵家の三男で、メーヴィスの兄だった!マイル達の援軍のおかげでポーリンは父の仇を討ち、政略結婚も取り消しになったのだが、オースティン伯爵の本命はポーリン救出に駆けつけた娘のメーヴィスだったようで…!
  • 娘の強い意志とマイル先生との決着の末、オースティン伯爵はメーヴィスが「赤き誓い」として活動することを承諾する。親バカ加減はより一層激しくなった。
  • 今回は…高額報酬のため難易度の高いワイバーン討伐へ向かった赤き誓い!だがラスカル的な過去を持つワイバーンを前にマイルたちは討伐を断念せざるを得なくなって…!?

【私、能力は平均値でって言ったよね! 8話 アニメ感想】ポーリンが結婚!?メーヴィス父の親バカ計画!

2019.11.26






【私、能力は平均値でって言ったよね! 9話 アニメ感想】ワイバーン討伐って言ったよね!

今回のクエスト!

「やりました!本日の売上げ、過去最高額を更新です!ですがこの結果に満足せず明日はもっと売り上げを伸ばしましょう!」

ぼったくりメイド喫茶まだ続いてた(笑)

「私たちはお店の接客をすることで格安でここに泊まれる契約…」
「今逆らっても宿代が上がるだけだ…」

マイル達に今必要なのはお金でした。

「ギャラのいいクエスト」「ギャラのいいクエスト!」「ギャラのいいクエスト!!」

目をつけたのは報酬金貨30枚のワイバーン討伐!

「逃げるんです。ワイバーンってある程度ダメージを受けると巣穴に戻るんですよ。野生の生物ですからよほどのことがない限り死ぬまで戦いません。それに数十キロ四方あると言われるワイバーンの縄張りから巣穴を見つけるのも不可能ですよ。で、ここからが問題です。ワイバーンは人間の顔を記憶します。一度戦ってひどい目にあった相手には二度と近づくことはありません。過去多くのハンター達が高額な装備を用意してこのクエストに挑戦してきました。ですが誰ひとりとして成功せず、得たのは戦いでできた傷と多額の請求書とクエストの違約金」

報酬額が高い理由ですね( ̄▽ ̄;)
高難易度クエストでした。

「つまり受けるのは馬鹿か初心者か勇者だけですよ」
「「「「じゃあ受けます」」」」

赤き誓いは馬鹿で初心者で勇者なので即答!!

村長「お前さんたちがハンター?」
赤き誓い「はい。私たちが赤き誓いです!」
村長「チェンジで」

まさかのチェンジて(笑)

村長「お嬢ちゃんたちはどうやってワイバーンと戦うつもりだ?」
マイル「任せてください!我に秘策有りです」

嫌な予感!

「いい村長さんだね。ワイバーンをおびき寄せるために牛をくれるなんて」
「下手に人間の味を覚えられると厄介だからじゃない?」
「でも食べられちゃうのは可哀想っ…。牛ちゃん!私たちが守りますからね!」
「モォ~~~」
「うわぁっ!?」

マイルを拒絶した牛は…

ポーリン「大丈夫ですよ。よ~しよし」

このエロ牛め!(だが気持ちは分かる←





 雷の鳥

ほどなくして上空に現れたワイバーンは丸太でマイルたちを牽制するなど、頭が回るようでした。

「私たちを今までの討伐者と同じだと思ったら後悔しますよ!」
「でも完全に魔法の射程外ね。どうする?」
「届かないなら届かせればいいんです!」

「行きますよ!の鳥一号!!」

詠唱を開始したレーナ。を鷲掴みにしたマイルはレーナをワイバーン付近に放り投げるのでした。

「レーナさん!攻撃しないとダメじゃないですか!」
「うわあああああああああああああああああ!!!!」
「上昇気流!レーナさんを着地させて!」

無茶ぶりが過ぎる(笑)

「一号は失敗ですね…。では2号、ポーリンさん行きましょうか?技の名前は八つ裂きポーリンです!!」

今日のマイルさん怖いです!(((((´言`;)))))

「ま、マイル!私が2号になろう!」
「メーヴィス!?」
「大空を駆け竜を討つ!これほど心躍る戦いはないよ…!」
「メーヴィス、ごめんなさい…!」

メーヴィスがイケメンすぎる。

「では行きますよメーヴィスさん!」
「いつでも来い!」

そしてメーヴィスも放たれたのだった(容赦ないです

「天空剣!」
「ギャアッ!」

ワイバーンとは相討ちに終わります。

マイル「もっと正確に早く打ち出さないと…。3号ポーリンさん!あれ?ポーリンさん?ポーリンさ~~ん??」

▼3号は逃げ出した!

 





 トドメを刺すぞ!

「こ、これはその!ワイバーンがワイバーンでワイバーンのっ…!」

3号もといポーリンは身体洗浄と衣服洗浄をしていたレーナを発見します。
マイルのせいで!

「痛いですよレーナさん、なんか怒ってます?」
「当たり前でしょう!なによあの雷の鳥とかいうのは!?」
「魔法の射程を飛躍的伸ばす画期的な対空戦術で…いででで、だから痛いですってば!」

レーナのお仕置きもマイルに比べれば全然優しい( ̄▽ ̄;)
気絶したメーヴィスも回収し、赤き誓いは合流しました。

「せっかくのワイバーン討伐、失敗したくないんです!」
「マイルちゃん!」

自由を奪われた牛さんのため、自分を庇って犠牲になったメーヴィスのため、そして漏らしたレーナのため!
ポーリンの目には覚悟と決意(?)が宿っていました!

「――その目を見れば分かります。行きましょう、の鳥3号!」
「はい!」

懲りないな(笑)

マイル「今までは剣や魔法の間合いを計算してターゲットから多少離して放っていましたがもう容赦しません!直接本体を狙います!」

人間ミサイルじゃないか!
そしてとんでポーリン!!されたポーリンですが気を失ってしまいます。

マイル「やば!光子力バリアー!」

光子力バリアを纏ったポーリンに直撃され、ワイバーンはポーリンとともに墜落しました。

「親方、空からワイバーンが!」「ポーリンさん!やりましたよー!まだダメージで飛べないようですねぇ。飛べないワイバーンはただのワイバーンです!」

ジブリパロが止まらない(笑)

しかし油断は禁物でした。
最後の抵抗と言わんばかりにワイバーンはマイル達のスカートをめくりあげ、ノーダメージだったメーヴィスの服を破りさきます!

「こんどは私の番です!私のターン!ドロー!カーボンナノチューブネット!」

ワイバーンの動きを完全に封じましたね。

「さぁクライマックスです!」
「散々手こずらせてくれたわね…」
「ウロコ一枚無駄にしちゃダメですよ」
「ここから始まるんだね…私たちのドラゴンスレイヤー伝説が…!」

みんな殺る気満々(笑)

「待ってくれ!このワイバーンを殺さないでくれ!」

謎のお爺さんが現れました。





 異世界のラスカルと乳の格差社会

「私はかつてこのワイバーンの飼い主だった男だ。あれは私が少年だった頃。あの日、私は傷ついた一匹のトカゲを見つけた…」

どう見てもトカゲじゃないですけどね!

爺「心優しいことで評判だった私は…」
マイル「自分で言う!?」
爺「私はそのトカゲを見捨てることができなかった…」

どっかで見たことあるな…。

「傷が治るまではと思いトカゲを育てることにしたのだが、拾ったのはただのとかげではなくワイバーンだったのだ!その頃にはすっかり情が移っていてね…私にとって彼は兄弟のようなものだった。だが両親は許してくれなかった。そして私たちは別れることになったのだ…」

さようなら、さようなら…!ワイバーンと涙の別れ。

マイル「やっぱり涙がこぼれた!僕はたまらない気持ちでその場を離れた…ッ!」

二人で漕がないでください(笑)

そのあともギャオスとかロプロスとかバビル二世とか(ごめんなさい分からないです!!

メーヴィス「せっかく苦労して捕獲したのに…」
爺「本当に済まないことをした。今更都合がいいとは思う。だがそれでも私はお前と一緒に居たいのだ」

「お前を捨てた私を許してくれるのか…?」
「ギャアッ!ギャアッ!」
「ありがとう。これからはずっと一緒だ!」

( ;∀;) イイハナシダナー

しかし村人の怒りは収まりません。

村長「――お話は分かりました。ですが我々の村にも少なくない被害が出ている。そう安安と首を縦に振ることはできませんな」
爺「悪いようにはせん」
村長「生き別れたご友人との再会!お祝い申し上げる!」

お金があれば大抵のことは解決する!

爺「君たちにも不利益になることはしないと約束しよう」
マイル「あの、クリフトさんって何者なんですか?」
爺「私か?私は――」

レーナ「ワイバーンを飼う、なんていうくらいだからそれなりの身分だとは思ってたけど。びっくりよね」
メーヴィス「彼がワイバーン捕獲のことをギルドに報告してくれたから、クエストも達成。これで正式にドラゴンスレイヤーだね」
ポーリン「宮廷魔術師とのコネクションも出来ましたし、今回のクエスト、大成功です!」

クリフトさん、まさかの宮廷魔術師でした!

そしてクエストの報酬は「当初の計画通り」使うことに。

「えぇ!?この宿を出て行く!?」

レニーが一転大ピンチ!

赤き誓い「うん」
レニー「どどど、どうしてですか!」
ポーリン「今までは宿代の節約のためにこのお店の客引き接客その他もろもろ手伝ってきましたがもう必要なくなりましたから。」
メーヴィス「私たちはハンター。接客が仕事ではないからね」
ポーリン「実はお風呂のあるところに引っ越そうかなって。ここにはありませんしね」
レーナ「(勝った!)」
レニー「(負けた…!)」
マイル「それでね、レニーちゃん。ちょっと相談があるんだけど…」

マイルは宿のすぐ隣に簡易風呂を建設しました。

「どこの山?」
「この桶の文字、どこの国のなの?」

富士山とかケロロンとか

「い、いや、あの!」
「実家の秘伝?」

実家の秘伝です!

マイルたちの誘いもあり、レニーも一緒に入ることになりました。

マイル&レーナ「えぇ!!!」

レニーの乳ガン見すな(笑)

レニー「あー、いい気持ち」
ポーリン「お湯は魔法で出せますから、私たちがいる時ならいつでも入れますよ」
レニー「本当ですか?嬉しいです」
マイル&レーナ((負けたー!!))

ツイート

今回のパロネタほとんど分かりませんでした(´Д`;無念)
マイルちゃん女子高生じゃないでしょ!(笑)
ワイバーン討伐が感動ストーリーになるとは予想外でしたね。
勝負はレニーの勝ち逃げか~。マイルやレーナに気を使っていた説。
マイルの魂の叫びが聞こえてくるようだ。
報酬も入って宮廷魔法師との人脈もできて、更にはマイル達念願のお風呂も出来て万々歳な回でした!いつもこんな感じだと安心出来るのですけどね…( ^ω^)
今期の人気アニメ視聴一覧