【ソードアート・オンライン アリシゼーション WoU 7話 アニメ感想】レンリッチ覚醒!アリスとベルクーリが強すぎる!!

前回のあらすじ

内容をカンタンに説明すると…

  • 人界守備軍VSダークテリトリー軍の全面対決が始まった!第1部隊右翼を率いるデュソルバートはオークの長を、第1部隊中央ファナティオはジャイアントの長を討ち取る。
  • エルドリエ率いる第1部隊左翼は、敵の猛烈な攻勢を前に陣形を崩されてしまう。控える後方部隊だが、それを率いるべき整合騎士のレンリッチが逃亡してしまい…!?
  • 今回は…親友を殺めたトラウマから戦うことを恐れるレンリッチは、ロニエ、ティーゼと天幕へ逃げてきたキリトに出会う。ミニオンの大群を前にベルクーリは完全武装支配術を発動。アリスの反射凝集光線が峡谷を焼き尽くして…!?

【ソードアート・オンライン アリシゼーション WoU 6話 アニメ感想】デュソルバートとファナティオが神器発動!レンリ敵前逃亡!

2019.11.17






【ソードアート・オンライン アリシゼーション WoU 7話 アニメ感想】失格者の烙印

 レンリッチの双翼

「持ち場に戻らなきゃ…いや、僕がいても邪魔なだけだ…」

天幕でレンリッチはうずくまっていました。

『レンリ、あなた壊れちゃってるわね』

アドミニストレータがまさかの再登場!!久しぶり!

『あなたは凍結処分になるしかないみたいね。その双翼刃が主に選んだというのにただの一度も完全武装支配術を使えないんだもの。あなたには騎士として大切なものが欠けている』
『(失敗作…僕は…)』

「僕なんかいてもいなくても同じなんだ…」

アドミニストレータとチュデルキンの言葉が呪いになってるんですかね。

「騎士様、勝手なことを申すようですがどうか私たちに手を貸してくださいませんか?なんとしても私たちはキリト先輩をお守りしなくてはならないのです」

ロニエとティーゼ、そしてキリトが天幕に逃れてきました。キリトの噂はレンリッチの耳にも届いているらしく。

「ゴブリン!?」
「俺の獲物だぁ!」

言ってるそばからゴブリンが天幕にまでやって来ました(´Д`;)

ロニエとティーゼに迫るゴブリン。レンリッチは刀を抜けずにいましたが…。

『もらった―――!!』

レンリッチの回想。真剣を使った模擬試合で事故は起きました。
彼の剣が、親友の剣と体を貫きます。
彼がまともに戦えなくなった理由。これはトラウマになって当然ですね…。

「さ、下がりなさい!さもなくば!それ以上近づけば斬ります!!」
「――――」
「!!(君は…君はあの子達を助けようというのか?立つことも抜剣することも、それどころかしゃべることすらままならないというのに。それなのに僕は―――!)」

剣を強く握り締めるキリトさん。流石です!!

『レンリ…お前は立派な騎士になれ…お前の分まで…』

キリトの戦う意思と、親友の最後の言葉がレンリを覚醒させます!!

「え―――!?」

双翼刃の餌食になったゴブリンは瞬殺!

「騎士様、ありがとうございます、助けてくださったんですね…!」
「君たちは…ここでキリトさんを守っていて」

ここからレンリッチのターン!!





 VS山ゴブリン!

「この首が欲しければ命を投げ出す覚悟でかかってこい!!」

「(いける。もう少しだけ持ちこたえれば煙幕の薄れた前線から援軍が来てくれるはずだ!)」

天幕を出たレンリッチは次々とゴブリンを倒していきます!
双翼刃は遠距離タイプなのかな。ブーメランみたいで独特ですね。

「まさかこんな後ろに整合騎士が居残ってるとはね。ゴブリンのくせに、ってツラだな坊や?だが俺としちゃこう言わせてもらいたいね。お偉い騎士様のくせに、ってな」

モブゴブリンを掃討した頃、レンリッチの前に現れたのは山ゴブリンの族長でした。

「整合騎士は一騎当千。そう聞いていたんだが、どうやらお前さんはそうでもないようだ。だからこんな後ろに隠れてるんだ。そうなんだろう?」

痛い所をついてくるな(´Д`;)

「(僕は…やっぱり失敗作だったのか…。だとしても…。)あぁそうさ。僕は失敗作の騎士だ。だけどね、勘違いするなよ。出来損ないなのは僕であって、こいつ(双翼刃)じゃない!!」

双翼刃は亡き親友とレンリの絆の証でもあるんですね。

「飛べ、双翼!リリースリコレクション!!」

双翼はひとつの刃となって、山ゴブリンの長を真っ二つにするのでした。
本気を出したら強いぞ!!





 ベルクーリ無双!

「整合騎士どもの位置は掴めたか?」
「位置固定にはもうしばらく」
「まだたった5人か。あるいはそもそも数が少ないのか。どうあれその5人は確実に屠らねば。ミニオンを出せ!無制限殲滅だ!」

ダークテリトリー第2軍のディー・アイ・エルが命令を下します。

「最前線の亜人部隊を巻き込みますが…」
「構わん」
「はっ。数は如何なさいます?現状で孵化済みの800体、全て運んできておりますが」
「そうだな…。800全部だ」

ミニオンの大群が東の大門あと上空に襲来。

「――来た!」

迎え討つはベルクーリです!!

時穿剣・空斬!!」

おじ様の武装完全支配術キタ━(゚∀゚)━!

ということでミニオン800体が全滅しました。
次々とミニオンが地に落ちていく異様な光景…。
赤い斬撃痕が暗闇に映えてとても美しかったです!

「あれか…。整合騎士どもの切り札・完全支配術…。しかしよもやこれほどの!だが武器をそのように使えば天命を大量に消費してしまうはずだ。そうそう連発は出来まい…!」

ディー・アイ・エルさん、発狂気味です( ̄▽ ̄;)

「総長閣下、後方の整合騎士2名の位置把握完了しました。合わせて5の目標を照準中」
「よし。(私は冷静だ…今こそ最初の栄光を掴み取るとき)」

「総員前進!峡谷に侵入後、広域焼却弾術の詠唱を開始せよ!!」

冷静な人の顔じゃないよ(笑)





 アリスかっこいい

アリス(何故、人界人だけでなく亜人の魂から生まれてくる神聖力もその全てが暖かく清らかなの?もし人界の民も闇の国の怪物も持っている魂が本質的に同じものだとしたら。ただ生まれた場所が山脈のあちらかこちらかだけの違いなのだとしたら、一体何故私たちは戦っているの?)

ダークテリトリーの中にも人間っぽい人たちがいるのは気になってましたが…。
処分されてしまったシャスターやリピアなんかダークテリトリー側に居るのが不思議なくらいでしたし。

(私一人では、数千を超える暗黒術師の総保持量に叶わない。峡谷の神聖力を使い切るほどの神聖術にはならない。でも光素を鏡で閉じ込めて無限に反射させれば…)

死者の魂を集めて謎の球を作っていたアリスですが、そういうことか!

「このままでは広域焼却弾術式の発動は不可能です!」
「空間暗黒力が枯れ切っているのでは!?」
「そんなはずがあるわけ無いでしょう!あの悲鳴が聞こえないの!?あれだけの命が一体どこに消えてしまったっていうのよ…!?」

暗黒術師団がパニック状態に。アリスが先手を打っていました!

アリス「たった一人のために数多の命を奪う罪は、己の両肩に背負ってみせる」

「咲け、花たち。バーストエレメント!」

凄まじい光線が峡谷を焼き尽くし、眼下に広がっていたダークテリトリー軍が全滅しました。

アリスさん、強い…!!

ツイート

ダークテリトリー軍を消滅させた後、アリスの表情と瞳が揺らいでいたのが印象的でした。
慈悲を感じるというか、守るために戦っているのであって、殺したい訳じゃないんだよな(´・ω・`)
謎の球があんな超威力攻撃になるとは思わなかった!
ベルクーリといい、作戦会議と事前準備が功を奏してますね。
レンリッチのギャップも格好よかったな!
次回サブタイ「血と命」。しばらく血なまぐさい展開が続きそうです…!
今期の人気アニメ視聴一覧