【朗報】「かくしごと」2020年アニメ化決定!最新刊10巻は11月15日発売!

内容をカンタンに説明すると…

  • 2019年11月15日、久米田康治先生の漫画「かくしごと」がアニメ化決定しました!詳細は12月6日発売「月刊少年マガジン」1月号に掲載されます!
  • 「かくしごと」は、漫画家であることを知られたくない父とその娘の日常を描いたコメディ作品。
  • コミックス最新刊10巻が11月15日より発売!






「かくしごと」TVアニメ化決定!


アニメ化おめでとうございます!ヽ(*´∀`)ノ
放送楽しみに待ってます!

「かくしごと」アニメ化にファンの反応は


シャフト制作のPVはコミックス発売記念の物ですが、声優は後藤可久士役:神谷浩史さん、後藤姫役:安済知佳さんなどとても豪華な作りとなっています。今回のアニメ化で変更はあるのか?原作のどこまでやるのかなど、続報に注目です!





「かくしごと」ってどんな作品?

かつて、『きんたましまし』というちょっと下品なマンガがヒットしたこともあるベテランマンガ家後藤可久士は一人娘の(9歳)にぞっこん。父親が下品なマンガの作者だと知られると周囲からいじめられると心配し、姫にはマンガ家であることを隠し、目黒区の自宅からスーツ姿で出勤し、途中でシャツと短パンという仕事着に着替えて渋谷区の仕事場へと向かうのだった[6]

姫の友達が「姫ちゃんのパパのお仕事はなにをしているのか?」と聞いてきたり、姫のいる自宅に可久士の描いたマンガ絵のプリントされたTシャツを着た編集部の担当者が訪問してきたりと、可久士の隠し事がバレそうになり、娘への愛が募って可久士は暴走してしまう[6]。よき父親であろうと周囲の女性たちに協力を仰ぎ、習い事を始めたりするが、その度に騒動を巻き起こしたり、気があると勘違いされ、既成事実が出来上がっていく。

そんなこんなで、バレそうでバレない「かくしごと」を抱えながらも、後藤可久士と姫のドタバタしながらも幸せな日々は続いていく。(Wikipedia





最新刊10巻は11月15日より発売!


今巻の表紙も素敵ですね(*´∀`*)
最終巻が近づくのは残念ですが、この原作量なら最後までアニメ化してくれるのでは?と思ったり。

ツイート

久米田先生の作品がまたまたアニメ化!本当にすごいですΣ(´∀`;)
シャフトのPVが既に完成形だしスタッフ&キャストも変わらずだと嬉しいな。
「かくしごと」アニメ化を祝福する声と同じくくらい「絶望先生死期」を希望する声も多かったですね。
久米田作品がますます注目を浴びるのではないでしょうか!
アニメ放送前に原作を読んでみるのも良いかも!
今期の人気アニメ視聴一覧