【コップクラフト 4話 アニメ感想】マトバの元カノと今カノが意気投合!?マトバのティラナのコンビ、別れの日!

内容をカンタンに説明すると…

  • セマーニ人のクラブ経営者「デニス・エルバジ」を追って、ティラナは一人彼の元へ向かう。
  • デニス・エルバジと戦うことになったティラナだが剣を持っていないため拉致されてしまうことに。
  • 今回は…ゼラーダとの戦闘で重傷を負ったマトバ。ティラナの恩人の妖精レアーヤがその身を犠牲にする形で二人を救うことに。そして二人の別れの日が来た。

【コップクラフト 3話 アニメ感想】デニス・エルバジを探し出せ!ゼラーダを手助けする真の黒幕は!?ティラナのパンチラサービス回!?

2019.07.24






【コップクラフト 4話】IN THE AIR TONIGHT【アニメ感想】

死にかけるマトバ

「なんとまぁ無謀な努力を…悪いことは申しません。今すぐお逃げになったほうが御身のためですぞ?」

ゼラーダは攻撃してもすり抜ける…。

「あれは幻術だ!」

上から青い炎が。マトバの背中をかすめる。

(奴は…どこだ…見えない…。いや、目に頼るな…音だ。音に集中しろ…)

命中した!マトバすごすぎます…。

「…かような傷を負わされたのは100と3年ぶりになりますぞ。」

ビルの上から落下していくゼラーダ。これ多分生きてるんでしょうね。

「ゼラーダは倒した。だが、お前を癒す霊薬がない。すまぬ」
「逃げ…ろ…」

「もう…間に合わない。最期はこの子と一緒にいようと思う。感謝するがいい。お前のような野暮でガサツで嫌味な男と心中してやるのだからな」
「勘弁…してくれ…」

(約束どおり、私はちゃんと助けに来た。
子供の頃、森で迷って泣いていた私をお前は助け、導いてくれた。
あのとき約束したね。これからもずっと友達だと。だから来た。私はちゃんと…ここに来たよ)

ティラナとレアーヤはズッ友だったんですね。

「レアーヤ…いけない。ダメだ、やめて!」

レアーヤ爆発した???金色の野…じゃなくて金色の光に包まれるマトバとティラナ。

マトバが目を覚まします。

「癒しの技を使った。毒に侵されたお前を癒すには、霊薬が必要だった。高いラーテナを宿した霊薬が。

あの子の遺骸を霊薬にした。

精神爆弾の触媒は、生きた妖精だ。あの子にはそれがわかっていたらしい。私を助けるために、あの子は自ら…命を絶ったのだ」

賢くて優しい友人。結局ティラナの目的は果たせなかったか。





別れ、そして。

「ケイ・マトバ。世話になった」

「おっと、忘れ物があるぞ。
オニールから取り戻した。値打ち物なんだろ?観光案内には高すぎる」

母親の形見のブローチでしたっけ。マトバやるなぁ…。

「だが…!」
「いいから持ってけよ」

ティラナとても嬉しそう。

マトバ、いつもの景色を見ながらの帰宅。

「クロイー。帰ったぞー」

ソファでくつろぐティラナの姿

「なぜここにいる」

「気が変わった。
ゼラーダは生死不明だし、この街には悪党が山ほどいる。私にできることも、まだあるだろうと思った」

書類を見せられる。

「刑事扱いで、うちに勤務だと?」

「そういうわけで、当分ここに厄介になる。他に質問はあるか?相棒」

「相…棒…」

いい響きですね。

「明日も早ぇぞ。さっさと寝ろ」
「わかった。おやすみ、ケイ」

おやすみティラナ、とマトバが向こうの言葉で。

早速二人でお仕事開始なわけですが、ティラナちゃん犯人の銃と一緒に指も切り落としてしまうんです…。

「マトバ!エクセディリカ!来い!来るんだ!」
「あぁ…ジマー主任、何か…」

「マトバ。ギャングの腕をぶった切ったそうだな」
「俺じゃないですよ、こいつが…」

そこから下世話なアメリカンジョークっぽいものが主任からマシンガンのごとくぶっ放されます。

「腕ではない。指だ。それからジマー警部。私は宇宙人と呼ぶな。差別用語だ」
「へぇー?そうでございますかい!以後気をつけますだよ!」

「いやはやモーレツだな、ロスの後釜にあんなのが来るとは
「私は正義の行いをしたのに、なぜ怒鳴られるのだ」
「やりすぎってことだろ?」
「ケイが油断したからだ。お前のせいだぞ」

ギャースカなのかわちゃわちゃなのかイチャイチャなのか
随分仲良くなりましたね二人共。





古いミイラ?

「さっき逮捕した連中のガレージなんだけど…これセマーニ人の棺桶かしら」
「これは…ミイラか?」
「どこかの姫君のようにも見えるが」

検死のセシルのところへ。

「まだ断定はできないけど、セマーニ人の女性ね。
歯の数が違うのよ。地球人は32本だけど、セマーニ人は28本」

詳しいことを更に調査してほしいというマトバに対しセシルは。

「ケイ。あたし今朝からずーっと働きづめなのよ?」
「奇遇だなぁ。実は俺もなんだよ」
「いやな奴」

「私もそう思う」

ティラナ同意キター

「でしょう?あなたよくこっちに残って彼と組む気になったわね」
「いっときの気の迷いだ。今では深く後悔している」
「わかるわ。冷たくて皮肉屋でしょ?たまに優しくされるとクラっとくるのよ。騙されないように気をつけてね」
「よくわからんが、肝に銘じておこう」

「彼が死んだら、一緒に解剖しない?お腹を開いて記念撮影しましょ?」

セシルとティラナ意気投合!!アメリカンジョークきついっすわー

現場を後にしたマトバ達。

「少し心配だ。あのような遺骸はそうおいそれと触っていいものではない」
「病原菌なら心配ない。セシルもプロだ」
「違う。亡骸は亡者を呼び寄せるからだ。できれば触らぬほうがいい」
「そうもいかんだろう。証拠物件だ。どこかの貴族の所有物かもしれない」

ティラナの不安は…。

「悪党め!洗いざらい白状しろ!」

( ꒪ д꒪ ⊂彡☆))Д´) パーン

尋問暴力的すぎる(笑)

「遺骸を弄ぶ罪人が!どういう報いを受けるか知っているか!」

「あの棺桶は盗んだものなんです…カネになると聞いて…それを…」

「どこで盗んだ!言え!」
「ドゥラス・デリル…ドゥラス・デリルの墓地」

「セシルが…危ないかも」

ティラナの不安は確信に。

「チャップマン。チャップマン?」
「はーい」
「死体のCT撮影をお願いできる?」
「わかりました」

そう頼んだセシルの助手が戻ってきません。セシルが見に行くと…吸血鬼!?

血を吸われていました。駆けつけたティラナ。

戦闘開始なのですが

「古い言葉…?」

ティラナにもわからない言葉?

全裸の女との戦闘。剣を口で止めた。強い。

ツイート

もうバディ解消なんですk?まだ4話ですよ??って悲しくなってしまいましたが
もちろんそんなはずないですよね。
ナチュラルにくつろいでるティラナ可愛かったです。
まさかのおっさんの家で同棲出勤開始なんですか!
ドキドキ・ワクワクしますね。

ゼラーダも多分死んでないでしょうし、新たに強そうな吸血鬼も出てきたので
話もこれから盛り上がっていきそうですね。
今期の人気アニメ視聴一覧