【朗報】アニメ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」2020年放送決定!えりぴよ声優はファイルーズあいさん!

内容をカンタンに説明すると…

  • 2019年7月12日、平尾アウリ先生が「月刊COMICリュウ」で連載中の漫画『推しが武道館いってくれたら死ぬ』がアニメ化決定、2020年放送予定です!
  • えりぴよのティザービジュアル&PVも解禁!監督/山本裕介、シリーズ構成/赤尾でこ、キャラクターデザイン/下谷智之&米澤優、音楽/日向萌のスタッフが集結しました。アニメーション制作はエイトビットです。
  • 主人公えりこと「えりぴよ」の声優は、ファイルーズあいさんに決定しました!






アニメ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」2020年決定!


アニメ化おめでとうございます!ヽ(*´∀`)ノ
原作をまだ読んだことがないのですがPVの時点で面白そう!
放送楽しみにしてます!

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」あらすじ

岡山県を舞台にし、とある女性地下アイドルグループの活躍と、彼女らを応援するファン(アイドルオタク)たちの様子を描いたコメディ作品。

フリーターの女性・えりは、岡山県で活動している7人組の地下アイドルグループ「ChamJam」の人気最下位メンバー・舞菜の熱狂的ファンで、自他ともに認める舞菜トップオタ。そんなえりに対して舞菜も好意を抱いているのだが、押しが強すぎるえりと不器用な舞菜の間では上手く会話が成立せず、結果として塩対応だと勘違いされている状態が続いていた。お互いに想い合っているのにすれ違い続けるえりと舞菜の様子を軸に、ChamJamに加入する前かられおを応援していたくまさ、ファンになったのは最近ではあるものの空音に対して本気で恋をしている基など、様々なアイドルとファンの様子が描かれる。 (Wikipedia





「推しが武道館いってくれたら死ぬ」アニメ化にファンの反応は!?


原作ファンも大歓喜ですね!
既刊5巻までアニメ化される可能性も高い!?(´∀`)

アニメーション制作は「ヤマノススメ」「転生したらスライムだった件」などを手がけたエイトビットです。
本作のPVでも髪の動きや仕草等が滑らかな印象でした。作画も安定しており安心して見れそうですね!





主役・えりぴよの声優はファイルーズあいさんに決定!


私も「ダンベル何キロ持てる?」でファイルーズあいさんを知ったのですが、キャラクターの声帯を完全再現したようなお声と演技が素晴らしくて大好きです!また主役に起用されて嬉しいな~(*´∀`*)
えリぴよの絶叫も最高でした(笑)えりぴよがより魅力的なキャラになりそうですね!





原作コミックスは既刊5巻まで好評発売中!最新話も更新!


アニメが始まるまでに続刊も出そうですね。
予習・復習を兼ねて原作漫画を読んでみるのも良いかもしれません!

ツイート

推しを推し続けるいちオタクとしても、ぜひ見なければいけないアニメのような気がします!
原作のえりぴよをまだ見てませんが、声と動きが付いてさらにクセが強くなりそうですね(笑)
PVでは舞菜の声も聞けましたが声優さんのお名前はまだ発表されていません。その他キャラ含め続報を待ちましょう。
2020年冬アニメ枠か春アニメ枠になるのでは、と予想!
放送を楽しみにしてます!!ヽ(*´∀`)ノ
今期の人気アニメ視聴一覧