【進撃の巨人 Season3 59話 アニメ感想】舞台はウォール・マリア外へ!エレン・アルミン・ミカサ達調査兵団が見た外の世界!新たな敵!続きは2020年秋放送予定!

内容をカンタンに説明すると…

  • クルーガーが巨人化して次々とマーレの兵士達を殺していく。
  • クルーガーは自分の秘密を明かし、グリシャに自分の巨人を継ぐように言う。その巨人の名は…進撃の巨人
  • 今回は…壁の中の事実を民に公表することにしたヒストリア達。エレンはグリシャの記憶に苛まれていた。壁の外には敵がいる。壁の中の平和を確保した調査兵団はついに外へと調査を進めることになった。

【進撃の巨人 Season3 58話 アニメ感想】クルーガーからグリシャに継承されし進撃の巨人!エレンは厨ニ病だった!?

2019.06.24






【進撃の巨人 Season3 59話】壁の向こう側【アニメ感想】

公表しよう

「敵は世界…」
「しかしこのことを公表すれば壁は大混乱に陥りますぞ!」

「ならばまた民を騙すか?
レイス王がやったように何も知らない民をこの壁の中で飼おうというのか?ならば…我々には何の大義があってレイス王から王冠を奪ったのだ?」

ピクシス司令かっこいいですね。

「…公表しましょう。100年前レイス王が民から奪った記憶を100年後の民にお返しするだけです」

そして王女ヒストリアはキレイすぎる。

別の場所では記者とハンジさん達

「人類を脅かす人食い巨人の正体は人間であり我々と同じ祖先を持つ民族・ユミルの民だった。
我々の王は100年前にこの壁を築き巨人の力で民衆の記憶を改竄し壁の外の人類は滅亡したと思い込ませた
だが人類は滅んでなどおらず我々ユミルの民をこう呼んでいる。悪魔の民族と。
近い将来敵はこの土地の資源獲得を口実に侵攻を開始する。それが5年前から始まった超大型巨人らの襲撃であると。
もう記事は出た後ですが、一連の話の信憑性は?」

ハンジ「少なくとも我々がずっと抱いていた疑問とは辻褄が合ってる。そりゃ信じたくないですよ…そんな話」

「それで…街の反応は?」
「様々です。そのまま受け取る者、笑い飛ばす者、いまだ兵政権に異を唱え陰謀論を結びつけ吹聴する者。あなた方が危惧したとおりの混乱状態です」

リヴァイ「今度は調査兵団を担いで記事を書くといい」

調査兵団がの立場が上がってきましたね。

「私達はこれからどうなります?私達が巨人を恐れ憎みどうかこの世から消えてなくなれと願ったのと同じように世界中の人々が我々を人ではなく有害な化け物と見なした。その結果あの地獄が繰り返されるのだとしたら…我々が死滅するまで地獄は…終わらない…!」

逆の立場になったことを理解したとき悩みますよね。





流れ込む記憶

アルミン「君が…エルヴィン団長を生き返らせようと必死だったことは知ってる」

フロック「でもそれは俺だけじゃない…みんなだ。報告書を読んだ誰もがそう思った。何でエルヴィンじゃないんだって」

フロックは攻め立てます。そして周りの兵団モブメンバーも黙って聞いている。

「エレン…お前って腹の底じゃ何だって自分が一番正しいって思ってんだろ?
だから最後まで諦めなかった。聞き分けのねぇガキみてぇに」

ジャン「フロック…!これから死んだ仲間を弔おうって式の場なんだぜ?」

「何の勲章だ?誰を弔う?これから補充する調査兵団には本当のことを言えよ!?俺みてぇな腰抜けが間違って入ってこねぇようにな!
エルヴィン団長無しでこれからどうするつもりなんだよ!?そりゃ俺みてぇな雑魚、使い捨てるぐらいしか使い道もねぇだろうが。
そんな雑魚にだってなぁ、値踏みする権利くらいはあるだろう!?」

フロックみたいな立場のキャラも必要なのはわかります‥ごく一般側の意見なんですよね…。

エレン「俺にはわからないな…正しい選択なんて未来は誰にもわからないはずだ。だいたい…お前は見たのかよ?壁の外を。壁の外には何があるんだ?」

アルミン「…海」

「そうだ…海がある。でもまだ見てないだろ?俺達はまだ何も知らないんだよ!炎の水も氷の大地も砂の雪原も。可能性はいくらでも広がっている!
きっと壁の外には自由が…」

流れ込むグリシャの記憶

「オイガキ共。時間だ。並べ」

ヒストリアに謁見の順番待ち。

(地下室にあったものは何だ?希望…だったのか?それとも絶望か?
敵は果てしなく強大だった。このまま何も変わらなければまたあの惨状が繰り返される
何かを変えることができるなら自分の命ぐらいいくらでも捧げてやるのに。
俺にはヒストリアを犠牲にする覚悟がない…)

『壁の王よ!今すぐ壁に攻めて来た巨人を殺して下さい!妻や…子供達が!壁の民が食われてしまう前に!』

ヒストリアから流れ込む記憶。





あれから6年後

《トロスト区の巨大な槌から巨人を潰す音が聞こえなくなったのは雪の降り積もる頃だった。
積もった雪が溶け出す頃兵団はウォール・マリア内の巨人は掃討されたと発表した。
避難住民が故郷へ帰ることを許されたのはトロスト区襲撃から1年が経過する頃であった。
そして最初の超大型巨人襲来から6年。調査兵団はウォール・マリア外への壁外調査を開始した。》

砂漠も走る馬、強い…。

「お前の読みどおりだハンジ。ウォール・マリア内に入っていた巨人がほとんどだった。俺達は奴らを1年でほぼ淘汰しちまったらしい」
「そんじゃ予定どおり目的の場所を目指すぞ!」

エレン髪伸びた。皆少し大人っぽくなってますね。
アルミン嬉しそう。念願の外。

楽園送りの処刑場にたどり着いた面々。

エレン「間違いない。ここの場所でエルディア人は巨人にされた。
そしてあの先に…」

海!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

みんな驚愕顔の中、静かなエレンの顔。

「これ本当に全部塩水なの!?あっ!?何かいる!」
「おいハンジ。毒かもしれねぇから触るんじゃねぇ」

リヴァイは入らない(笑)

波にびっくりするミカサかわいい

「ほら…言っただろエレン。商人が一生かけても取り尽くせないほどの巨大な塩の湖があるって…
僕が言ったこと…間違ってなかっただろ?」

アルミンとても乙女顔

「ねぇ…エレンこれ見てよ!壁の向こうには…」

「海があって…海の向こうには自由がある。ずっとそう信じてた…
でも違った。海の向こうにいるのは…敵だ。何もかも親父の記憶で見たものと同じなんだ…」

エレンだけ違う世界を見ている

「なぁ?向こうにいる敵…全部殺せば俺達自由になれるのか?」

何かにとらわれているような闇の深さのエレン。

FinalSeasonは2020年秋放送予定!

ツイート

も、もうSeason3最終回!!今季はものすごく情報量が多かったですよね。
今までの謎が一気に解き明かされすぎました(汗)
まさかの自分たちが外から敵扱いされてたというのには衝撃でした。
立場がガラリと変わってしまいます。
ついに壁の外へ!でもエレンだけ楽しそうではなく海の向こう側を見てますね。
敵の数が多すぎるんですがエレンの自由はどうやったら満たされるんでしょうか…。
FinalSeasonもやってくれるということでありがとうございます!1年待ちます!
今期の人気アニメ視聴一覧