【朗報】『犬王』アニメ映画化、2021年公開決定!豪華クリエイターが集結!

内容をカンタンに説明すると…

  • 2019年6月12日、ミュージカルアニメーション映画『犬王』が2021年公開決定!
  • 原作は「平家物語」の現代訳を手がけた古川日出男先生による小説「平家物語 犬王の巻」。600年以上の歴史を誇る能楽を題材に、南北朝~室町期にかけて活躍したとされる能楽師・犬王の姿を描きます。
  • アニメーション制作はサイエンスSARU。監督/湯浅政明、脚本/野木亜紀子、キャラクター原案/松本大洋らトップクリエーターが集結しファンの期待が高まっています!






小説『平家物語 犬王の巻』長編アニメ映画化決定!!

ファン待望の映像化キタ――(゚∀゚)――!!
界隈ではかなり有名らしく、原作も高評価が相次いでいますね!

個人的にあまり馴染みのないジャンルなのですが(´Д`;)
だからこそ今回のアニメ映画化が楽しみです!!公開楽しみにしてます!

「犬王」ってどんな作品なの?

時は室町、京で世阿弥と人気を二分しながらも、歴史から消された能役者がいた。その名は犬王――窮極の美を求めた異貌の男の物語。(引用:本書より)





「犬王」アニメ映画化にファンの反応は!?

熱狂的なファンが「映像化はされないだろう」と口にするほどです。今回のアニメ映画化は願ってもない朗報ではないでしょうか!?
単なるアニメ化ではなく”ミュージカルアニメ”という表現に作りこまれているのだろうな…と思わざるを得ません( ̄∀ ̄)
原作が高評価だとアニメ化に不安の声も…と思っていたのですが、製作陣がされるや否や期待の声が続出している模様です!!





製作陣が豪華過ぎると話題に!

監督・湯浅政明さんの代表作といえば「ピンポン」「夜は短し歩けよ乙女」。アニメ化で話題になった「映像研には手を出すな!」も現在製作中です。

脚本・野木亜紀子さんはドラマ「逃げ恥」「アンナチュラル」等のヒット作を手がける脚本家。アニメーション映画は初挑戦とのことで、期待が高まります。

キャラデザの松本大洋さんに至っては、漫画家としての実力はもちろん、原作小説の装画を担当された事もあり実家のような安心感です!!

ツイート

原作の面白さは折り紙つきで、製作陣も実力派が勢ぞろい!失敗する要素が見当たりません。これは見るしかないでしょう!!(*´д`*)
能楽のアニメ化は珍しいですよね。現代だと馴染みが薄い気がします。私も直に触れたのは修学旅行での一度くらいかなぁ…( ̄▽ ̄;)
原作小説を読んで、アニメ映画と比較するのも楽しそう。
気になるのは声優ですね!本業の方をキャスティングする可能性も高そうだな、と思いました。
2021年の公開、楽しみにしてます!!
今期の人気アニメ視聴一覧