【文豪ストレイドッグス 34話 アニメ感想】乱歩の推理が失敗!?谷崎の危機!国木田の意思をも利用しフョードルは不敵に笑う!

内容をカンタンに説明すると…

  • 福沢諭吉が謎の仮面男に毒撃され、森鴎外がフョードルに刺された。一向に癒えないその傷は異能によるものだった。
  • 一方が死なないとその異能から開放されることはないという。武装探偵社VSポートマフィアの対立が不可避なものとなった。
  • 今回は…乱歩の提案により福沢と森を蝕むウイルスの異能力者を探すために国木田と敦が訪れた場所は既にフョードルの手がかかった場所であった。その事実に乱歩の計画が狂い谷崎の身が危険にさらされることに。

【文豪ストレイドッグス 33話 アニメ感想】福沢諭吉・森鴎外、謎の異能に狙われ命の期限が48時間に!フョードルが仕組んだ武装探偵社VSポートマフィア抗争!!

2019.06.02




【文豪ストレイドッグス 34話】共喰い(其の一)【アニメ感想】

谷崎が囮?

『ウイルスを作った異能力者を捕らえる?』
『そうだ。ポートマフィアと正面からかち合えば必ず死者が出る。それを避けるにはルールを変えるしかない。ウイルスの異能力者を見つけて殺すか太宰が触れれば全員助かる』
『でももしその異能力者が遠くに逃げてたら…』
『奴はまだ近くにいる。兵器としての毒には必ず解毒剤がいる。だから共喰い実行の時には必ず横浜に来ているはずだ。太宰が言うには黒幕はウイルス能力者のことを「ある犯罪者」と呼んだ。犯罪者は今はこの横浜から出られない。表の逃走経路は特務課が、裏はポートマフィアが抑えているからな。
特務科か軍警の異能力犯罪資料を取る。それだけあれば僕なら十分だ!』

乱歩さんの目が開いてる。

この提案をポートマフィアに伝えるため谷崎は一人異能を使い残っていたのですね。

国木田「ウイルス異能力者プシュキンの隠れ家だ」

(ここの空気…孤児院を思い出すな…)

どうにも目に光のない子どもたちがいっぱいいるな…。

「もし俺達が共喰いを止められなければポートマフィア説得に残った谷崎が消される」

消される…。

隠れ家エリアへの侵入に気づいたターゲット。

「弟共!追手が来た!足止めを頼む!」

「子供が短機関銃だと…だが…俺達は止まるわけにはいかん!

独歩吟客!
催涙弾!」

首に手榴弾をつけた女の子が…。兄さんを助けるとうわ言のように呟いています。

「よく聞け。君の兄さんは死なない。俺が殺させない。絶対にだ」

謎空間にいる桂とフョードルが映し出されてます。優雅にチェロを弾いているフョードル。

「桂さん。国木田という探偵社員への復讐のためあなたはかつて少女に爆弾を仕掛けた。
そして彼は身命を賭してその少女を助けた。そうですね?」

「それを知ってどうする…!あの人の理想は本物だ!あの人の魂は誰にも折れない!」

この国木田の精神が利用されてしまいます。

その少女は国木田が手帳を出したら手榴弾の引き金を引くように教えこんでいたのです。

「兄さんを…兄さんを助ける…」

爆発をとめられなかった国木田。

フョードル、子供までも手札に使う…(怒)





情報が操作されていることによる危機

「もう終わりだ!観念しろ!」

敦が異能力者を取り押さえました。

「親切な奴が教えてくれたぞ!あのひき逃げ事件の目撃者を消してる連中がいると!」

「ひき逃げ事件?」

「半年前に起きたあのひき逃げ事件だ!」

「何の話だ!そんなことよりお前の異能力を止めてもらう!」

「異能力…?それこそ何の話だ…?」

敦と異能力者と思しきものの話が全く噛み合わない。

「痩身のロシア人…?」

「その親切なロシア人が言ってた。刺客にこれを見せれば命だけは助かると」

その写真は目の前の人物とは別人であった。

「これは…軍警の異能力者の資料…この人と違う…」

乱歩曰く

「確かに本物に見えるけどこの資料もダミーだろうな」

完全に踊らされてるんですね。

「じゃあ敵は乱歩さんの推理すら利用してるんですか!?」

「そういえば…その親切なロシア人からの伝言を預かってる。ただ一言こう伝えろと」

『ルールの変更はできません』

フョードル、先読みが過ぎます。

「これで…ポートマフィアとの交渉材料は消えた。

谷崎が危ない」

そもそもの情報が操作されてる事実。





細雪の実力

「約束の刻限だ。探偵諸君はウイルス使いを取り損ねたようだな…
貴君には間諜になってもらう…貴君には妹がいたな」

あ、それ禁句ですね。

「ナオミに手を出せば全員…殺すぞ!」

袖から紙を取り出した谷崎。

「独歩吟客!」
「畳み刀!」

離れての国木田と谷崎の連携、かっこいい!!

「これが幻像の異能…細雪!」

(幻像の能力者…これほどとは。厄介に過ぎる。何より奴の異能は恐ろしく暗殺に向いている…)

マフィアよりマフィア向きの能力でした。その場から消えた谷崎。

「奴の狙いはポートマフィアとの交渉ではなかったようだな。奴の狙いは…ボスの暗殺だ」

「戦いを終わらせるには…これしかない!」

谷崎が森に向かい刃物を振り下ろす。

場面は変わって…。

「あら?目覚めた?すごい熱なんだから動いちゃ駄目よ」

ルーシーの空間に居る福沢。

「ポートマフィアと戦ってはならぬ!私の命より…街の均衡と平穏を…守れ…!」

 

谷崎はというと…紅葉に攻撃を受けていました。

そりゃそうですよね…。森がただの丸腰で横たわってるわけもなく

「許せ童。その男が死ねばわっちが居ぬ昔のポートマフィアに逆戻りするでのぅ」

金色夜叉が空間を埋め尽くします。谷崎もう逃げ場がありません。

その時現れたのは

「鏡花ちゃん!」

スタンドバトルの様相。そして鏡花と谷崎はビルを突き破って脱出。

脱出した二人を射撃しようとする部下に対し

「やめよ!鏡花に当たるではないか…」

紅葉への鏡花への想いは特別のものですね…。

無事に帰還。ちゃんと逃げ道も作ってたのすごいですね。谷崎もう駄目かと思いながら見てました。

「すみません…乱歩さん…失敗しました…」

「まぁいいさ。ポートマフィアの様子は?」

「どうやらボスを地下避難室に移動させてるみたいです」

「あそこには忍び込めない…」

「正面から強行突破するしかないな」

「でも乱歩さん…さっき来た連絡では社長はポートマフィアとは戦うなと…」

ルーシーから敦へちゃんと伝達言ってました。

 

最後はチェロがぶっ壊れ、不敵に笑うフョードルのカット。

CVも相まって黒幕感がすごいです。

ツイート

共喰い編はなんパートまでいくのでしょうか。結構長くなりそうですよね。
フョードルが乱歩をも嘲るほどの策士で怖すぎます。
囚われの桂さんどうなってしまうんです?
谷崎の能力のすごさを見せつけられた回でした。強い…。
遠隔独歩吟客発動もかっこよかったですね。
異能バトル描写、迫力あって圧倒されます。
今期の人気アニメ視聴一覧