【朗報】漫画「リアル」4年半ぶり連載再開!最新85話にファン大歓喜!井上雄彦先生による車いすバスケ漫画!

内容をカンタンに説明すると…

  • 2019年5月23日、「ヤングジャンプ」25号にて井上雄彦先生の『リアル』が約4年半ぶりに連載再開しました!
  • 漫画『リアル』は、障害に向き合う人々の姿を車椅子バスケを通して描く人間ドラマです。
  • 同作者による『バガボンド』連載再開を待ち望む声も!




ヤングジャンプ5月23日発売号にて「リアル」連載再開!

連載再開キタ――(゚∀゚)――!!ファン大歓喜ですね!
デジタルでも楽しみたいと思います!( ^ω^)ワクワク

 「リアル」連載再開にファンの反応は!?

2014年11月から休載が続いており、突然の連載再開にファンは驚きを隠せない様子!

「内容を忘れた」という声も多かったですね( ̄▽ ̄;)
この機会に最初から読み直すとしよう!





「リアル」ってどんな作品なの?

リアル』は、井上雄彦による日本青年漫画。『週刊ヤングジャンプ』で1999年48号から不定期連載(14巻頃では、ほぼ2か月に1回のペース)。2014年11月で休載が続いてたが、2019年25号から連載再開される。

障害車いすバスケットボールに関して、障害の受容やスタミナ体験の描写をリアリティを持って描かれている。

元々はピアニストであり短距離走の有力選手であったが骨肉腫により右脚を切断、その後車イスバスケと出会い、様々な挫折や困難と闘っていく戸川清春
バイク事故による長期欠席が原因で高校を中退してしまい、小学校から打ち込んでいたバスケットをする場所だけでなく生き方も見失っていたが、戸川との出会いをきっかけに新たな自分の道を見つけようとする野宮朋美
自尊心の強い性格であったためにバスケット部のチームメイトであった野宮とは衝突を繰り返していたが、交通事故により下半身不随になるという受け入れがたい事実を乗り越える過程で様々な人々との出会って少しずつ自分を変え、新たに車イスバスケに自分の活路を見出そうとする高橋久信

以上の三名を中心に、現実に起こる困難と闘っていく描写に焦点が当てられる。(Wikipedia





「バガボンド」連載再開を待ち望む声も!!

2015年2月から休載が続く「バガボンド」。
「リアル」は4年半ぶりに連載再開しましたが、そちらに本腰を入れるとなると「バガボンド」はどうなるのか…( ̄▽ ̄;)

気長に待ってます!

ツイート

連載再開おめでとうございます!ファン待望の最新話です!
井上先生の公式ブログコメントも更新されました。
「今は既に次の準備に入っています」は、「続き」と思っていいのでしょうか!楽しみにしております!
タイトルは聞いてたのですが未読だったので、この機会に読みたくなりましたね。
来年にはパラリンピックオリンピックも控えてますし、ますます注目されそうな作品です!最新話含め要チェック!
今期の人気アニメ視聴一覧