【robihachi 6話 アニメ感想】ハママⅡでロビーとハッチは大ウナギ祭を満喫!ハママ星人は全員男!?ヤンついに追いついた!

内容をカンタンに説明すると…

  • 通行手形がなくハッコーネに滞在するロビーとハッチ。温泉街を堪能することに。女に目がないロビーと女から引っ張りだこのハッチ。
  • 手形を手に入れるために訪れた場所で見たものは…ピンクのモフモフのウォンさんだった。
  • 今回は…今回の寄り道宿場はギャラクシー街道29番プラネット、ハママⅡ。ウナギで有名なようだが…。大ウナギ祭に参加するロビーとハッチ。ヤン達一行がハママⅡに降り立っていた…。

【robihachi 5話 アニメ感想】ラブパワー!ハッコーネには裏ボスのピンクのウォンバットがいる!?

2019.05.07




【robihachi 6話】寝耳にウナギ【アニメ感想】

ハママⅡのウナギ

「ギャラクシー街道29番プラネット、ハママⅡだ!」

今回の宿場。

「名物名産は鰻ってあるけどウナギって美味いの?」
「あー、お前の世代だとそうなっちまうか。宇宙人との通商条約結びそこなってトッチャイナ星人に乱獲されてから地球じゃウナギ獲れなくなっちまったからな」

この二人の年齢差どれくらいでしたっけ…。

「確かに俺たちはウナギのタレご飯とタレアジふりかけごはん」
「あれはあれで美味いんだが。可哀想に。本物の鰻の蒲焼きを食ったことがないなんて。
お、ラッキー!ハママⅡはちょうど今日から大ウナギ祭だって!」

降り立ったその先は…。

「大もウナギも祭もどこにもねぇじゃん!」

牛しかおらんが…。

「祭りの始まりだ!」
「イール!イール!イール!」

「土用の丑の日ってのを勘違いしてんじゃねぇのか?」

牛がうなぎの餌でした。

「デカすぎだ!牛を丸呑みしてるぞ!」

「あははは!巨大ウナギに追いかけられるなんてそうそう体験できないね!」

「メカも宇宙船もあるってのになんであんな命懸けをやるんだろう?」
「あれだな。どんなに文明が進んでも昔からの伝統は守り続けるってやつだ」

「お兄さんたち!観光客なのに大ウナギ祭に最初から参加するなんて勇気あるじゃん!」

可愛い幼女さんが登場。





ヤンさんついにおなじ星に到着

大ウナギ祭は大ウナギの祭。

「私ウナミ!オジサンたち早速 大ウナギ祭の衣装に着替えたらいいよ!」

ガイド役をしている幼女。

「ヤンさん ハママⅡっす!」

ヤンさん追いつきました。ついに…。

「大ウナギ祭か…ロビーを捕まえる前に精をつけとくのも悪くないな」

なんで…?

「ハママウナギの蒲焼き!」

これはでかい。そしていつのまにかロビーもハッチもブーメランパンツに。

「おう 地球並みに美味いぞ。下手な地球産以上だ」

ああ…(なんとなくわかります)

「これから西アリーナで`ウナギに触れよう`があるよ」

「触れたくない」

「さすがに俺も遠慮しとくよ」

「稚魚だから掴めるよ!賞金だって出るし!」

「賞金だと!?」

「出ろ!出て賞金稼いで来やがれ!この穀潰しども!」

イック、わかりますその怒り。

稚魚でかい…。さすがに失敗すると食われかねないのでやめたようです。

「ヤンさーん!ウナギの骨ボーン買ってきたっす!」

ヤンさんギンギンになっていってます。

「精力つけるぞコノヤロー」

「ヤンさん あっちでウナギのキモい肝売ってるっす」

ウナギ神輿が横切っていきます。

ロビーとハッチも担いでいたのですが奥の方に居たためヤンの眼の前を通り過ぎても気づかれませんでした。

「祭りって楽しい!」

二人共いい顔してます。

「明日はウナギロデオレースがあるよ」
「テメェら出ろ!そして勝て!」





ヤンさん迫る

「お部屋は並・上・特上とありますがどれにしましょう?」

部屋の分け方までうなぎの…。

「夕食はメインダイニングでウナギ尽くしのビュッフェだって!」

イックはハッチと一緒の部屋に。

「白焼き、肝吸い、ウナギグラタン、ウナギステーキ、ウナギカレー、うなぎパイ!」

あの外国で不味いと噂のうなぎゼリーまでありました。

「俺はシンプルにうな重だ」

なんという飯テロ…。

「これより大ホールでウナギ祭ダンスショーを行います」

「ダンスショー!?この星に来て初めてのハママ美女!」

実際は…

「なんで男ばっかり…」

ムッキムッキばっかのダンスショー!ひしめく筋肉!

疲れてロビーは部屋に戻ると。ハッチはまだまだ遊ぶ様子。

「電気ウナギ風呂って気になるんだ。
あはははっ!痺れる痺れる!電気ウナギ風呂最高!痛いけど最高!」
「お前本当異常な体験好きだな。マゾか?」

イックのツッコミ好きです。

ヤンさんがなんかのモンスターみたいになっていってます。精力マシーンに。

「おい そろそろ寝たらどうだ?明日は賞金稼ぎだぞ」

ハッチを眠らせようとするイック。すると物音が…。近づいてきます。

ハッスル状態(?)のヤンさんでした。

血管ブチギレ(物理)で正気に戻ったヤンは帰っていきました。

「今の何…?オ、オバケだ…!幽霊だ!
ウナギに食われたハママ星人の幽霊だよきっと!」

「ドライな奴だと思っていたが幽霊を怖がるとはな」
「科学では説明できない事象って謎過ぎて怖いだろ」

「あぁそういうタイプか。よーしよーし」

おばけを怖がるハッチによしよししてあげるイック、どちらもかわいいですね。





レース対決だ!

「優勝したら王様から直に表彰だよ。ヒーローだよ」

そしてついに…

「見つけたぞ!ロビー!」

見つかったーーー!!

「…お前ヤン。なんでここに!?」
「銀河系の外まで追って来たっていうの!?」

「借金を返しやがれ!ロビー!店のツケも溜まったままだぞ。溜まってるんだ!
ツケ払え!ツケ!借金の利子もあるんだぞ!利子払え利子!」

「全部地球に戻ったらってことで…」

意味深な言い回しをバンバン繰り出すヤン。

「走れ…じゃねぇ這え!逃げろ!」

ヤン、完全にロビーのケツを狙ってますね…

《ここで集団から2頭が飛び出してきた!2頭並んで先頭に立った!後続をぐんぐん引き離し、ぐんぐん引き離すー!》

「利子!ツケ!ケツ!尻!」

「回文か!」

利子とツケが尻とケツになるのマジで感心します。

で、ヤンさん優勝しました。

「2着の賞金貰ってきた。ウナミ、これチップな」
「こんなにいいの?ありがとう!父ちゃんも喜ぶよ!」
「父ちゃんウナギに呑まれたって…」
「うん。呑まれたけどウナギの腹を破って逆にウナギを仕留めたんだよ」

心配いらないほど強いじゃねーか!たくましい親子ですね。

「ヒーローになってモテたかったな。そういえばウナミ以外のハママ女子まったく見なかったな」
「何言ってんの?私も男だよ?」
「えっ!?」
「ハママ星人は男しかいないから!」

子孫繁栄どうやってるんです?

再び宇宙船に乗り込んだ

「ヤンさんがハママⅡまで借金の取り立てに来るなんて思いもよらなかったね」
「ロビーの借金は2000万モンだろ?効率悪くねぇか?アイツ何か言ってたか?」

『ケツ!尻ー!』

青ざめるしか無いロビー。

「とにかく次の宿場星へ逃げるぞ!スペースランナウェイ!」

その頃ヤン達は…三人バレーを。あれこれ監督の別作品で見た覚えが…。

「ロビーのやつに逃げられちまいましたね」
「いいんっすか?すぐに追いかけなくて」
「追いかけるさ。だがちょっと気持ちがな…」

ヤンさん何かに気がついた。もしかして…恋

ツイート

今回はしずおかはままつです?うなぎです?
観光アニメとして見て良いのでしょうか(笑)
地球のうなぎが取れなくなる。リアル…。
ヤンさんとついに出会ってしまいました。
これ最終回まですれ違うのかと思ってましたよ。
ヤンさんやっぱロビーに恋心抱いてますよね?

個人的にはイックとハッチのやりとりが好きな回でした。
今期の人気アニメ視聴一覧