【B-PROJECT~絶頂*エモーション~ 2話 アニメ感想】THRIVEとKiLLER KiNGの合同ライブ決定!Wセンターの一人、殿弥勒のピンチ!?金城剛士のツンデレ発揮!

内容をカンタンに説明すると…

  • JAPANドームライブを無事に終えたBプロは各自の仕事を忙しくこなしていた。その10人の仕事のマネージャーをこなす澄空つばさもまた多忙で飛び回っていた。
  • そんな中、ダイコク・プロダクション社長の大黒篤志からかかってきた電話の内容につばさは驚愕する。キラキンも交えて14人でBプロジェクトとなることをメンバーに伝える。
  • 今回は…THRIVEとKiLLER KiNGの合同ライブが決定し、Wセンターは愛染 健十と殿 弥勒に決定した。合同練習で殿はセンターを外されてしまう。振りが完璧なのに外された理由がわからず苦悩する殿とキラキンメンバー。

【B-PROJECT~絶頂*エモーション~ 1話 アニメ感想】KiLLER KiNGを加えて14人編成に!つばさちゃんの仕事量多すぎ!夜叉丸さんどこいった!?

2019.01.12
BD/B-PROJECT〜絶頂*エモーション〜 1(Blu-ray) (Blu-ray+CD) (完全生産限定版)/TVアニメ/ANZX-14281 [3/27発売]






【B-PROJECT~絶頂*エモーション~ 2話】DIE HARD 【アニメ感想】

ドキドキしますね

(忘れ物なし、時間も約束の5分前、失礼はないはず)

つばさ、KiLLER KiNGとの初の打ち合わせです。「「THRIVEとの合同ライブ???」」

「はい、キラキンのBプロ加入をファンにお披露目するためにコラボユニットを結成するという
大黒社長の提案です。」

「THRIVEは同じブレイブ・エンタテインメントだもんね」
「コラボライブってことはもしかして…」

「もちろん新曲もあります」

「THRIVEのクールさとキラキンのフレッシュさを活かした最高の曲になりそうです!」

「先輩も後輩も関係ない、俺達は俺たちのパフォーマンスをするだけだ」
「でたー、殿の完璧主義」
「子供の頃から変わんないよね弥勒。学校でも道場でもいっつも一番。でも、誰よりも努力してるもんな」
「変わらないのはお互い様だろ。明謙は子供の頃から小さくてかわいい…」
「小さいは余計…」
「かわいいはいいの?」
「可愛いは正義だからね」

「みなさん息ぴったりですね」

メンバーは仲がよいし、つばさとの第一印象も問題なさそうですね。

事務所に戻ったつばさ。

「夜叉丸さんの机どうすっかな~」

「荷物全部おいてってるもんな~。そろそろなんとかしないと。」

事務所の人の会話を聞きながら片付けしているとBプロと夜叉丸さんの写真が入った写真立てを落としてしまったつばさ。枠が外れて何かが出てきました。中に別の写真が入っていたのです。
夜叉丸と同じ色の目をした女の子と並んだ写真が…。

(誰だろう…)





練習開始!

「合同ライブではダブルセンターで行くことになりました
THRIVEからは愛染さん。KiLLER KiNGからは殿さんです。」

そして2回目の合同練習風景。

(殿さん、全然間違えない。完全に振りを覚えてるんだ。
でもなんでだろう愛染さんばかりに目が行っちゃう)

ディレクションの方がはいってきました

「はい、ストップ。皆さんもっと周りをみてください。自分の振りだけに集中しないように
殿くん、センターをチェンジしてもらいます。代わりは遙日くんにお願いします」

え…。

「理由を聞かせてください」
「演出の都合です」

金城の横を通り過ぎようとする時にちくりと彼が一言。

「おまえ…なんでセンター外されたかわかってんのか」

「演出の都合ですよね?振りは完璧にはいっています」
「完璧だったら外されねーよ」

野外で練習する殿。
イライラしてるのかボールを拾いに来た子どもたちにも怖い表情。

「もう一度俺の振りを見てもらえませんか。俺は今回のセンターを完璧にこなせます」

でも結果は…。

「何も変わっていませんね。あなたはなんのために踊っているのですか?」

悩み続ける殿。THRIVEのメンバーが通りかかる。キラキンの他メンバーが問いかけます。

「あの本当にどうして殿はセンターをおろされたのでしょうか。殿のダンスの何が悪かったのか。僕にはわからなくて」
「もうひとりのセンターはしょっちゅうぽかしてるけどな」
「わかってないなぁ剛士、それも含めてパフォーマンスだろ?魅せ方にコツがあるんだよ」

「魅せ方ってなんですか?」

殿が入ってきました。

「三ツ星フレンチのフルコースより心のこもった下手くそなオムレツのほうが美味しいってこともある」

通りかかった通行人にウインクして見せる愛染

「あーいうとこなんじゃないか」

剛士が言います。それにしても確信的なことは教えてあげないんですよね。
後日剛士を追いかける殿。どっちも基礎トレ積んでるからか早い(笑)

「金城さん教えてください、お願いします。どうして俺、降ろされたんですか。
こんなの俺が俺を許せないんです」

「愛染はダンスとちるよな。けどな人に見られてるってことは誰よりも意識してる。
まぁあいつだけじゃねーけどな」

「俺以外ってことですか」

「さぁな、もう十分だろ。あとは自分で考えろ」

(人の心を惹きつけるように…)





答えを探し始める殿

『あなたは何のために踊っているのですか?』

(グループのため、Bプロのため)

練習を続ける遙日。

「なんだか上手く言えないんだけど俺が殿にセンターポジション返しても何の解決にもならない。
俺が本気でセンター踊るしかないんだ。俺の考え、あってる?」
「うん、良いと思う」

遙日が踊る横に殿がやってきた。笑顔を増やしてる
ウインクに自分で照れてる様子。

(ダメだ、急にけんとさんみたいにはできない)

再び公園へ。

「殿さん」

つばさが公園にやってきました。

「THRIVEも殿さんに影響されて練習漬けなんです」

「でも俺はどうしたら目を惹くパフォーマンスができるのか」
「確かに魅力的ですよね愛染さんのダンス。ついつい目で追っちゃいます」

子どもたちにアメを渡そうともってきていた殿、最初につばさが2人に私、残りの一つを
殿から渡す流れにもっていきます。

子供は怖がっています。
なんとか優しい笑みをつくると…受け取ってくれました。

「弥勒、おなかすいてるでしょ?」

でっかいおにぎりは昔から道場で明謙と二人で食べていた様子。

「変わらない味だ」

「やっぱりセンターは殿がやるべきだと思う。ここまで頑張ってるの見ると
応援するしかないじゃん」

「もう一度だけチャンスをください」
「あなたのもう一度は何度あるんですか」

「「「おねがいします」」」

メンバー全員でお願いを。

殿くん、あの後子供が見てる中で練習してたりしたんですね。

「殿ちゃんとけんけんのダンスシンクロしてる!」
「愛染さんの反応に殿がダンスで答えてるんだね」

自然なウインク。再びセンターに戻れたのでした。

新曲素敵。CGすごい…。

合同ライブ大成功です!

ツイート

メンバーの仲が良さそうでいいですねキラキン。
殿くん、ストイックなのや完璧主義は全然悪いことじゃないんですよね
でもアイドルはそれだけでは足りない。外に向けていくなにかを探るために
小さな子どもたちと接したことは良かったと思います。
でも今の子供達は…飴は受け取ってくれないかも…なんて思ってしまってました(笑)
ライブ場面よかったですね!CGきれいでぬるぬる動いてました。
殿くんの自然な笑顔、なんだかこっちが照れてしまいました。素敵です。
今期の人気アニメ視聴一覧