【2018年秋アニメ】実際に視聴した2018年秋アニメ14作品、オススメ感想紹介!

内容をカンタンに説明すると…

  • 2018年秋アニメも残すところあと一ヶ月切りました!今回は4クールの始まりも多いですね
  • 後半戦に差し掛かった2018年秋アニメ作品、ここまで実際に視聴してどういった感じだったか!?という感想をご紹介!
  • アニメ感想でも記事を上げている14作品をピックアップ!させていただきます。ご参考までに!






2018年秋アニメ 視聴一覧(順不同)

抱かれたい男1位に脅されています。
ガイコツ書店員 本田さん
ソードアート・オンライン(3期)アリシゼーション
ゴブリンスレイヤー
転生したらスライムだった件
ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。
からくりサーカス 
やがて君になる 
宇宙戦艦ティラミスⅡ
東京喰種トーキョーグール:re
イングレス
学園BASARA
ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風
とある魔術の禁書目録III

 

抱かれたい男1位に脅されています。

「抱かれたい男1位」に5年連続で輝いたベテラン俳優・西條高人と、その座をブン捕った新人俳優・東谷准太が繰り広げるBLアニメです。

濃厚なベッドシーンが多く、耐性が無いと楽しむのは難しいかもしれません。
しかし、普段BLを見ない私がハマってしまいました。

西條と東谷の掛け合いは、声優さんの演技が光って笑いを誘います。ギャグアニメとしても秀逸です。

当初は東谷に敵対心を抱いていた西條ですが、「抱かせてください」のひとことに始まる流れで篭絡され、あられもない姿を晒すようになっていきます…!

だかいち(※抱かれたい男1位)ツートップがとにかく美男で、毎話目の保養になるのもポイント高い!

普段はクールで知的な西條がデレるシーンや、西條にしか見せない肉食的な東谷の言葉責めにはドキドキしてしまいますね!
スイッチのON/OFが激しくてギャップ萌えです。

はちみつプレイ、痴漢プレイ、学生&教師プレイ、NTR(未遂)…など強烈な展開の連続!
それとなく朝チュンしますが、原作漫画ではガッツリ描かれているそうな。あれ以上過激になったら死んじゃう(笑)

5話では火付け役の綾木が登場。さらに6話でスクープを狙う雑誌記者に標的にされてしまい、2人の関係がバレるのでは!?という緊張感が高まってきました!

妨害が入ると愛が燃え上がるのはお約束ですよね…!

後半さらに盛り上がること間違いなし!
BLアニメ好きは要チェックですよ!

 

 





ガイコツ書店員 本田さん

今期一番興味があったタイトルです。作者の実体験を元にというのが大好きなものでワクワクしながら見ています。

個人的に規模の小さい書店バイトをしてたこともあり裏方はこうなってたのかと勉強になります。とりあえず主人公(本田先生ですね)なんでガイコツにしようとしたんでしょうか(笑)

本田店員が本に対して愛に溢れていると言うかこれ接客の鑑と言いますか。とてもいい店員さんだなと感動してました。

個性豊かな店員さん達(顔が人の顔ではない)がいろいろツボに入ります。この顔決めの由来も知りたいですね。

他出版社の営業さんや流通課の方、取次さんという方々の登場に本が書店に並ぶまでいろいろあるんだなぁと感心しきりです。

本屋に行った時、紙袋持ってるスーツ姿の人を見ると出版社の営業さんかどうかこれから気にしてしまいそうです(笑)

ピー音が入ってますが毎回いろんな聞き慣れたタイトルが次々と出てきたりします。

ここもニヤニヤするポイントですね。本田(CV:斉藤壮馬)さんのイケボとそのイケボで歌われるOP、高野寛 さんのEDで癒やされましょう。





ソードアート・オンライン(3期)アリシゼーション

待望のTVシリーズ3期がスタートしました!
4クールで描かれる大長編、ということにまず驚き!初回1時間枠で放送するなど気合の入れ方が違います。

ストーリー、テンポ、世界観、キャラクター、6話現時点でどれをとっても欠点が無いです!
作画も今期1、2位を争うほど高クオリティで、劇場版を見ているような気分になります。

新型フルダイブ機STLの登場。ついに明かされる菊岡の目的と、《アリシゼーション計画》の壮大な全貌。
今まで布石はこのためにあったのか!と正直鳥肌が立ちました。

システムから逸脱したAI・アリスはもちろん、初の男子メインキャラとなるユージオの成長にも注目です。
キリトが同年代の男の子と親交を深めていく姿は新鮮ですね。

新たな黒剣やソードスキルの力はまだ未知数だし、今後の展開が気になります。
SAO名物・チーターキリトを見るのが今から楽しみです(笑)

キリトの窮地に動くアスナの活躍と本妻っぷりも見所の一つ。
今までアスナが苦手だったのですが、3期に入って好きになりました。
しかし、それと同じくらい本章ヒロインのアリスが可愛くて!茅野ボイスの破壊力すごいです!

茅場やその恋人・神代も登場し、今までのシリーズの総まとめのような雰囲気もあります。
新展開を見せる仮想世界と現実世界の物語から目が離せません!





ゴブリンスレイヤー

中世王道ファンタジーの世界でゴブリンだけを専門に狩る上級冒険者「ゴブリンスレイヤー」の活躍を描いた作品。
派手さはないけど、ジワジワとした面白さがありますね。
1話から惨殺・恥辱がありのままに描かれ、目を背けたくなるほどでした。これを規制無しで放送したのは驚きです!

主人公のゴブリンスレイヤーはいつも全身鎧を装着し、寡黙な性格のためか人付き合いも薄い一匹狼。
ミステリアスな主人公像はとても魅力的です。

ゴブリン退治の専門家だけど圧倒的強者ではない所もミソですね。
敵の一撃で倒れたり、体格もごく普通の青年(鎧を装着しても屈強には見えない)ですが、知識・技術・経験・戦略を駆使して殺戮を繰り広げます。ワンパターンではないので、見てて飽きません。

キレのある戦闘シーンは、ゴブリンスレイヤーの復讐心をより際立たせます。

最初に仲間になった女神官が素直な良い子で、とっても可愛い!
エルフ、ドワーフ、リザードマンなどの愉快な仲間も増えて、ギャグ面でも面白さを増します。

王都では復活した魔神王の軍勢との戦いが活発になっていますが、いずれ参戦することになるのでしょうか…?

ゴブリンを殺すことに人生を賭けるゴブリンスレイヤーの生き様は必見です。

転生したらスライムだった件

「家のパソコン…ハードディスクの中身っ…風呂に沈めて…完全に消去してくれ…!」

そんな残念すぎる遺言を残して無念の死を遂げた会社員・三上悟が、スライム・リムルに転生して異世界生活を始める作品。

主人公がスライムって新鮮ですよね。まずそこで興味を惹かれました。
敵の能力を奪ったり、擬態したりなんてのは朝飯前!
弱小モンスターの概念が変わります!こんなチートスライム見たことない(笑)

異世界で最初に出会ったのは、暴風竜ヴェルドラでした。

「スライムの分際で暴風竜と恐れられるこの我と友達だと!?」~5秒後~ 「ばっ、バカァ!誰も嫌だと言っておらぬだろうが!!///」

通り名に勝るとも劣らない厳ついイケボ竜なのですが、ツンデレ属性で妙に可愛い(笑)
6話の時点でも無限牢獄に囚われたままですが、いつか突破して外の世界でリムル達とわちゃわちゃする光景が見たいですね。

前半はほぼ人外がメインなのでヒト成分が恋しくなってきます。
OP・EDに登場する人型リムルと人間フォルム竜を早く見たいです(笑)

7話時点で未登場の国もたくさんあり、50年前の日本から召喚された少女・シズが登場するなど、今後の世界観の広がりを予感させます。
後半の盛り上がりに期待です!

ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。

魔界・パンデモニウムで仕事に励む、主従悪魔たちの恋模様を描いたラブコメディ。
少女漫画の雰囲気が強めの作品です。

ベルゼブブ、というと男性的なイメージが強いですが、本作のベルゼブブはとっても可愛い女の子!モフモフをこよなく愛する癒し系なのです。

職務の合間に訪れる、モフりタイムと甘いお菓子。そしてご満悦のベルゼブブ…。
見ているだけで癒さる光景ですね。

そんな彼女が初めて恋した近侍・ミュリンは、THE草食系男子。
外見はイケてる!!とまではいかないけど、とても気が利く優しい青年です。

とても仲良しな2人。実は相思相愛なのですが、お互いに「恋」を自覚しておらず、ちょっとずつしか距離が縮まりません。
ドキドキしたり、ひとり舞い上がったり、嫉妬したり、落ち込んだり。でもそれが何故なのか分からない…。そんなもどかしくてピュアな恋愛模様が、たまらなく素敵なのです!

乙女趣味を持つダンディなアザゼル、頻尿ガール・ベルフェゴール、ナルシスト美形・アスタロト、ドS近侍・サルガタナス、ショタをこよなく愛するメガネ美女・エウリノームなど、いい意味でクセの強いキャラもたくさん登場!

ゆるふわだけがウリな作品か思いきや、変態キャラによる変態的ギャグの切れ味も鋭くて毎回爆笑です。

悪魔たちの恋は実るのか?ベルゼブブ&ミュリンコンビに至ってはいつ自覚するのか!?
個性的な悪魔たちが繰り広げられる胸キュンなラブコメから目が離せません!

からくりサーカス

原作は「うしおととら」で有名な藤田和日郎先生の少年漫画。

莫大な遺産を相続して親戚から命を狙われる少年・才賀勝と、彼を守る拳法家の青年・鳴海、そして人形遣いの少女しろがねが、謎多きからくり人形の戦いに巻き込まれていきます。

林原めぐみさん演じるしろがねはとても魅力的なヒロインですね。

肉弾戦は迫力がある一方で、人形の戦闘シーンは華麗かつ繊細。その美さに魅了されます。

少し前の作品なので、ノリが古風かな、と感じる所もありますが、少年の成長劇、悪との対立、敵だったキャラが味方に、などのアツい王道展開が目白押しで燃えますね!

個人的に衝撃だったのは、勝の父が遺したファイルの内容です。

『私が勝に財産を残せば、遺族たちは黒賀の者たちを雇い、勝を奪い合うだろう。そうして分裂した黒賀の者たちは互いに人形を使い殺し合う。勝はそのための餌である』

黒幕と思しき人物たちの陰謀がチラつきます…。
才賀家にもまだ裏がありそうですよね。

途中から主人公二人体制で2つの物語が進行していく演出が取られるのですが、最終的には一つの終着点に向かうようです。

謎多き《ゾナハ病》をばらまく《オートマータ》。そして彼らを率いている《真夜中のサーカス》。その多くが謎に包まれた物語はこれから面白さを加速させていきそう。

全36話とのことで、さらなる盛り上がりに期待!

やがて君になる

「人を好きになる気持ち」が分からない少女・侑と、みんなに好かれながらも「誰も好きにならない」先輩・燈子の《特別な関係》を描いた純愛百合アニメ。

丁寧な心理描写、作りこまれたキャラクター、少女たちの繊細な恋心、それ表すような美しいアニメーションなど、全体的に質が高いです。
普段百合作品を見ない私でもすんなり入り込めました。

出会ったばかりの侑に対して、燈子が「君のこと、好きになりそう…」と告白した1話ラストシーンは衝撃ですね。
静かなのに情熱的。

しかし疑問に思います。
「誰も好きにならない」とはなんだったのか!?

話が進むにつれ、「なぜ侑じゃなければダメなのか」が明かされます。
それは燈子が「みんなに好かれる人物」を演じる理由にも繋がっていき…。
ちょっとした推理要素もあって、視聴者を飽きさせません!

人前では完璧超人を演じている燈子が侑の前だけで見せる弱点だらけな姿はとても可愛らしいです。

サブキャラも没個性的でなく、行動原理がしっかりしています。メインキャラと同じくらいの魅力を放っているのがすごい。

燈子を好きになりたいと思う侑ですが、6話時点でもその気持ちを理解するには至らず。

単に「両思いになればハッピーエンド」とならない2人の関係。
今後どうなっていくのか目が離せません!

宇宙戦艦ティラミスⅡ

3ヶ月のお休みを経て何事もなかったかのように続きが始まったティラミスⅡ。
前回、デュランダルが損傷してのEDだったので最初の雄叫びからシリアスかと一瞬思ったんですがまぁ違いますよね。ギャグですよね。

最初と最後はシリアスで締めなければいけないルールでもあるのでしょうか。見事にそのルールで今続いています。
でも絶対にギャグに持っていってくれる安心感があります。個人的には毎回斜め上の方向へギャグってくれるのでそう来たか!ってなります(笑)

コックピット依存症というスバル独自の病??の治療をすべく彼は無意識にそれを解消する場所へ行ったり。
1期と違って兄イスズと行動することが多くて兄弟が同じ画面にいるのは新鮮です。あとお兄ちゃんちょいちょい名古屋弁。

話の展開には不可欠ですが各組織の警備体制ガバガバすぎて笑ってしまいます。
OP変わりました!今回もかっこいい!EDは一緒なんですが毎回違うキャラが掛け合いで喋ります。これも新鮮で楽しい!

2期からスバルのコピー的な存在のビヨンドが本格的に登場しますが威勢の良さとは対象的に怒られるとメンタル弱々くんです。
とりあえずユニヴァース感覚についてもっと詳しく教えてほしいw

東京喰種トーキョーグール:re

今年春にやってた話の続きです。そして恐らくこれで原作の最終回までもっていくのだと思われます。
なぜなら…話のスピードが早い!原作通りではあるようですがいろいろ端折られてるところもあるようで。

アニメ勢は是非原作を!とオススメしたくなります。原作未読なのですが少し疑問に思った時はすぐに検索かけるようにしてました。
キャラクターが多いので相関を確認するだけでも大変ですがそこがまた面白いですね。

最終章なのかとにかく作画がキレイで…。OPも原点を思い返すような凛として時雨さんの歌声ありがとうございます。
黒カネキくんの冷酷さにドキドキしながらもせ、正論…と思ってみたり白カネキくんの天使さっぷりにハイセさん…と懐かしんでみたり。

毎話目を見開いて見てます。一分逃すと話がぐっと進んだりするんで。
始まってすぐはエトさんの話でした。あのサラシ巻いてたエトさんですか?雰囲気違いますよね。すごく大人しそうで清楚な…。

有馬さん一瞬で決着は付きましたがきちんと遺言残していってくれました。
やっぱり人間じゃなかったんですね。王にふさわしく少々レベルじゃない強さでしたよ。

カネキ君の話し合いで解決を目指す新組織、綺麗事では済まないことはわかってますが実現に向けてどう動くのか見守っていきたいと思います。

イングレス

「The world around you is not what it seems.」

(あなたの周りの世界は、見たままのものとは限らない)をキャッチコピーに進展するアニメです。

謎多き能力持ちのサラが時々言ってますね。
とにかくサラさんがすごく可愛いこととジャックが尋常じゃない身体能力なのと誠の過去が闇っぽいなということが今現在なんとなくわかってます。

ポータルという陣地の奪い合いのゲームの特性をうまくアニメに取り入れて説明していくのでこれはゲームの方もやってみたいな…
自分も世界の命運がかかった戦いに参加する疑似体験をしてみたくなります。

前半が終わったところでOPで並んでいた三人、誠&サラVSジャックはサラが拐われた事によりVS状態から誠&ジャックのナイスコンビが生まれてます。
ジャック凄腕おじさんなんですがものすごく時々可愛い人なんですよね。

最初の爆発事件で生き残ってたのがサラだけだったということで聖地になりそうな京都の研究施設から今度はスイスへ。
ここが研究の本拠地のようです(これはなかなかに遠い聖地に…)

しかし何故施設を京都にしたのか‥それも理由があるのでしょうか。

食べ物の作画の気合が入りすぎてて幕の内弁当やたこ焼きの作画は涎が出そうでした。

能力に否定的だった誠がうまく扱えるようになってみんなを救っていってるのがアツいです。

学園BASARA

公式ネタのパロディががっつりアニメ化するとかすごいですね!

ベースが戦国BASARAなので学園BASARAからいきなり見始めた人は大いにこの武将たちに戸惑うと思うのでベースの方をWikiなどで確認しつつ…がおすすめです(笑)

てっきり15分枠くらいかと思ったのですが通常枠!
見事な配役という感じですね。個人的にはパロは構えてしまうので楽しめるのか不安でしたが、ベタなオチでせめてくる2話構成。

戦国BASARAの歴史人物ならではの個性のキツイ登場人物がうまく学生生活のポジションに振り分けられてて感心します。
部活の特性も活かされてますね。野球対決なのに幸村バッターボックスでボール蹴ってました(笑)

常に大勢のキャラがわちゃわちゃしてるのは学園感あっていいですね~~。 声優陣がベテランしかいないのでさらに色んな意味ですごい。
大体ペア的な組み合わせができているので対立構造になるかラブラブ構造になるか。どっちにしてもにやにや、にこにこしながら安心して見れるアニメとなっています。

途中から新キャラの島左近さんと柴田勝家さん入ってきたりして更に賑やかになりました。殺伐としてないのいいですね。なにげに癒やし枠です。

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風

ジョジョアニメとしては4期目。「黄金の風」は後年に付けられた副題で、連載当時の副題は「第5部 ジョルノ・ジョバァーナ【黄金なる遺産】」となってます。
イタリア、ネアポリスが舞台なんですがこれイタリアの印象悪くなりますよ(汗)

治安は悪いわ汚職だらけで。そこに住む青年ジョルノ・ジョバァーナの話ですが。
もちろんこんなところに住んでるだけあって(?)ものすごくしたたかというか要領がいい男の子ですね。

彼はDIOの息子。普通にグレてしまって殺戮者になってしまってもおかしくないのですが一般的には悪の方の認識になるギャングと出会ったことで救われたんですね。
出会いってホント大事だなとしみじみさせられました。

ジョルノ・ジョバァーナ、爽やかなのか悪なのかどっちなんですか!?
そして前髪めっっちゃ気になります。胸筋わざわざ見せる服も。(これに関しては他にもいますね)

度々出てくる「このジョルノ・ジョバァーナには『夢』がある!」というセリフ。
そのためにはギャングスターを目指さなければならない。

ブチャラティはそんなジョルノに何かを見出したんでしょうか。

スタンドの応用技が見てて面白い。アクションシーンもすごいです。さすジョジョ!

とある魔術の禁書目録III

1期から10年、2期から8年……ってそのワードだけでもすごいんですが。
ダイジェスト見ても特に時代を感じまくることなくすごいなと。

時代を感じたのはガラケーですかね(笑)

あと上条さんのラッキースケベ加減もなんだか一昔前の?懐かしい感じで。
1話は前半まったり後半怒涛のシリアスになってそのままインデックスさん置いて

フランスにジェット機で飛んでいってしまいましたが大丈夫だったんでしょうか?
これアニメ派の人はセリフをさらっと聞いてるだけではわかりにくいかもしれません。

原作知らない私でも展開が早いのではという気がしてます。
2話にはもう五和ちゃんがどうみても新たなヒロインか?に見えたり。

最初の強敵はテッラさんで。その後に上条さんすらお休みで暗部編が始まりました。
あの…いっぱい組織出てきました~~~~!!こ、これはもう調べながら見るしか無かったんですが調べてたらすごく面白かったです。

学園にこんなに裏組織あってそれがすでにやばいと思うんですが暗部一人一人のキャラが濃いのは区別がつけれてありがたい点ではあります。

もう毎話がジェットコースター!(笑)

でも原作読んでる方は間違いなくわかると思いますし未読組は調べながら追っかけましょう。

ツイート

以上です!いかがだったでしょうか?

今回は4クールの最初のアニメもチラホラあって嬉しい限りですね。

個人的な推しは「抱かれたい男1位に脅されています。」「ガイコツ書店員 本田さん」ですw

続きは勿論気になるのと
お正月にFGO関連アニメもあって、楽しみですね。
今期の人気アニメ視聴一覧