【転生したらスライムだった件 8話 アニメ感想】シズの最期!人型リムル爆誕!

前回のあらすじ

内容をカンタンに説明すると…

  • 旅をするシズには「召喚した男を探す」という目的があった。村を出立する直前、彼女に憑依するイフリードが暴走。それを止めるべく、リムルとエレンたちは戦闘を開始する!
  • 先頭の末にイフリートを捕食したリムルは、イフリートとシズの分離に成功するが…!?
  • 今回は…シズの最期の願いと想いを引き継いだリムル。爆炎の支配者と暴風竜の力を手に入れ、新たな一歩を歩みだそうとしていた。

【転生したらスライムだった件 7話 アニメ感想】シズとイフリートの分離成功!リムルチートすぎ!ヴェルドラ久しぶり!

2018.11.13




【転生したらスライムだった件 8話】受け継がれる想い【アニメ感想・名場面】

 波乱万丈の人生

イフリートの憑依から解放され、意識を取り戻したシズですが、ベッドの上に横たわったままです。あまり調子は良くないみたい…。

(シズさんは朦朧としながらも何があったかを語ってくれた。召喚され、イフリートを憑依させられたこと。友達を殺めてしまったこと。そして…)

シズは自分を召喚した魔王の側近として仕え続けます。そんな中出会ったのが、ひとりの勇者でした。

「戦いがあって、魔王は城を捨て、私を殿として残した。炎の精霊のイフリートの意思なのか、自分の意志なのか、今でもよく分からない…」
(勇者か…。ヴェルドラを封印したのとはまた別の人間なのかな?)

勇者も何人かいるっぽい?

勇者は力でシズを圧倒しました。

「すぐ殺されると思った。でも、話しかけてきた。どうしてここにいるのか。どうやって生きてきたのか」

「魔人である私の話を信じてくれて、”もう大丈夫だよ”って」

感情を取り戻したシズ。目から涙が溢れます。

「その仮面は彼女がくれたんだ。魔法抵抗を高めて私の中にいるイフリートを押さえ込めるって。彼女とともに旅をして、この世界のことや魔法を教わって、仮面の力でイフリートの力もある程度なら使えるようになって。誰かを助けて、戦って…」
「いつしか爆炎の支配者と呼ばれるようになったのか」

勇者との出会いがシズを変えたんですね。

「彼女と一緒に旅をして、嬉しくて幸せだったな。でも、あの人は姿を消した。私を残して」
「どうして?」
「分からない。どうしてだろう?どうして……。”きっとまた会えるから”。あの人はそう言っていた」

勇者も謎だらけの人物です。仮面で顔も見えなかったし…。
また会えることを確信しているようにも見えます。
未来から来た人、とか?一体何者なんだろう?

勇者との思い出を胸に、強くなろうと決心したシズ。苦しんでいる人を助けるために何十年も戦い続けました。

「英雄って呼ばれるようになって。だけど私ももう若くなくて。イフリートの制御も怪しくなってきて。一歩間違えたらイフリートを解き放つかも知れない。そう考えると怖くなって、このままじゃまた、大切な人を……だから私は引退して指導者になった。学校の先生」
「ほう、学校があるのか」
「イングラシア王国ってところでね。異世界から来た子供たちの」

異世界人は結構居るみたいです。

シズは生徒たちに慕われていました。平和な日々だった、と語ります。

「私の元を去っていった子もいたけど…」

ひとりの男の子。追々成長した姿で登場しそう…。

「でもグランドマスターになった子もいて」
「グランドマスター?」
「各国のギルドを統括する最高責任者」
「そりゃ大したもんじゃないか!」

すごいじゃないですか~!(゚д゚)
優秀な指導者でもあったんですね!

「私が教えられることはもうなくなったと思った。そして寿命が残り少ないのか、イフリートの意識を押さえ込めなくなってきて…。思い出したことがひとつだけあったから、旅に出ようって。私を召喚した男を探して…」
「復習したいのか?」
「分からないわ。でも、会って確かめたいことがあったの。だから私は…」

あの冒険者3人組と旅に出たんですね。

「本当にいい子達。ちょっと危なっかしいけど」
「そうだな」
「楽しかった。でも、もう…」

最後の旅だと悟っていたようです。





 シズの最後の願い。人型リムル誕生!

「私を食べて…」
「!!」
「私にかけられた呪い。食べてくれたみたいに」

それはシズの最後の願い…。
生まれ変わったら食いまくってやる、とは言ったけど、こんな形で…そういう意味で言ったんじゃないのに…(´;ω;`)

「この世界が嫌い。でも憎めない。まるであの男のよう。だから、だからこの世界に取り込まれたくない…」

「私を、君の中で眠らせてくれないかな?」

リムルは良いよ、と返事をします。
思う所はあったかもしれませんが、シズの気持ちを優先したようです。

「男の名前は?」
「レオン・クロムウェル。最強の魔王の一人…」
「そいつに何を確かめたかったんだ?」
「私という人間がいたことを、認めさせたい、だけかも、知れない…。それに、もしあの子達が…救われて…元の、世界、に…」
「約束しよう!三上悟、いや、リムル・テンペストの名において、魔王レオン・クロムウェルにあなたの思いをきっちりとぶつけてやるよ!」

シズはリムルの言葉を聞いて息を引き取りました。
急速に体が老いていきます。イフリートの憑依は不老の力をもたらしてたんですね…。

ここでお別れだなんてあんまりだよ…(´;ω;`)

(シズさん…。運命の人よ。安らかに眠れ。俺の中で…。永遠に覚めることなく幸せな夢を見られるように)

シムルはスキル・捕食者を使用します。

シズ『お母さん…。お母さん!!お母さん……!』

母と再開する夢。シズは一番会いたかった人にようやく会えました。
リムルの願いも確かに届きましたよ(´;ω;`)

しばらくして、リグルド、嵐牙、エレンたちがシズの見舞いにやってきます。

「我が主!?」
「そのお姿は…」
「ええええええええ!」
「そそ、その子が」
「リムルの旦那ぁぁ!!?」

リムルが人型になりました。
美少年!いや、美少女?

シズの面影がありますね。現に「小さいシズさんぽい」、との意見も。

「…そうか、シズさん、逝っちまったのか」
「シズさんを食べたの…?イフリートを食べたみたいに…!」

冷静に見ると衝撃的ですね。

「それが俺にできる唯一の葬送だったからね…。仲間のお前たちに相談もなく、悪かったな」
「いや、それがシズさんの望みだたったなら仕方ないさ」
「すまんなエレン。割り切れないかもしれないけど…」
「ううん…。ただ、最後にお別れの挨拶くらい言いたかったな…」

変に誤解されなくて良かった!説明は大事ですね!( ̄▽ ̄;)

「シズさんはお前たちと旅ができて楽しかったと言っていたよ。ちょっと危なっかしいとも言ってたけどな」





 エレンたちともお別れ。リムルの新たな目的ができた!

冒険者3人組がゴブリン村を出立する時がやって来ました。

「本当に世話になったな。ギルドマスターに調査結果とシズさんのことも報告しなきゃならんからな。ここのことは悪いようには報告しないぜ」
「リムルさんのことも伝えとくね」
「なにか困ったことがあったら頼るといいでやんすよ」
「おう。そうさせてもらうよ」

友好的な関係を築けて良かったです。

「旦那、最後にひとつだけお願いがあるんだけど」
「なんだ?」
「もう一度、人の姿になってもらえねぇかな?」
「ん?別にいいけど…」

再び人型になったリムル。

ふ、ふつくしい……(///´_ゝ`)←

「「「シズさん!ありがとうございました!」」」
「俺、あなたに心配されないようなリーダーになります!」
「あなたと冒険できたこと、生涯の宝にしやす!」
「ありがとう…!おねえちゃんみたい、って思ってました…!うわあああああああん!」

直接言えなかったお礼…(´;ω;`)
リムルを通じて伝えることができました。

リムル(本当に、シズさんの最後の旅仲間がこいつらで良かった)

リムルと出会えたことも、シズにとって救いだったと思いますよ…。

(かつて炎で全てを失った少女は世界を渡り、奇しくも炎の力を手に入れた。少女はその力を人々を守るために使ったが、炎は少しつづ彼女を蝕みやがて彼女は炎を御することができなくなった。少女の名はシズエ・イザワ。炎の最上位精霊・イフリートを宿し、爆煙の支配者と呼ばれた英雄だった)

シズはリムルの中で生き続けます!

(シズさんを泣かせた魔王レオン・クロムウェルの横っ面をぶん殴ってやるために情報を集めなくては…。俺は約束を守る男なのだ)

シズとの約束を果たすために、リムルの新たな冒険が始まる…!

《暴風竜ヴェルドラ、そしてひとりの女性の思いと姿を受け継ぎ、目的を得たリムルという名の一匹のスライム。そのスライムを中心として、世界は激動の時代を迎える事になる》

ここまでが壮大なプロローグだったんですね~。本番はここから、といった感じです。
リムルが激動の中心に、って凄いΣ(´∀`;)
今後の展開が楽しみすぎます!!

「やっぱりこっちのほうが落ち着くな!」

もはや人型よりスライム型の方がしっくりくるようです。順応してるな~(笑)





 不穏な気配!

「お前に名前と食事をやろう」
「あなたは…?」

行き倒れた豚(と言っていいのか、豚型生物というべきか?)に救いの手を差し伸べた男はゲルミュット、と名乗りました。
男といっても人間ではなく、くちばしを持った異形種です。

「このまま死ぬか?」
「…名前を…そして食事を……」
「お前の名はゲルド」
「ゲルド…」

名を得た豚のゲルドが進化しましたよ!ゴブリンの時と同じだ…!
そしてゲルミュットは、名を与えるほどの力のある存在という事ですよね。嫌な予感がするな…。

「やがてジュラの大森林を手中に収め、オークリザスターとなる者だ」

なんだってー!!?(°言°)

ジュラの大森林に新たな脅威が迫ります…。

差し出された生肉を一心不乱に喰らうゲルドですが。
それ、なんの肉ですか……?( ̄▽ ̄;)

ツイート

イフリートの憑依から解放されたシズですが、体が寿命を迎えていたんですね。
もっと早くリムルに会えてたら違う未来もあったのでは、と考えてしまいます。
決して幸せとは言えない人生だったけど、穏やかな最後を迎えることができて良かったです。安らかにお眠りください…。

一方、人型になったリムル。
OP・EDで誰かを捕食するんだろうな~とは思ってたけど、まさかこんな経緯があったとは(´;ω;`)
人型の自分を見るたびシズを思い出すのでしょうね…。

ジュラの大森林を狙う敵の登場。
シズを助けた勇者や複数の魔王の存在なども明かされ、今後の展開が楽しみです!
今期の人気アニメ視聴一覧