【ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 7話 アニメ感想】謎のギャング踊り!セックス・ピストルズ達を子育てするミスタ!?

内容をカンタンに説明すると…

  • 謎解きを任せて消えていったジョルノ。アバッキオがスタンドを使って5分前から検証を始める。消えたものは皆生きているのに姿は見えない、その理由とは。
  • ズッケエロは穴を開けてなんでもぺしゃんこにできる能力をもっていた。彼らが借りたヨットの上にさらに別のヨットを薄く乗せてその中を移動していたのだった。
  • 今回は…無事に皆元の姿に。ズッケエロへの制裁が始まる。ズッケエロは無線で既に連絡をとっていて合流先も決まっていた。お宝を見つけられる前に消さなければならない。

【ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 6話 アニメ感想】アバッキオのスタンド、ムーディ・ブルースで謎を解け!真実を暴き出したブチャラティ!

2018.11.10






【ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 7話】セックス・ピストルズ登場 その①【アニメ感想】

鉄拳制裁?

「まったく!調子こいてくれたな!」

もちろんフルボッコw首ははずしてあるというすごい絵です。

これがほんとの口チャック。

「えーと…マリオ・ズッケエロ。。住所はローマ。ローマのチンピラさんか」

<カプリ島。かつて古代ギリシャ人達は地中海の各地を植民地とした時世界で最も警官の美しい場所はどこかと探し求めた。その一つがこのカプリ島である。
青い海と輝く空。それに厳しく対比するかのように白く切り立つ要塞のような断崖絶壁の海岸線。
帝政ローマの時代にはこの島を別荘とし10年もローマに帰らなかった皇帝もいた。
ブローノ・ブチャラティ達は間もなくポルポの隠し金・100億リラを手にするためこの島に上陸しようとしている>

「さっきから僕もずっと見ているが尾けてくる船は一つもない。この船がカプリ島に向かってる誰も知るはずありません。」

「だがあの男が誰から隠し金の噂を聞いたかだ。一人で追ってきたとはどうしても考えられないからな…」

ジョルノとブチャラティの会話

拷問は続く。口は割らない(いや割れないんですよね口チャックなので)

そして踊り始めるミスタ、ナランチャ、フーゴ

サイケな映像、ギャングダンス尺長い…

「こいつ船の無線を使ってるぞ!この船ごとペシャンコの状態ではあったが船が戻ってるからこいつも立体で見れる。
こいつをリプレイして見てたら下の船室で無線機を使い始めた。連絡しているぜ。」

本当便利だムーディブルース。

「既に4人人質にした。残るはブチャラティともう一人だ。すぐに片付けるぜ。行き先はよぉ~。カプリ島だ!」

言ってしまってる!

『そのヨット…ラグーン号だったな。今どのあたりにいる?』
「カプリ島から2時間以内で着けるところだ」

『わかった。高速艇で先に行って待ってる。マリーナ・グランデに入港しろ』

相手の声まで聞けるの便利すぎる能力ですね。





見つかる前に見つけねば

「なんてことだ…!やばいぞ!高速艇ならネアポリスから30分で島まで行けます!」

フーゴが焦ってます

「誰かが先に上陸してその男を探して始末すればいい。僕はこの浮き輪を魚に変えられます。そいつに引っ張ってもらえばこのヨットより早く島に着けます。もちろん僕のスタンドだから行くのは僕です。
このジョルノ・ジョバァーナには夢がある。僕は100億リラがほしい。その金でブチャラティに幹部になってもらい僕らはのし上がって行かなくっちゃならないんです」

毎度恒例になってきた夢語り。

「お前が行く?それはいいだろう。なかなかいいアイデアを出す坊やだ。だが惜しいことにお前はそいつの顔も名前も分からない。
カプリの港は観光客だらけだぜ。その中からどうやってそいつを見つけるつもりだ?」

「俺はジョルノの言うことに賛成だぜ。男の正体はわかんなくてもよぉ~そいつがズッケ工口がこの船で港に着くのを待ってるっつ~ならよぉ~結構可能性はあると思うんだ。
俺のスタンド、セックス・ピストルズは暗殺向きだ。こういうのには向いてるからな」

「4」が無いピストルの弾(?)

さて到着…。

「ジョルノ。港の様子はどうだ?」
「よくないですね…アバッキオの言った通り港は観光客でいっぱいだ。みんな誰かを待ってる風だし…実際観光船を待ってる人達なんでしょうけど」

「ミスタさん。あの中からあと20分で謎の男を探し出す計画はできているんですよね…」

ミスタは優雅に食事…。自分だけでなくスタンドの銃弾達にごはんをあげていました。
どうみても子育て…。

「ほーらみんなお弁当だぞー。トスカーナのサラミはうまいぞー」

かわいいなピストルズ、そしてかわいい声

「みんな自分の方がよく働くから自分だけは沢山食う権利があると思ってんだ。俺はえこひいきしねぇように気ぃ遣うぜ」

「なんですか…それ?全部で何匹いるんですか?」

「匹?人って言えよ。ペット扱いすると機嫌が悪くなる。6人だ。NO.4はいない。4って数は縁起が悪いからな。弾丸一発につき一人ついてる」

「このお兄ちゃんが早くって急がすんだ~。みんなお昼寝は仕事が終わってからにしてくんねぇかな~」

おかん…。

「ジョルノ。お前はビニール袋から無線機出してな。俺は誰にも見られないように監視小屋に近付いて建物の影に隠れている」





作戦開始

「ヨット・ラグーン号をお待ちの方おりますかー!ラグーン号のズッケエロ様から無線が入っておりまーす!ボート監視小屋までお越しくださーい!」

呼び出しにおじいさんが大声で歩いていきます。

「用心して無線に出ないか…それとも100億リラの隠し場所が手に入ったと思い喜んで飛びつくか…それは賭けだが。
この呼び出しで無線に出ようとボート監視小屋まで来た奴がその男だ!」

みんな人相が悪いので皆犯人に見えます。

(この島のどこかにいるはずなのに!やはり用心して無線には出ないのか!?)

『どうかしたのか…ズッケエロ』

サーレーから返事きました。無線を既に利用している?

「どういうことだ!?まだ誰も小屋には近づいてない!いる!なんでだ!?まずいぞ!あの小屋入り口でもあるのか!?奴は既に小屋の中に入っている!」

(このままでは男に罠の無線と気付かれて逃げられる!ミスタに知らせなくては!)

手で知らせようとするがミスタに伝わらない

(ち…違う!向かってくるんじゃあないんだ!小屋の中にいるんだ!出ちゃあ駄目だ!)

サーレーがミスタの存在に気づいてしまいました。

「ミスタ!後ろだ!奴は無線に出ているんだ!ミスター!」

声も届かない。

『もう既に!ミスタ!無線に出ているんだぁー!!』

無線を逆に利用しました。瞬時の賭けですが。

ミスタ気づいて振り向いたところブラインドシャッター閉められました。
すぐさま撃ちます。

「行け!セックス・ピストルズ!」

撃った後に自在に軌道を変えるのは凄いですね。無事に足に銃弾命中させました。

「裏口があったのか。このドアから入って来て無線に出やがったってわけか。用心深いのか人目につかねぇようドアから入るのを日頃から心がけてる野郎の癖なのか」

「しかし…でかしたぜピストルズ!」

ちゃんとクリアリングするミスタ

「くそ!まずいぜ!まだ俺は奴の顔を見てねぇ!ジョルノもきっとそうだ!どんなスタンドかわからねぇが仕方ねぇ!100億とブチャラティのためだ!」

運転手さんとばっちり?

ツイート

前前半の拷問タイムの残虐さ、ギャング・マフィアって感じしますね~。
まぁ一歩間違えれば4人死んでたかも知れないんですからこれほどまでに怒るのも無理ないですが。
しかし独り占めするために仲間には言ってないんだろうなぁと思ってたんですが。
サーレーにちゃんと連絡してたんですね。
おかげでややこしくなりました。ズッケエロだけを殺せば良いわけではなくなりましたね。
セックス・ピストルズの弾丸ちゃん(?)ちっちゃいワルって感じですが性能便利ですね。彼らが意志を持ってるおかげで。それにしてもものすごくかわいい!
今期の人気アニメ視聴一覧