【INGRESS THE ANIMATION 5話 アニメ感想】ジャックのたこ焼き初体験!誠は能力を使ってパイロット!?サラは実験道具となり覚醒する!

内容をカンタンに説明すると…

  • 誠を守るためにサラが劉天華にヘリで連れさられてしまった。ジャックに助けてもらった誠は彼のバイクでサラの手がかりを追いかけることとなった。
  • 二人はすでに手配されているため通常便での出国が無理ということで誠は昔の知り合い慈恩に偽造パスポードを頼むことに。
  • 今回は…慈恩に作ってもらった偽造パスポートを使い出国する誠とジャック。劉が手配した暗殺人も乗っていたため飛行機内は大混乱。誠の能力でなんとか操縦を試みるが・・・。

【INGRESS THE ANIMATION 4話 アニメ感想】サラ・コッポラが劉天華に拐われた!ジャックと誠の追跡二人旅が始まるよ!

2018.11.08




【INGRESS THE ANIMATION 5話】Journey – Portal – Potential【アニメ感想】

ついに出国!

「実験の準備は?」
「整っています」

劉の不敵な笑み。

慈恩さんから連絡が来ました。
パスポートの受け渡し先がわかったので向かうことに。

あちこち警察に張られてる中をかいくぐるのすごく大変ですよね…。

「空港を封鎖されたら終わりだ。急ぐぞ」

慈恩さんはのんきにたこ焼きを注文してました。
作画すごすぎてとても美味しそうです。

「悪いなわざわざ出てきてもらって」
「外じゃアレなんだろ?とりあえず中で話そうぜ」

ということで慈恩さんの車の中で物を取引することに。

「ニュースサイトで見たよ。なんで誘拐なんてしちゃったの」
「何もしてない、濡れ衣だ」

「ほい、頼まれたもんとチケット。あと変装道具一式」
「変装?」
「念の為にね、パスポートの写真は加工済みだから顔の方を写真に合わせてくれよ」

慈恩はゲームアプリイングレスにハマってる様子。

「世界の命運を賭けたこの戦いに俺もエージェントとして参戦してるのさ」

「イングレスはアプリとして出回っている。それを使って多くの人間が世界中でポータルを奪い合っている。ほとんどのユーザーはただのゲームだと思っているが…」

上空を青と緑の波が飛び交っています。

「通天閣を中心にでっかいスーパーノヴァを作るってミッションがあってね。
簡単に説明するとだ、一つのポータルに大量にリンク貼るとそのポータルが強くなんの。
その様子が超新星みたいだからスーパーノヴァと。」

そろそろ御暇しようと思ったが、バイクが警察官に調べられてるのが遠目に見えました。
後ろの方からも警察官が歩いてきているのがわかります。

エンライテンドのリンクが多すぎてジャックが動きを読めません。

「すまん、慈恩。空港まで連れて行ってくれ」
「は?なんで?」
「頼む…」
「…仕方ねぇな。ついでに俺のミッションにも付き合えよ」

警察の無線の傍受もできるのかすごい…。

初めてのたこやきですねジャックさん。
一気に頬張っちゃだめですって!

「HOT!……うまい…」

慈恩さんゲートのコツも教えてくれる。神か。

「スイスに着いたら緑のポータル増やしてな~。・・・・・・・世界が危機に曝されている。やっぱり普通のゲームじゃないってな」

そしてすぐ後に劉の手下が到着。新幹線で襲ってきた三人ですね。

「空港に到着しました」
「奴らを見つけたら排除しろ。秘密裏にだ」

変装を済ませ、いざオートゲートの方へ。
無事通りました。
しかも席がファーストクラス!
どういう技を使ってるんですか慈恩さん!

まぁあの三人組も乗り込んでいたため平和には着けません。





サラへの実験、そして暗殺者に狙われる二人。

「君のために用意した。殺風景で申し訳ないが」

1台だけいかにも実験しますというような機械。
と周りに研究者がいっぱい。

「ヒューロンに居た頃と同様君の能力を解析するだけだ。
我々の事業にはそれが必要だ。解析が完了するまで協力してもらうぞ」

拘束されたサラ。
苦しそうにもがいてます。

「彼女は自分の価値に気づいてない。XMの可視化など能力の一つに過ぎない」

劉からの命令はあくまでジャックと誠の排除。
あの殺し屋はパソコンの下部にナイフを忍ばせてました・・・。

「やるのか」
「この高度なら能力は使えない」

前のファーストクラスの席に向かう。

「なんの音だ?」

ジャックは何かを察知。すごい能力ですね。
変装を解き敵とやり合います。

もちろん肉弾でも強いジャックは3人を制しますが
そのうちのリーダー級が劉からのラインを受け取っていました。

《操縦室の扉は解除した。あとはわかっているな?》

というもの。・・・ということは。

パイロットが殺されてしまいました。悲鳴を聞けかけつけるジャックと誠。

操縦席には死にかけの殺し屋リーダーが。

「お前らも道連れだ・・・」

「おいこれって・・・」
「墜落する」

「操縦は?」
「民間機は初めてだ。急降下しているこのままではまずい」

「待って」

誠が手袋を取りハンドルに触れる

「よし、変わってくれ。僕がやる」
「そうかコックピットの記憶を読んで・・・」
「燃料が投棄されている、継続航行できない」

「・・・捕まってろ!」
「何を」

近くの湖に水上着陸を目指す誠。
成功!!

「やるな全乗客の命を救ったんだ。おまえは」
「僕にできると思わなかった」
「おまえは自分が思っているより優れた力を持っているのかもな」

誠はへろへろに。

「力を使いすぎたか」

英雄なのに長居はできません。

この状況を説明するわけにはいかないからですね。

手袋が落ちたまま・・・これはまずいのでは・・・。





回復と次の目的

ジャックは誠を緑のポータルへ。

「こんなところにもポータルが」
「ポータルには人の精神を癒やし活性化させる作用がある。
ここで少し休め」

「なぁXMってなんなんだ。なんでこんなものが世界中に」

「おれも正確にはわからんが情報信号を含む素粒子の一種だ。多次元世界から流れ込んでくるとされている。ここではない、別の世界だ。わかりやすく例えるならXMに満ちた地下水脈みたいなものだ。それは湧き水のように地上のあちこちで噴出する。」

「それがポータル」

「あくまで例えだがな。俺の解釈も含まれている。だが人はそれを特別な場所と感じ
様々なモニュメントを立てた。人々はポータルに集いそれに導かれるように歴史を刻んできた。全てのポータルは地下でつながってるという説もある。そこには有史以来全人類の記憶が蓄積されていると俺の上司ブラントはその研究をしていた。XMを使ってできること、その無限の可能性を追求していた」

「おそらくお前の能力は、XMを媒介に蓄積された人類の記憶を読む力なんだろう。
おれは少しだけ未来を垣間見ることができる」

サラは急に何かに覚醒・・・。

「数値に変化、既存コードの繁殖が停止しました。
次々と新たなコードが検出されています」

「能力を発動したか」

(力が使える?)

意識世界の中で動くサラ。

誠らしき声が聞こえる、今現在の誠の声が・・・。

必死に呼びかけるが聞こえてない様子。

「これからどうする」
「歩けるか」

その瞬間ポータルに何か字形?が浮かび上がりました。

「グリフだ。XMに含まれる情報信号だ。形状が意味を持つ」

ジャックはスマホで形をなぞります。

「今のグリフが意味するのは・・・」
「HELP・・・」

次々に字形が

「私・・・過去・・・」
「XM・・・発見・・・誰かからのメッセージかもしれん」
「サラからのメッセージかも知れない」
「あの女にそんな能力が?・・・そうかあそこか!彼女の居場所がわかった。
6年前スイスの物理学研究所でXMが発見された。そこから全てが始まった。
始まりの場所、セルン。サラはそこにいる。」

ツイート

ジャックさんがなかなかの萌えキャラになってるんですが。
たこ焼き食べる姿可愛すぎます!
慈恩さんと友達になって一回ファースト乗ってみたいですね~~。
航空機墜落未遂はごめんですが・・・。
サラへの人体実験許すまじ、劉を早くやっつけてほしいです。
スイスの始まりの場所で何が起こるのか・・・。
ポータルグリフで解読していくの見ててわくわくしますね。
今期の人気アニメ視聴一覧