【転生したらスライムだった件 7話 アニメ感想】シズとイフリートの分離成功!リムルチートすぎ!ヴェルドラ久しぶり!

前回のあらすじ

内容をカンタンに説明すると…

  • リムルたちの村に4人の冒険者がやって来る。その内の一人は、リムルの運命の人・シズだった。シズは戦時中の日本から、この異世界に召喚されたのだという。
  • その昔。シズを召喚した男は、重症ながらも息のあった彼女に可能性を見出し、化物・イフリートを憑依させた。
  • 今回は…村を出立しようとするシズに異変が起こる!イフリートに体・精神を乗っ取られてしまったのだ!村が炎に包まれる中、リムルは彼女を救うことが出来るのか!?

【転生したらスライムだった件 6話 アニメ感想】運命の人シズ!正体は日本からの召喚者!化物・イフリートに憑依されてる!?

2018.11.06






【転生したらスライムだった件 7話】爆炎の支配者【アニメ感想・名場面】

 シズさん、かなりヤバい状態みたい…

前回の続き。
上位精霊・イフリートに憑依されたシズは、召喚主の男の命令に背けなくなります。

「出番だぞ、イフリート」

次の瞬間、少女の片目が人間のそれではないものに変化し、無意識のままに爆炎攻撃を繰り出すのでした。
刺客は一瞬で消滅。あまりの高温で蒸発してしまったようです…((((;゚Д゚))))

シズ「今…何を…?か、体…体が勝手に……。炎で、私を…私は…!!」

それからも、そんな事を何度か繰り返し…。

悪夢にうなされるほどです。
精神的にも肉体的にも追い詰められてるんだろうな…(´・ω・`;)

リムル「俺たちの町、気に入ってもらえたかな?」
シズ「えぇ!とっても」
リムル「シズさんさえよければいつまでだって居ていいんだぞ?」
シズ「ありがとう。でも行かなきゃ」
リムル「そっか…」

引き止めこそしませんが、リムルは残念そうでした。視聴者も残念だよ(´・ω・`)

「ここにいたら迷惑をかけちゃうかも知れないし」
「?」
「私の、旅の目的は…」
「目的?」
「私を召喚した男を探すこと…」
「見つけたらどうするんだ?」

シズは何も答えませんでした。
ていうか召喚主の男、行方不明なんですか!?一体何故??( ´ ⊙ ω ⊙` )

見つけたら、契約を解除してもらうつもりなのかな…?でも召喚主が応じるとは思えないし…。
もしかして、殺すつもりなのかも…と思ったり。

「わかった。いつでも遊びに来てくれ。歓迎するよ!なっ嵐牙」
「もちろんです!」
「ありがとう」

シズとはここでお別れか~。もうちょっと一緒に居たかったな~(´-ω-`)

即席のパーティーメンバー・エレンも、一緒に冒険者を続けようと誘ってくれますが、シズは丁重に断ります。

「ここまで旅ができて、やっぱり仲間っていいと思えた。最後の旅があなたたちとで本当に良かったと思っている」
「シズさん?最後って…」
「もうウン十年も生きててね。見た目ほど若くないから」

冗談…ではないようです。





 爆炎の支配者降臨!炎に包まれた村!

パーティメンバーと村を出立しようとしたシズ。ですが突如、その体に異変が起こります。
苦しみ方が尋常じゃないですね!?

「シズさん!?シズさん!!」
「シズ…シズエ・イザワ!?」
「シズエ・イザワって…」

「爆炎の支配者か!?」

強そうな異名だ…!
冒険者たちによると爆炎の支配者は50年前に活躍し引退したギルドの英雄だそうで。
リムルは「!?」になってます。

よく見るとシズの目には涙が…。意識はないけど、苦しんでるみたいです。
助けなきゃ…!(´;ω;`)

「リグルド、リグル!みんなを避難させろ」
「しかしリムル様!」
「命令だ」
「「はっ!承りました!」」
「居るな嵐牙?」
「我が主よ、ここに」
「始まったら頼む」
「はっ!」

村人総員避難!臨戦態勢!緊張感が高まって来ました…!ョ゚Д゚;))))ドキドキ

炎に包まれたシズはイフリートの姿へと変貌します!いや、イフリートが表に出てきたのか…!?
よく分からんけど美少女シズを返せぇぇ!!←

「間違いないでやんす…シズさんは…」
「伝説の英雄、爆炎の支配者…!あ、あんなのどうやっても勝てないんですけど!?」

冒険者の絶望に応えるように、イフリートは雄叫びをあげます。
凄まじい衝撃が走り、魔法防壁が吹っ飛ぶほどの破壊力です!

精霊って嘘じゃない?「魔神」の間違いじゃない??(白目)

リムル「ちっくしょー!せっかく作ったばかりだっていうのに!」

イフリートが召喚したサラマンダーによって村は炎に包まれます。
家が全部塵になってしまいましたよ!なんてことするんだ!ヽ(`Д´)ノ

「お前たちもさっさと逃げろ!」
「そんなわけにはいかねーよ…。あの人がなんで殺意を剥き出しにしてるのが知らねーが」
「俺たちの仲間でやんすよ!」
「放っとけないわ!」
「そうか。気をつけろよ!(いい奴らじゃないか)」
「まさか過去の英雄と戦う日が来るとはね…」
「行くぞ!!」

敵はイフリートとサラマンダー3体!リムル、エレン、カバル、ギドの死闘が始まります!





 イフリートを倒しシズを救え!

「おい!お前の目的はなんだ!?」
「………」

リムルはイフリードめがけて水刃を放ちますが、到達する前に蒸発してしまい…。
炎を水で消す作戦、失敗!

「ま、そりゃそうだよな…」

一方、エレンが繰り出した氷魔法攻撃は少しずつですがサラマンダーにダメージを与えます!

「大丈夫なのか!?」
「任せてくださいよ!こっちだって命張って冒険者やってるんです!」
「一匹は俺たちが受け持った!」
「一蓮托生ってやつでさぁ!」
「じゃあ任せる、くれぐれも無理はするなよ!」

冒険者チームもなかなかやりますね!!

リムルはサラマンダー2体を相手することになりました。

3人で1体、1スライムで2体…
「配分おかしくない?」と思ったけど、そこはリムルの実力を踏まえての事でしょう。

「嵐牙!」
「はっ!!」

リムルの影から嵐牙が現れました!その背に乗っかって戦場を駆けるリムル!

「お前は回避に専念しろ!攻撃は俺がする!」
「心得ました!」

嵐牙はサラマンダーの爆炎弾を紙一重で交わします!
いつ当たってもおかしくない!

そんななか互いの背中を預ける2人からは、揺るぎない信頼関係が見て取れます!

攻撃してくるのはサラマンダーだけで、イフリートは動く様子を見せませんね。

「(どうする。水刃は蒸発してしまうが…)オレの胃袋に入っている大量の水を、一気にぶっかけるのはどうだろう?」
《解。大量の水の放出は可能です。サラマンダーとの接触により水蒸気爆発が生じます。実行しますか?》
「水蒸気爆発!それでサラマンダーは消滅するか?」
《可能です》

2体同時に倒すんですね。バーンッ!てな感じで…

《ただし、爆発の威力でこの辺り一帯も吹き飛ぶでしょう》
「アホか!意味ねーだろ!!」

宇宙からも確認できるほどの大爆発でした。思ってたのと違う(´Д`;)
無論却下です!

悩んだ挙句、リムルはエレンの氷魔法に目を付けます。魔法攻撃は精霊に対して有効なのだそうです。

「エレン!それ俺に向けて撃ってくれ!」
「え!?そんなこと言われてもっ…」
「頼む早く!」
「後で文句言わないでくださいよ~~!」

氷魔法を捕食したリムル!
瞬時に解析に成功し、同じものを放てるようになりました!
このスキル便利すぎるな…( ´_ゝ`)

「よし!アイシクルショット!!」

リムルの氷魔法はエレンのより量も多いしサイズもデカいですね!

巨大な氷がサラマンダーの全身を貫き、水氷大魔散弾となり消滅するのでした。

一方、冒険者チームが戦っていたサラマンダー。勝てないと悟ったのか自爆します。
爆発に巻き込まれたエレンたちは負傷してしまい…。

「おい!大丈夫…じゃないな。嵐牙!この3人を安全な場所へ!」
「しかし!」
「行け!」
「はっ。仰せのままに…ご武運を…!」
「安心しろ。イフリートはオレが倒す!」





リムルチートすぎる!ヴェルドラもキタ━(゚∀゚)━!

残る敵はイフリートのみ!
アイスクルショットでイフリートの分身を撃破したリムルですが、巨大な炎の柱・炎化爆獄陣の餌食になってしまい…!?

「ぐああああああああああ~~~~~~あああ!」

あんまり痛くなさそうな悲鳴(笑)

「せっかくスライムに転生したのに!ここまでかぁぁ~っ!短い人生、いや、スライム生だった。……てかダメージがなかなか来ないな?てか遅すぎない?」
《解。熱変動耐性の効果により、炎攻撃は自動的に無効化に成功しています》

まさかのノーダメージ(笑)

「炎が無効化できるのであれば楽勝モードだ!結果オーライ!いや、すべて計画通り…!(ニヤリ」

計画通りっていうか偶然の産物ですけど(笑)

炎の柱が徐々に小さくなっていきます。
消化完了!焼け跡から無傷のリムルが現れました!

イフリートの動きを封じたのは粘糸かな?耐熱性糸ですね。

「俺もお前のことを舐めていたが、お前も俺を舐めすぎだったな。俺のターンだ」
「!!」
《ユニークスキル・捕食者を使用しますか?》
「YES!」

リムルはイフリートを丸飲みします!

それからほどなくして。

リムル「ハッ!シズさん!!」

先程まで戦場だった場所に、シズが倒れていました。
大丈夫でしょうか!?気絶してるだけ??(´Д`;)

一方、イフリートは謎の空間で目覚めます。脱出を試みて炎を放ちますが、どこにもぶち当たりません。
永遠と続く空間…。ここはリムルの体内のようです。

???「観念せよ、イフリート」
イフリート「!?」
???「貴様にこの空間は破れん」

こ、この声は!!!(°д°)

「貴様の叶う相手ではないわ。リムルは我の盟友ぞ…!」

「我は暴風竜ヴェルドラ・テンペスト。心ゆくまで相手をしてやる。ハハハ…フハハハハハハハ!!!!」

ヴェルドラキタ━(゚∀゚)━!

圧倒的ラスボス感!!
2話以来ですね!?元気そうで何よりです!ヽ(*´∀`)ノ
ちゃんと「テンペスト」も名乗ってくれてる(笑)

にしてもリムル&ヴェルドラコンビ、最強か!?((o(´∀`)o))

ツイート

イフリートが一気に雑魚化してしまった( ̄▽ ̄;)

まだ一戦も交えてないけど、VSヴェルドラは絶望感半端ないです。
リムルももうちょっと苦戦するかと思いきや圧勝じゃないですか!

このコンビは敵に回したくないな…。いや、回してはいけないな、と思いました(笑)

シズさん、倒れてたけど無事かな!?
イフリートの憑依が解けてこれまでのように暴走することはないはずですが…。
村に残って欲しいけど、召喚主を探すって言ってたし、やっぱり旅立っちゃうのかな~(´-ω-`)
召喚主は今どこにいるんでしょう?
同郷者の好もあって本当はずっと居てほしいだろうに、彼女の気持ちを尊重するリムルって本当いい人…じゃなくてスライムですよね!
シズはリムルの運命の人だけど、その逆もまたしかりでは?と思ったり。

先の展開が全く読めないのですが。
とりあえずイフリートがヴェルドラにボコられるってことでいいんですかね。なんだかイフリートが哀れに思えてきたぞ…(´・ω・`)
今期の人気アニメ視聴一覧