【とある魔術の禁書目録III 3話 アニメ感想】左方のテッラさん強いの?弱いの?一方通行、後方のアックアも登場!

内容をカンタンに説明すると…

  • 上条が落ちた先はフランス・アビニョン。天草式十字凄教の五和もまたC文書を追ってそこにいた。対立の影響で身動きが取れなくなった二人は教皇庁宮殿を目指す。
  • パイプラインを絶とうとした時神の右席、左方のテッラに行く手を阻まれる事に。特別な術式に上条と五和は追い詰められていく。
  • 今回は…テッラとの戦いは終りが見えない。そこへ土御門がやってきた。形勢逆転かと思いきやパワードスーツ軍団がぞろぞろとやってきて。テッラは姿をくらましてしまう。

【とある魔術の禁書目録III 2話 アニメ感想】五和ちゃんのお色気シーン炸裂!?物の優先順位を書き換える神の右席テッラ登場!

2018.10.13




【とある魔術の禁書目録III 3話】C文書【アニメ感想】

優先に勝てない

「神の子が人類の原罪を背負うためにはどうしてもここで殺される必要があった。そのために行われたのが只人と神の子の優先順位の変更です。
神の子の神話を完成させるために用いられた秘儀こそが私の術式、光の処刑なのですよ」

うう…む、難しい。それに対し上条さん安定の理解力すごい…。

「あの術式の前では強さや弱さなどが全て関係なくなってしまいます…」

五和ちゃんのセリフ納得です。

矛と盾を兼ね備えた相手という感じでしょうか。

土御門到着!相変わらず攻撃とともに自傷してますね。

学園都市の武力介入らしきものが来ました。妙なスーツを着ています。

「教皇庁宮殿でC文書を操ってるのは普通の術者ですしねー。純粋な大規模武力で攻め入られるのは少し厄介です」

テッラぬるっと沈んでいきました。





新型兵器の投入

「あのパワードスーツ…学園都市製だろ?連中は動かないんじゃなかったのか!?」

「今はテッラを追うのが先だ。こうなっちまったら神の右席も本格的な闘争に入る。C文書を潰すのは今しか…」

怒りの上条。

「暴徒を気絶させあのバルーンで街から排除してるようですね…」

暴徒排除バルーンとかすごいですね…。学園都市の技術…。

御坂に電話する上条。

「アビニョンって街で何か起きてねーか調べてほしいんだけど」
「はぁ?TVなんてどこつけても臨時ニュースばっかでそのアビニョンって街の話で持ち切りでしょ」

臨時ニュースレベルの事件になってましたか。

「どっかの宗教団体が国際法に触れる特別破壊兵器を作ったとかで学園都市も協力して掃討作戦が行われるって…」

その時上条は異変に気づきます。

(音が…消えた?)

テッラが現れました。

「あれは…C文書!?」

「術を行使していた凡人の術者を狙われてしまいましたのでねー。先に回収させていただきました。
私は人間の術式を扱えませんし今回はこのあたりで切り上げておくのが得策というやつでしょうねー」

その頃別行動で駆け回る土御門。

「相変わらず忌々しい副作用ぜよ…さぁ起きろクソッタレ共!全部壊してゲラゲラ笑うぞ!」

パワードスーツを一箇所に集めてました。

「そのHsPS-15には新型の自立型駆動補助装置が搭載されている。だがそいつはまだバグだらけの試作品なのさ。相反する条件入力を立て続けに受けると自立プログラムがフリーズする。
おまけに機体内のデータバンク機能も無駄に充実しててな。おかげで律儀にバグまで伝染しちまうのさ」

AIに間違った情報を送りつけるAI殺し‍というようなものでしょうか。

まったくステルスしてない爆撃機出てきました。

 

 

「わずか3kgの砂鉄がユーラシア大陸をぶった切るアースブレイドか。面白ぇもん作りやがる」

「作戦行動領域の隔離を確認。隔離区画全域への空爆に移ります」

「変更だ。狙いは教皇庁宮殿だろ?先にそっちを集中攻撃しろ」

「一口に悪っつっても種類や強弱が存在する。一流の悪党はカタギの命は狙わねぇんだよ」

一方通行さん!!





弱点見つけた!

「優先する!大気を下位に。小麦粉を上位に」
「優先する!刃を下位に。人肌を上位に」
「優先する!人肉を下位に。小麦粉を上位に」

優先にかないません。

「イマジンブレイカー…多少期待はしてたのですがまさかここまで未完成とは。本来の性能を回復していればその魔術師を庇うくらいはできたはずなのに」

本来の性能…?

「もしかして知っていたはずのことを覚えてないとか?どうして記憶を失ったのかそこから調査してみるのも面白いかもしれませんねー」

上条さんの記憶喪失設定忘れてた方もいらっしゃったのでは?

そして上条は何かに気づいた?

「てめぇが俺達に手加減したり見逃したりする義理はねぇ。となれば話は簡単。てめぇは俺達を殺さなかったんじゃない。殺せなかったんだ!一度に複数の対象に向かっては使えない!違うか!」

単体専用?もしかしてめちゃ弱い?

「私は知らなければならないのです!十字教と全ての最終目的、神聖の国。今の人類はそれに値するのか!」

「ローマ正教の神様もこんな争いを産むために教えを広めたわけじゃねぇだろうが!勝手に救いの定義を決め付けて一人で満足するって言うなら!そのふざけた幻想を今すぐここでぶち壊す!!」

男女平等パンチ!!!!!!

説教タイム→そげぶ→男女平等パンチの王道パターン。

「お前は強くなんかない。自分を強く見せかけて安全地帯に隠れてるだけの野郎がこの足で戦場に立ってる俺や五和より強いはずがねぇだろうが!」

「確かにイマジンブレイカーは我々とは相性が悪い…まるで自分達の努力を否定されている気分ですよ」

「イマジンブレイカーの正体は…」

テッラ燃えて退場。せめて正体話してから退場して。

もちろん死んでなどいません。場所を移動してました。

 

「単一の攻撃なら私の優先でいくらでも防ぐことができますからね」

「アックア。そちらにも話は行ってるでしょう。ロシア教会が正式に我々と手を組むことにしたと。これで日本へ侵攻するための足掛かりも強固なものとなるでしょう」

ロシア、ローマvs学園都市、イギリスの構図に

「光の処刑の照準調整のためにローマ近郊の子供達や観光客を使っているという報告は真実か?貴様は世界全人類を平等に救うため行動しているのではなかったのか?」

「ですから実験で的にしたのは異教徒だけですよ。さて。光の処刑も改善点が見つかってしまいましたからまた照準を調整しないと…」

「言っておくが貴様は神に選ばれることは絶対にないのである」

テッラ、あっさり粛清されてしまいました。

「ここはサン・ピエトロ大聖堂だぞ。仮にもローマ教皇たる私の前でそう簡単に破壊しないでほしいものだがな。で…次はどう動くつもりだ?」

「ヴェントは動けん。テッラも粛清した。ならば手は一つだけである」

「テッラの言う通りロシア経由で日本を襲撃するつもりか?」
「今回の件で思い知った。やはり戦場で刃を交えるのは兵隊だけであるべきだ」

「そうか。神の右席にして聖人としての資質も兼ね備えた貴様が出るか。後方のアックア」

アックアさんかっこいいですね~

(記憶喪失…あいつが?)

美琴が上条の記憶喪失の事実を知ってしまいました。

ツイート

C文書にイマジンブレーカー、謎が多いですね…。
テッラが複数相手できないとかものすごく一気に雑魚感が…すいません。
せっかく生き残ったのに一瞬で粛清されるくらいにはやっぱり雑魚…(すいません)
アックアさんものすごく聖人!って感じのする発言ですね。
上条さんの記憶喪失も気になります。あといろんな兵器が出てきたのも。
次回から章が変わるみたいですね?
今までどおりいろいろ調べながら理解していければいいなぁと思っとります。
今期の人気アニメ視聴一覧