【BANANA FISH 14話 アニメ感想】アッシュに死亡報道!英二は月龍によって軟禁されてしまい…!?

前回のあらすじ

内容をカンタンに説明すると…

  • アッシュVSオーサーの決闘が始まる。銃撃戦のさなか、アッシュは「キリマンジャロの雪」の一節を思い出す。
  • 決闘はアッシュの勝利に終わった。しかし彼もまた重傷を負い、現場に居合わせた英二やギャングたちは駆けつけた警察によって次々と連行される。
  • 今回は…月龍の計らいでシンと英二が保釈された。手術を受けたアッシュは思うように体を動かせないなか、FBIを名乗る男達によって国立精神衛生センターへ移送されてしまい…。

【復刻版BOX】念願の復刻版登場しています!!

スポンサードリンク

【BANANA FISH 13話 アニメ感想】アッシュとオーサーの確執!一騎打ちの末勝ったのは…!?

2018.10.05




【BANANA FISH 14話 アニメ感想】夜はやさし

月龍が動き出す…!

「シン・スウ・リンはいるか?」
「俺だ」
「出ろ。釈放だ」
「俺の仲間は?」
「エイジ・オクムラ、出ろ。よし、二人共ついて来い」
「…見ない顔だな?どこのグループだ?」
「僕は日本人なんだ。アッシュの友達で…」
「アッシュの?」

2人を保釈したのは月龍でした。
警察にまで顔が利くなんてさすが若様ですね。お金積んだのかな…。

「俺の仲間をあのまま放っとくわけじゃねーだろうな?」
「安心しろ。すぐに釈放の手配をしてやる」
「ならついでに、ケイン・ブラッドっていうやつも釈放してやってくれないか?」
「知り合い?」
「まぁね…」

迎えの車に乗り込み、月龍の屋敷に向かいます。

奥の部屋からでてきたのは華龍でした。なんか様子がおかしい…(´・ω・`;)
その変貌ぶりにシンも唖然とします。

「ダメだよ兄さん、部屋を出ちゃ」
「ア…アァ…」
「いい子だから部屋へ帰ろう。ね? 兄さんはね、病気なんだ」
「病気!?だって、まるで…」
「別人だって言いたいのかい?あの尊大で野心家の李華龍とは。そうさ。兄さんはただの人形になったのさ」
「……っ」
「どうした?お前兄さんが嫌いだったろう?実は僕もなのさ。ハハハ…ハハハハハ!!!」

月龍の高笑いにゾッとしました。
そういや、バナナフィッシュは彼の手に渡ったんですよね…。
グリフと似たような症状になってるし。使ったのか…(;´д`)

一方、英二は軟禁されます。

「君がアッシュの所へ行ったって、出来ることなんて何もないじゃないか」
「知ってるのか?!」
「もちろんさ。手術は無事済んで、最善の治療が行われている」
「良かった…!」
「ただし悪い知らせもある、ゴルツィネが帰国する」
「!!」
「当然、彼の所にも情報は入っているだろう。アッシュが重症で動けないなんて。あの悪趣味なおじさんがどんな顔で舌なめずりしたか、目に浮かぶようだ」

変態スマイルでヨダレを垂らすディノの姿が目に浮かびますね…←

英二はアッシュのもとに行こうとしますが、月龍が待ったをかけます。
彼に友達など必要ない。彼の周りには絶対の崇拝者か、オーサーのような敵対者しか必要ないのだ、と。

「まして君なんか彼の足を引っ張るだけさ。そんなことも分からないのか?頭が悪いね」
「…」
「どうしたんだい?変な顔して」
「僕はよく、年下に馬鹿にされるタチらしいけど…こんなに他人にむき出しの敵意をぶつけられるのは初めてだ」

あ、月龍って英二より年下だったんですね…(そこ

「ったく…人を苛々させるな。あんたは他人をどっちかの気分にさせるらしい。アッシュのように庇護欲を掻き立てられるか、さもなくば、滅茶苦茶に引き裂いて踏みにじってやりたくなるか。残念ながら僕は後者のようだ。理屈抜きの悪意というのは存在するんだよ。君には想像もつかないんだろう?」

月龍が英二に抱くのは憎しみや嫌悪感なんですかね?(´-ω-`)

育った環境も真逆だし、英二の平和ボケが腹立たしくて仕方ないのもあると思うのですが、「アッシュの友達」という事に一番突っかかってるような気もします。

アッシュを変えてしまう英二が目障りなのか…。
2人の関係に嫉妬してるようにも見えますが…。

月龍の胸中も複雑ですね。

「さて…。君をどうしようか?」





美少年は辛いよ

一時は生死の境を彷徨ったアッシュですが、手術を無事終え、意識を取り戻していました。
ジェンキンズとチャーリーが見舞いに来てくれても、決して弱みを見せません。

英二に弱音を吐くのは凄い事なんだな…と再確認しますね。

(アイツ…帰らなかったのか…)

英二を思い浮かべるアッシュ。次に死んだオーサーの姿がチラつきます。

「ハ~イ♥」
「気分はいかが?」
「私たち、今度あなたの担当になったの!」
「「「「よろしくね♥」」」」

看護師たちがやってきました。

貴重なお姉さん!!ハーレムじゃないか!

アッシュがお姉さんにチヤホヤされるのって初めて見たかも…( ´ ⊙ ω ⊙`〃)

「あ、い、いえ…?よろしく……」
「でね?私たちもう順番決めてあるの!」
「だから、そのときはすぐ呼んでね」
「何のこと…?」
「勿論これよ」

看護師さんたちが取り出したのは尿瓶でした。あっ…(察し

「頼むからあいつらを俺に近づけないでくれ!!あいつら俺を一人でトイレに行かせないんだ!ここはファッションヘルスかよ!!白衣の天使が聞いて呆れるぜ!!」
「美少年も楽じゃないな」

ジェンキンズとチャーリーに不満をぶちまけるアッシュでした(笑)

「あんた、英二に会ったかい?あいつここへ来た?」
「いや、あ、ああ。だが弁護士以外は会わせるわけにはいかないんだ」
「ふぅん…」

チャーリーは人が良いから嘘もまともにつけないのか…(笑)
アッシュにはお見通しのようです。

「知能テスト?」
「形式的なものだよ!一応義務付けられているので」
「俺が普通のイカレ野郎か本物のイカレ野郎か調べたいわけ?」
「はっはっは!冗談がうまいねぇ!」

検事局の男がやって来ました。
笑顔だけどめっちゃ胡散臭いな?(´∀`)

「――質問が」
「ん?何かね?分からない単語でも?」
「いえ。ここなんですが…」
(高等数学!?)

「最後の問題だけど、僕はフィボナッチの数列じゃないかと考えたんです。でもそうすると3の次は5なんですよね、ところがこの問題では6になってる、そこで前の項に頼らずに……」

半分以上何言ってるのか分かりませんでした(白目)

長々と理論を聞かされて男も「???」になってますよ。

「――それとも僕の知らない新しい数学理論でしょうか?何しろ小学校もまともに出てないもので」

どうやらミスプリントだったようです。

煽り方がセンスありますね(笑)

「あ、いやぁ、そこから先は無理にやらなくていいんだよ…、それじゃ次のテスト。これは何に見える?」
「――あんたの奥さん?」

ナイス答えです(笑)

「プロジェクトにはなんの支障もありません」
「なんにしてもこの小僧は始末する」
「しかしゴルツィネから、生け捕りにしたのなら引き渡して欲しいと」
「そんな悠長なことを言ってられるか。この小僧は私にとっても、我々にとっても命取りになりかねんのだぞ」

先ほどの男はディノや政府高官と癒着していたんですね…((((;゚Д゚))))





アッシュを襲う刺客!マックス本気出す!

「サリーはどうした?」
「…あら、起きてたの」
「午後の当番はサリーのはずだ。あんたは誰だ?」
「サリーは用事があって私が変わったのよ」

点滴の中身を入れ替えに来た看護師ですが、アッシュは違和感に気づきます。
鋭いですね…( ̄▽ ̄;)

「その中身は?」
「どうしてそんなことを…?」
「答えられないのか?」

看護師の正体は、共和党ウイリアム・キッパードらが仕向けた刺客でした。

乱闘の末、アッシュは刺客を拘束しますが、自殺を許してしまいます。

マックス「彼女が偽物だとよくわかったな」
アッシュ「匂いさ」
マックス「香水でもつけてたのか?」
アッシュ「その逆さ。殺しの現場に気配を残さないこと、プロの第一条件だ。だがそれが命取りだったな。看護師のくせに消毒液の匂いすらしなかったんだから」
マックス「なるほどな…。!! アッシュ!?」

傷口から出血が!!手術したばかりなのに動き回ったから…(;´д`)

(マズイな…こいつをこのままここに置いとくわけにはいかん!)

どこにいても敵だらけですね。気の休まる場所がありません。

「自分でも歯がゆいんだ。自分の体が思い通りにならないなんて」
「ここにいれば、こういうことは何度でも起こる。ゴルツィネを始め、お前に生きてられちゃ困る連中がわんさといるんだからな」
「だが今度のことはジジイの意思じゃないな。やつなら俺を生け捕りにしてなぶり殺しにするはずだ」

さすがディノを知り尽くしているアッシュ…( ̄▽ ̄;)

「お前が盗んだGOSEの二重帳簿、やつの帰国に合わせてこのネタをぶつけてやろうと思う」
「でもどうやって?今のあんたはフリーの記者だ。ブログにでも書くのか?笑われるだけだぜ」
「ま、ちょっとしたツテがあってな。充分気をつけろよ。必ずここから出してやるからな」
「あんたが?」

「父さんを信じろ!」

マックスパパ頼もしい!!(T▽T)

その後、とある新聞社にバナナフィッシュのネタを持ち込んだ彼は、先日のピーター・グラント上院議員殺しと関連付けて社長と契約を結ぶことに成功します。





アッシュが死んだ!?

「初めまして。君の事件は今後我々が担当することになった」

心理テストを受けたアッシュに問題あり、とみなした彼らは国立精神衛生センターにアッシュを移送するといいます。
なんというでっち上げ…(゚言゚lll)

ジェンキンズやチャーリーは事件担当から外されてしまいました。ただでさえ少ない味方が減っていく…。

目隠しをされたアッシュ。車中でニュージャージーに向かっていることを察します。こんな状況で自分の置かれた状況を冷静に把握するなんて、すごいです。

「何でも素晴らしい知能指数の持ち主だそうだが。とても何十人も殺した殺人犯には見えないよ」
「あんたたちだってFBIには見えないね。トム・スチュアートのスーツにフランコファッチのタイ、フォールデンのストレートラスト…あんまりらしくて笑っちまうよ」
「なるほど。確かに油断がならんようだ」

目隠しを解かれたアッシュを出迎えたのは、数人の医師と助手でした。
中央に立つ男がセンター責任者のドクターマナーハイムです。

ヤバそうなオッサンが次から次へと…(;´д`)

アッシュが移送されたのを知ったマックスはすぐに救出の策を模索しますが…

「はい?もしもし」
『マックス!ニュースを見ろ!早く!』
《――原因を捜査中です。対立するストリートギャングのリーダー同士の抗争で逮捕されたアッシュ・リンクス18歳は重症を負って市内の病院に収容されていましたが、今日、移送先の国立精神衛生センターで死亡しました》

し、死んだ!?Σ(゚д゚lll)

ケイン、シン達もそれぞれアッシュ死亡のニュースを目にする中、英二は軟禁部屋でそれを知るのでした。

ツイート

アッシュ死亡って明らかなデマですよね!?
マナーハイムはアッシュに何をする気なんでしょう。彼の頭脳に興味があるようでした。

傷も完治してないし自力での脱出は絶望的か…。ディノも帰国予定で不安要素が尽きません。

日本組の帰国は一旦保留。
じっとしていられないであろう英二。さらに破天荒な動きを見せてきそうです。

アッシュとお姉さんのやりとりには癒されました。「ファッションヘルスかよ!」で吹きました(笑)
チャイニーズやケインたちも無事釈放されたみたいで良かった(´∀`;)

月龍が本格的に動き出してどう影響するのか気になるところ。
バナナフィッシュを使ってディノと取引するつもりなのかな…。
チャイナ服もいいけどスーツ姿もお似合いでしたね(´∀`*)
今期の人気アニメ視聴一覧