【ソードアート・オンライン3期 1話(後編)アニメ感想】キリト&アスナの圧倒的夫婦力!次世代型フルダイブ機「トランスレーター」とは?死銃事件の真犯人襲来!

前回のあらすじ

内容をカンタンに説明すると…

  • 現実かVRか分からない不思議な世界。キリトは幼馴染のユージオ、アリスと、英雄ベルクーリ武勇譚に伝わる「果ての山脈の洞窟」を訪れる。
  • ダークテリトリーに入ってしまったアリスは禁忌目録に抵触し、整合騎士に連れ去られてしまう。そしてフルダイブ実験機の上で目覚めた桐々谷和人。その目には涙が浮かんでいた。
  • 今回は…GGOのデスガン事件から半年後の2026年6月。キリトは菊岡の紹介でとあるアルバイトを行っていた。アスナと帰宅途中、ラフコフの生き残りでデスガン事件の真犯人、ジョニー・ブラックに襲撃されてしまい…!?

【ソードアート・オンライン3期 1話(前編)アニメ感想】キリトがショタに!幼馴染のユージオ、アリス、新世界の物語が始まる!

2018.10.07




【ソードアート・オンライン3期 1話 アニメ感想】アンダーワールド(後編)

GGOでまたも不穏な気配…?

シノン、クライン、リズベット、シリカが銃で大暴れしてます!
まさかのGGOキタ━(゚∀゚)━!

シノン「出番よ!援護する!」

煙幕の中から颯爽と現れたのはアスナでした!
ふ、ふつくしい…!

そしてもうひとり。
ネカマキリトさんじゃないですか!!

アスナとネカマキリトが共演するなんて、夢のような光景ですね(*´д`*)

「フォトンソード?」
「チームB・C、グリッド4・6へ移動しチームA援護。グレネードの利用を許可する」
「へいボス、俺も行っていいか?」
「もう間に合わないだろう。大人しく見ておけ」

対戦相手の筆頭格と思われる男たち。
一人は(CV.石田彰さん)だから黒幕かな←

「任せて!!」

マシンガンの攻撃をフォトンソードで切り裂くキリト。
代わりを申し出たアスナは彼に勝るとも劣らない剣技で弾丸を切断していきます。レイピアの動作そのものですね。

狂戦士夫婦すぎる(笑)

「またか…!」

一人はキリトが倒しますが、もう一人には逃げられてしまいました。
そもそも銃の世界でフォトンソードが勝つのが異常なので(2期の時から言ってる

敵のリーダーは仲間に撤退を命じます。イレギュラーと戦っても訓練にはならない、と。
「本番の作戦」って何なのでしょう?

「また会おうぜ」

遠く離れたキリトに向けた言葉。男の目は赤く光っていました。
格好がラフコフに似てるような…(´・ω・`;)?

シノン「いくら自由にPK出来るって言っても、さっき戦ったスコードロンは異常だわ。普通のPKはアイテムやお金狙いだけど…」
キリト「あいつら俺たちを殺すことしか考えてなかったな。グレネードやスモークをバンバン使ってたし赤字じゃないか?」

なんだか危険な匂いがしますね。

勝率100%を誇る彼らに「変則的なスタイルでなら勝てるかも」とシノンがキリト達に協力を頼んだようです。結局、簡単に撤退されてしまいまいましたが。

リズ「正体とか目的とかはさっぱり分からないままだけどね」
アスナ「せめてリーダーの名前くらい分かればよかったんだけど…」





キリトのバイト内容、次世代フルダイブ実験機「ソウルトランスレーター」とは?

翌日、エギルの店でキリトとアスナ、シノンが落ち合います。
シノンの頼みで、キリトとアスナは第5回BOBに参加する事になりました。

「ねぇキリトくん。あなた、痩せたんじゃない?」
「そうかな…?」
「ほら、アスナだってそう思ってるじゃない」
「例のバイトのせいでしょ?また無茶して。体に異常はなさそうだけど…」
「何見てるの?」

アスナが見ていたのはキリトの心音と体温でした。なんでこんな物が(笑)

「でもどんな仕組みで!?」
「俺のここんとこに、超小型センサーがインプラントされてるのさ。そいつがネットを介してアスナの端末にほぼリアルタイムで情報を渡してる。今のバイトを始めるときに向こうから勧められてさ。毎回電極をぺたぺた貼られるのは大変だろうからって。で、その話をアスナにしたらこんなことに使われちゃって…」
「なんか和むのよね~これ見てると。キリトくんの心臓が動いてるって思うとこう、ちょこっとトリップしちゃうっていうか~」
「うわあ…なんかそれ危ないよアスナ…」

シノン引いてますけど(笑)
キリトはまんざらでもなさそうですね?
まぁ、本人達が幸せならいいか!( ̄▽ ̄;)

そして本題へ。キリトのバイトの話題になります。

「テストしているのはゲームアプリじゃない。新型フルダイブシステムのブレインマシーンインターフェイスそのものなんだ。開発しているのはラース」
「聞いたことのない会社ね」
「鏡の国のアリスに出てくる空想上の生き物と同じ名前だね。豚っていう説と亀っていう説があるけど」

アスナ、物知りですね。

「中の世界はどんな感じなの?」
「知らないんだ、俺…」
「え?」
「機密保持のためなんだろうけど、そのマシンが作るVRワールド内部の記憶は現実世界には持ち出せないんだ。テスト中にどんな物を見て何をしたのか、今の俺は一切合切忘れてる」

という事はアリスやユージオのことも覚えてない…。

「大元のところから解説しようか。そのマシン、ソウルトランスレーターのテクノロジーについて」

「光子のゆらぎ――それこそが人間の心なんだそうだ。ラースによれば」
「その光の集合体が人間のソウル、魂だってこと?」
「うん。そして、その人間の魂かも知れないものはラースではこう呼ばれている。《フラクトライト》」
「フラクトライトを読み取る機械《トランスレーター》って事なのね」

「ソウルトランスレーター(STL)はフラクトライトに短期的な記憶を書き込むことで見せたいものや聞かせたい情報を与える。《ニーモニックビジュアルデータ》って言うらしい」

専門用語が次々出てきて頭が混乱します(;´д`)
キリトの知識は日々増え続けてるんだろうな…。

魂に「書き込む」ことで現実世界と仮想世界の壁が薄くなってる気もします。

視覚や聴覚の信号を脳に送り込むアミュスフィアとはちょっと違うみたいですね。

「俺は最初、そこが仮想世界だと分からないくらいだった」
「でもそれは本当に安全なものなの?私、怖いよ…。そのアルバイトの話を持ってきたのは総務相の菊岡さんなんでしょ?」
「確かにあの男には気の許せないところがある。でも、俺は知りたいんだ。フルダイブ技術は一体どこに向かっているのか。予感がするんだよ。STLには何かある」

キリトの探究心はとどまるところを知りません。

「人が数分間のうちに何時間もの夢を見るように、実際のダイブ時間の数倍の時間を仮想世界で体感できる。それがSTL最大の目玉機能。《フラクトライトアクセラレーション》略してFLAだ」
「はぁ…」
「なんだかもう…」
「という事は、あんたがダイブしてた3日の間、中でどれくらいの時間を過ごしたわけ?」
「うーん、どうだろう…。10日なのか1ヶ月なのか、全く覚えてないんだ」

ダイブしてた3日の間…それが前半、アリスとユージオと過ごした時間?
キリトにダイブ中の記憶が無いのは仮想世界で体感した時間を現実世界に持ち込むと精神に悪影響をきたすからかな?と思ったり。

「どうにかひとつだけ教えてもらえたのは、実験用仮想世界のコードネームだけさ」
「へぇ。なんていうの?」
「《アンダーワールド》」
「地下の世界?」
「もしかしたら、それもアリスなのかもしれないね。不思議の国のアリスって最初は”地下の国のアリス”って名前なのよね。原題はアリスズアドベンチャーズアンダーグラウンド」
「…」
「どうかしたの?」
「いや…アリスって聞いてなにか思い出せそうな感じがしたんだ。何か…何か今すぐにしなきゃいけないことを忘れてる気がする……」

整合騎士に連れ去られたアリスを助けないと…。





キリトの告白キタ━(゚∀゚)━!

シノンと別れたキリトとアスナは帰路に着きます。

「キリトくん」
「アスナ。俺、やっぱり行こうと思う」
「アメリカ?」
「あぁ。次世代フルダイブ技術の研究はあっちの方が進んでる。どうしても見たいんだ。次の世界が生まれるところを」
「うん…」

アメリカに行くって( ゚д゚)
キリトは本気なんですね。

原点はアインクラッド。何のために、どこにたどり着くためにそこに呼ばれたのか。見届けようとしていました。

「それで…お、俺と…。俺と一緒に来て欲しいんだ、アスナ!」

実質プロポーズキタ――(゚∀゚)――!!キタ――(゚∀゚)――!!←

まだ高校生なんですよね…しっかりしてる…

「無茶なこと言ってるって分かってる。それでも俺…アスナがいないとダメだ!!」

「勿論。行くよ、一緒に。君の行く所にならどこだって…!」

圧 倒 的 正 妻 力

プロポーズは大成功です!良かったですねキリト!(T▽T)

君がいないとダメだ、なんて言われたらアスナも着いていくしかないと思うんですよ(笑)

二人は路上で幸せなキスをして終了(まだ終わってないぞ

幸せムードいっぱいだったのですが、一瞬、離れた所に人影が見えましたね…!?
尾行されてませんか?((((;゚Д゚))))





ラフコフの生き残り!ジョニー・ブラックとの再会…!

「あ!すみませ~ん!あの~、駅はどっちの方ですか?」
「えーっと…えっ?キリトくん?」

キリトがアスナの前に立ちました。
声をかけてきたのは、長身の男です。

「おまえダイシーカフェのそばにいたな?」
「はぁ~…!やっぱ不意打ちは無理か」
「誰だ?」
「へいへい!そりゃないよキリトさ~ん!って、あっちじゃいつもマスク被ってたっけなぁ~?」
「!」

そんな、まさか…(´・言・`)

「ザザの奴が捕まっちまったから俺が根性見せないとじゃぁん!?ラフコフ最後の一人としてさぁ!」
「ジョニーブラック!??」

思わぬ強敵でした。
大ピンチじゃないですか!!

ていうかラフコフしつけぇ!(;´д`)

キリトは癖で剣を抜こうとしますが、ここは現実世界…。
剣さえあればチートできるのに…!

「ムフッ!ハハハ!アハハハハハ!!無い~よッ!剣、無いぃ~よッ!!」
「お前、まだ逃げていたのか…」
「off course!しっかしキリトさんよぉ!剣が無いとタダのひ弱なガキですなぁ?俺を散々ブチのめした剣士様と同一人物とは思えねぇな~」
「お前だって、得意の毒武器は無いんだろ」
「――あるよ?毒武器あ”るよぉ”っ”!!」
「デスガン!?」

ジョニーブラックが取り出したのは死銃事件で使われた注射器でした。
真犯人は彼だったのか!!Σ(゚д゚lll)

そしてこんなシリアスシーンだけどジョニーブラックの喋り方が面白すぎて笑ってしまいます。

奇怪な笑い声を上げながら襲い来るジョニーブラック。
キリトはアスナを庇うように対峙しますが…

 

「キリトくん!!!」

毒薬を打たれてしまいました!!(゚言゚lll)
左脇って急所だし…かなりマズイのでは…

ここで次週に続くって生殺しですか…(;´д`)

キリト死なないで!!

ツイート

衝撃の展開で次週へ…!
ジョニーブラックもキリトの抵抗で負傷したけど、圧倒的にヤバイのはキリトですよね。
隣にいたアスナを巻き込まないジョニーブラックって実はいい奴なのでは?と思ったり←
キリトにしか目が向かないほど恨んでるという事か…。

GGOで交戦した石田彰チームも関係してきそう。
アスナのマシンガン溶断はお見事でした。ネカマキリトさんやっぱ可愛かったな…(笑)

ソウルトランスレーターの件も興味深かったです。
時系列的は前半→後半のままでいいのでしょうか?

OPも格好よすぎて痺れました!
新章にふさわしいクオリティ&盛り上がりでワクワクが止まりません!!

続きが気になる!!(;´д`)
今期の人気アニメ視聴一覧