【Free!3期 3話】凛の胸中は複雑極まる…!夏也が語るハルと郁弥の過去!ミハエルコーチは筋肉フェチだった!【アニメ感想・名場面】

前回のあらすじ

内容をカンタンに説明すると…

  • 郁也の個人メドレーがスタートした!ブレだけでなくフリー、バック、バッタ、全てを完璧に仕上げた泳ぎを目の当たりにし、ハル達は驚きを隠せない。
  • ついに再開したハルと郁也。中学時代のことを謝罪するハルだが…。「いいよもう、別に気にしてないから。昔のことだし」。郁也の態度は素っ気無かった。
  • 今回は…オーストラリアで水泳に励む凛のもとへ、一人の日本人がやって来た!彼の名は桐嶋夏也。凛のコーチ・ミハエルに指導を仰ぐが、あっさり断られてしまい…!?

【Free!3期 2話】ハルと郁也、運命の再会!!中学時代の約束が果たされる日は来るのか!?【アニメ感想・名場面】

2018.07.19




【Free!3期 3話】異国のフィストスイム!【アニメ感想・名場面】

 松岡凛と桐嶋夏也の出会い!

「なんだ?次はお前が相手をしてくれるのか?」

凛のコーチ・ミハエルの指導を受けたい、とオーストラリアにやって来たのは郁也の兄・夏也でした!
「ここにいる全員と勝負して勝ったら俺のコーチになれ」って道場破りか君は!!(笑)

しかしその強気は実力あってこそのものだったようで。
凛がプールに到着した時、すでに4人の選手を打ち負かしていました!
中学時代とは比べ物にならないくらい強くなってる!!

ていうかTYMの温泉旅行で面識ありませんでしたっけ?(・∀・)
二人共覚えてないんでしょうか。完全に初対面のリアクションなのが面白い(笑)

凛は勝負に乗っかろうとしますが、ミハエルに制止されてしまい…。

ミハエル「何人勝ち抜こうが、僕は君を教えるつもりはないよ」
夏也「なぜですか?少なくともこいつらより俺は早いんですよ」
ミハエル「僕は早いだけの男に興味はない」
夏也「ほかに何が必要なんです?」
ミハエル「知りたいかい?それは…」

「筋肉。君の筋肉、僕は好みじゃ無い」
「なんすかそれ!!?」

ミハエルコーチ、まさかの筋肉ヲタだった(笑)

もしかして凛のコーチを買って出たのも凛が気に入ったから、というより凛の「筋肉が」気に入ったからなのでは!?
素人目には凛も夏也も同じ筋肉に見えますけど( ̄▽ ̄;)

江ちゃんと気が合いそうですね!!





 桐嶋夏也のグローバルでフリーな水泳人生!!

練習が終わり、凛は街の案内を兼ねて夏也と夕食を食べに行くことになりました。
夏也、色々強引すぎます(笑)

「俺は選手じゃねぇ。どこのチームにも属してないからな。」
「じゃあ今は…」
「ただの賞金稼ぎだ。世界中あちこち放浪しながら、気が向きゃ賞金のかかったレースに出る。そして勝つ!んでもってその賞金でまた次の土地へ旅立つ」

水泳人生にも色んな道があるんですね!(°ω° )
かなりシビアだし不安定な生活だと思うのですが。夏也にはこの道が合ってるようです。破天荒な生き方してるなぁ…(笑)

出身の話になるとハルが共通の知人だということが判明し、会話が盛り上がります。

「いつかハルと…同じ世界の舞台で泳ぐのが俺の夢です」

この夢、叶うといいですね(*´∀`*)
2人が世界の舞台で泳ぐ姿を楽しみにしてる視聴者も多いと思いますよ!

「そうか、なら俺の弟ともライバルになるかもな…」
「弟がいるんですか?」
「・・・・・・」
「夏也さん?」

夏也は泥酔してしまいました。
気になるワードを残して寝るな!!(笑)
郁也の話題になりそうだったのに…いいところだったのに!(笑)
まぁジョッキ3杯も飲んだらこうなるのは当然かとヽ(´Д`;)ノ

その後、凛は夏也を滞在先のホテルまで送り届ける羽目になりました。

凛「ったく。世話が焼ける先輩だよなぁ…」

ほんとどっちが先輩なんだか!(笑)





 再開が原因でメンタル不安定に!?

郁也に会いに行く計画を立てる3人ですが、ハルと旭は特に慎重になっていました。

「真琴は郁也とちゃんと話したんだろ?」
「うん。ハルが部活をやめて、旭が転校していったあと、少しね。チームは解散しちゃったけど郁也は前向きに水泳に取り組みたいって言ってた」

真琴と郁也のツーショットは珍しいですね!

前向きに、とは言いつつも郁也の目はどこか寂しげでした。
結果、今の個人スタイルになったわけだし…。本当に前向きに取り組めたのか?と疑問に思います。

その後、兄の夏也とアメリカに行ったところまでは3人とも知っていました。
しかし郁也と一緒にいたアイツ(日和)は誰だ?高校の友達?
そもそもアメリカからはいつ帰ってきた?
高校はどこに行っていた?

かつてのチームメイトのことを、ハル達は何も知りませんでした。

無言になる室内。まるでお通夜の雰囲気ですよ(;´Д`)

一方、練習に励む郁也の泳ぎに、乱れが生じていました。
脳裏をよぎったのは酸欠で溺れた時の光景…。
ハルと再開してから、少しだけ調子が狂っているようです。

「お疲れ郁弥。いつもと少しリズムが違ったみたいだけど。何かあった?」
「別に…何もないよ…」
「でも息が少し乱れてる」
「日和は心配しすぎ…!」

日和の過剰な心配はもはや「執着」「依存」のレベルですよね(笑)
なんでこんなに郁弥に肩入れしているんでしょうか?
大切な友人、というのもあると思いますが、それ以外にも何か理由がある気がしてなりません。





 ハルと郁也の中学時代を知った凛は…

「郁也は中一の夏、遥達と一緒にリレーを泳いだんだよ。だがそのあと遥が退部した。ほかの奴らも転校したりで次々と部をやめちまって、チームは解散。結果郁弥は一人になった。それで郁也は中二の時、俺の留学先だったアメリカに来た。ま、別に遥たちを恨んじゃいないけどな」

ハル、凛、郁弥の関係が全て繋がりました!!
夏也はハルが水泳をやめた原因を知らないんですよね…。無自覚とはいえ、凛の胸中は複雑かと。

凛が思い出したのは、中一の夏、ハルと勝負した時の事です。
自分にも責任の一端があると思ったのでしょうか?
あの頃はみんないっぱいいっぱいで、周りを構っている余裕なんてありませんでしたから…。誰が悪い、というわけではないと思うのですが(´;ω;`)

渡米してからも練習に打ち込んでいた郁弥は、無茶な練習で酸欠を起こし、入院した事もあるそうな。
この時すでに日和の姿がありましたね!
2人の出会いはアメリカか…。

郁也がリレーを泳がなくなったのもこの頃からだそうで。

夏也「個人メドレーでは次々と良い記録を出しているみたいだが、このままだと壁にぶち当たるんじゃないかと思ってる」

これは壁にぶち当たる未来が待っている、と思っていいのでしょうか?
すでにスランプの兆しもありましたね…。

「夏也さんは自分の夢を…」

途中で遮られた凛の言葉。
夏也の姿が、亡き父と重なります。
さりげなくお父さんのご尊顔初披露じゃないですか!?(°д°) 凛に勝るとも劣らない爽やかイケメンでした!!

夏也は、自分の夢を郁弥に託しているのかもしれませんね…。

「なぁ!俺と勝負しないか?フリーの200でどうだ!俺が勝ったらお前のアパートに泊めろ!ホテル来週までしか取ってないんだ!」

夏也の提案で対戦することになりました。ポケモンバトルしようぜ!みたいなノリでグイグイ来る(笑)
もう辺りは真っ暗なんですが…(´Д`)

(並ばれた!?)
(お楽しみはこれからだぜ!!)
(くそ!!なんてパワーだ!)

前半、凛が前に出ますが、夏也も凄まじい追い上げを見せます!
ターンキックの動きといい、水しぶきといい、神作画にも程がある…!
実際に水中にいるような錯覚を起こしましたよ!
そして今回の海洋生物はサメでした。Free!独特な表現方法、面白くて好きです(笑)

「おいおい…明け方からじゃなかったのかよ雨。ま、勝負はお預けだな…」

なんということでしょう!!勝負の中断を余儀なくされてしまいました!
空気読んで雨!!

「楽しかったぜ、ありがとよ。お前のおかげで俺も一緒に泳ぎたい奴がいるのを思い出した」

夏也の「泳ぎたい奴」と言ったら芹沢尚しかいないでしょう( ̄∀ ̄)
日本の大学で学んでいるようですが…真琴と同じ指導者を目指してるっぽい?

ていうかあれ!?夏也がオーストラリアを離れるみたいなんですが。
この勢いで日本に来そうな感じじゃないですか!?

翌日、いつもの練習場所で凛とミハエルが顔を合わせます。
先日まで夏也が座っていた席には、誰もいませんでした。

「夏也くんはもう来ないようだね」
「本当に筋肉が好みじゃなかったんですか?」
「凛くん…筋肉には二通りしかない。僕好みの筋肉と僕好みじゃない筋肉!彼の筋肉は後者だ」
「本気で言ってたんですか」

突如始まったコントに笑いました。
しかしミハエルがコーチを受けなかった理由はそれ以外にもあったようで。

「僕が教えてもあまり意味はなかったかもね。大事なものはここにないって顔に書いてあった」
「そんなこと分かるんですか?」
「昔、同じような奴がいたからね…」

さすが一流のコーチ。夏也の真意を見抜いていたようです。
筋肉だけじゃなかったんですね←

同じような奴って誰なんだろう?(´・ω・`)
心当たりといえば凛の父親か…
アメリカ留学時代の郁弥とか?(面識があったらの話ですが

 霜狼学院大学へ!!

いよいよ霜狼学院大学に乗り込むハル達!!
次回予告は不機嫌そうな(?)旭&ハルと、真剣な表情の真琴!
そしてまたも立ちはだかりそうな日和!!
横並びで泳ぐのは誰と誰なの!?

次週が待ち遠しいよ!!!(T▽T)

ツイート

凛クラスタ悩殺のシーンが満載でしたね!(笑)
焼かれるハムになりたいとか、半熟卵になりたいとか、コーギーになりたいとか思った視聴者が絶対いるでしょ!正直に手を挙げて!!←

「そうですね、生意気だったんです」って中学時代を振り返る凛。成長したなぁ…(´∀`)
でもハルと郁弥の過去を知って申し訳なさそうにする姿は……見ているこっちも辛くなります(´;ω;`)
凛が悪いわけじゃないけど、間接的に関わっているのも事実で。
見て見ぬふりをするのは難しいですよね。

夏也の破天荒な生き方にも痺れました。中学の時よりやんちゃになってません?(笑)

ハルと郁弥を襲う不調。これを打破するためにもやっぱりきちんと向き合って話し合わなきゃいけない気がします。それをなぜか妨害しようとする日和の存在。次週も絶対何かしらしてきますよ。
彼を避けつつ郁弥にたどり着くにはどうしたらいいんだろう…どうにかして引き剥がさなきゃ…←趣旨変わってる
今期の人気アニメ視聴一覧