【BANANA FISH 2話】英二、空を飛ぶ!!ディノの罠に嵌められたアッシュは刑務所の中へ…!【アニメ感想・名場面】

前回のあらすじ

内容をカンタンに説明すると…

  • ニューヨークの裏路地で銃殺された男から、謎の住所と小さなロケット、そして「バナナフィッシュ」という言葉を託されたアッシュ。廃人状態になった兄と何か関係しているのでは、と調査を始める。
  • 日本人カメラマン補佐の奥村英二は、ストリートキッズの取材中に事件に巻き込まれ、アッシュの子分と一緒に誘拐されてしまう。
  • 今回は…オーサーとマービンの拘束から逃れた英二たち。しかしアッシュはディノの罠にはまり、マービン殺害の容疑で連行されてしまう。

【BANANA FISH 1話】アッシュイケメンすぎぃ!!平和ボケした英二の場違い感すごい!バナナと魚の謎を追え!!【アニメ感想・名場面】

2018.07.06




【BANANA FISH 2話】異国にて【アニメ感想・名場面】

 囚われた3人は脱出を図る!!

アッシュ「俺たちをどうする気だ?」
アーヴィン「お前次第さ。いい子になるならパパにとりなしてやらん事もない」

アッシュはオーサーが待ち構える廃ビルに乗り込みますが、スキップと英二をかばい、自らも拘束されていまいます。ここで初めて、マービン(とコルシカマフィア?)も関わっている事を知るのでした。

「はぁ――。…話がある。あんたにだけ」

見るからにアッシュの罠なんですが、マービンは言われるがままに人払いしちゃいました。
アッシュに激甘(笑)

(あいつゲイなんだ。アッシュに気があるんだよ)
「ええええええ!!?」
(シーって!)
「うっそぉ~~っ…!」
(だからシーって!!)

色仕掛けするアッシュと並行して、英二の純粋なリアクションが面白かったです。スキップの方が大人に見えますね(笑)

「やったねボス~!さすが!」
「逃げるぞ!」
「おう!」

一瞬の隙を突いてアッシュがマービンを倒しましたよ!ついでに踏みつけて行くあたり、本当にマービンのことが嫌いなんだな…

命の危険と隣り合わせな世界とそこで生きる彼らに圧倒される英二は、「逞しいな…」とただただ感嘆するばかりでした。

見張りの目を盗んで脱出を図る3人!しかしオーサーの手下に見つかってしまい、敵の追撃をかわしながら出口を探します。

「行き止まり!!」

彼らの前に現れたのは、数メートルにも及ぶ高い壁でした。上部には有刺鉄線も付いています。

絶体絶命の状況に悔しがるスキップと、”あれ”を渡して二人だけでも助けてもらおうかと思案するアッシュ。
そんななか英二はおもむろに排水管を取り外し、高跳びの棒替わりにしようとします。学生時代は棒高跳びの選手だったんですね!!

 

「この塀を飛び越えるんだ」

しかしマットがあるわけでもなし、ましてや排水管は錆びて腐っています。重さに耐え切れず、途中で折れてしまったら…。かなり危険な行為です。
仰天するスキップ。頭がイカレちまったのか?と言うアッシュに完全同感です!





 覚悟を決めた英二!

「どうせ死ぬんだったらなんだってやってやらァ!!!」

英二って見た目にそぐわずタフな所がありますね。覚悟を決めるともう、止まりませんでした。

背後に追っ手が迫るなか、集中力を高めて駆け出し、棒を地面に突き立てて……

スキップ「うわぁ~っ!飛んだ!!!」

英二は軽々と、そして華麗に塀を飛び越えたのでした!!
技術はもちろんですが、度胸のいる行為ですよ!
追い詰められると実力を発揮するタイプか…( ̄∀ ̄)

英二の神業に大はしゃぎするスキップ。子供らしいリアクションが可愛い(*´∀`*)

塀を飛び越えた刹那、宙に浮かぶ英二はまるで空を飛んでいるようでしたね!
その姿に釘付けになるアッシュ。
非現実的な光景だったからなのか、突破不可能と思われた壁を超えていく英二の姿勢に心を突き動かされたのか…。
いずれにせよ、今回のできごとは彼が英二に一目置くキッカケになるのかな?(´-ω-`)

マービン「あのガキ(英二)をどこへ隠した!?」
アッシュ「逃げちまったよ。空を飛んでなぁ」

逃げ遅れたアッシュとスキップは再び拘束されてしまいました。
マービンもまさか英二が自力で脱走したとは思わないでしょうね(笑)
侮辱されたと勘違いしたのかアッシュを殴り倒します。アッシュは本当のことを言ってるのに!!

「とにかく…早く…知らせなきゃ…」

一方の英二ですが、あの高さから着地すれば無傷で済むはずがなく!!
腕にはガラス片が突き刺さっています。派手な致命傷じゃないけどかなり痛そうです…
流れ出る血に目もくれず、街にたどり着いた彼は警察に助けを求めます。

「アッシュは僕を助けてくれた…スキップだって僕がいなきゃ逃げられた…ただ足でまといで…」
「君がいたからふたりの居場所が分かったんだ。必ずチャーリーたちが助けてくれるよ」

病院で手当を受けながら、自分の非力を嘆く英二。再開した伊部さんの優しさが染み渡ります。伊部さんの安心感が半端ない(´;ω;`)





 スキップウワァァ—–。゚(゚´Д`゚)゚。—–!

英二のタレコミを恐れて場所を移そうとするマービン。

「オーサー出てこい!!裏切り者!!」
「アッシュ!スキップ!どこだ!?」

騒ぎのする方を見ると、ショーターとその仲間たちがオーサーの部下と乱闘しているじゃありませんか!
アッシュとスキップを救出しに来たんですね!!
ショーター良い奴だし、自力でアッシュたちの居所を探し当てるし…。そういえば先週アッシュにいち早く警告してきたのも彼でしたよね!めっちゃ有能じゃないですか!!

英二の情報提供をもとに刑事たちも駆けつけ、オーサーは撤収します。

「こんな楽に死なせてやるつもりじゃなかったがなぁ…!!」

窮地に立たされたマービンはアッシュに銃口を向けます。
その時、アッシュを庇おうとひとりの少年が飛び出すのですが…

いやああああああああ!!!!(´;言;`)
嘘でしょ、スキップ!?スキップ!!

アッシュがすかさず駆け寄りますが、スキップの瞳孔は開いていき……やがて動かなくなりました。

マービンおまえ何してくれとんじゃああ!!!(発狂)

なんであんなにいい子が死ななきゃいけないの…
何をしたって言うんですか…(´;ω;`)
でもこんな世界だからこそ、スキップのような優しい心の持ち主は生きていけないのかもしれない……。

「待てマービン!!!」

車で逃走を図るマービン。アッシュは一瞬の判断で空いた車に乗り込み追走を始めました。
市警のジェンキンズとチャーリーも駆けつけますが一足遅く…。
焦りと苛立ちで怒るショーターの気持ちも分かります。





アッシュを待ち受けるディノパパの罠!!ニューヨーク市警も黒なのか…?

マービンを追跡してとある建物にたどり着いたアッシュ。入口やドアが空いていたりで不審に思いますが、部屋の奥へ進んでいきます。

彼を出迎えたのは、すでに息絶えたマービンでした。

「殺人の現行犯だ。連れて行け」
「俺はやってねぇって言ってんだろ!!!」

ニューヨーク市警の刑事によって、アッシュが連行されてしまいました!!
全てはディノパパの罠だったのです…((((;゚Д゚))))

「よぉジェンキンズ。管轄外までお出ましとは、相変わらず仕事熱心だな。しかしこれは俺のヤマだからなぁ…」

遅れてやってきたジェンキンズとチャーリーに、エヴァンスタインはそう言います。
彼はジェンキンズと管轄違いの刑事のようです。
皮肉屋なうえに尋問をする最中もアッシュが嫌がることを執拗に繰り返してきます。お手本のような悪徳刑事だ…。

「触るな!!その汚ぇ手で俺に触るな…!!」

尋問に同席したジェンキンズはアッシュの身を案じて話しかけますが、返って来たのは強い敵意だけでした。
ジェンキンズは良い人なんですが、アッシュにしてみれば「大人」というだけで信用できないんですね…。エヴァンスタインのような心無い大人に、たくさん傷付けられてきたのでしょうか…。

「仰せのとおり、山猫は檻に入れたぜ。――ああ、頼む。警察官の年金なんてたかが知れてるからなぁ」

あ……そういうことだったんですね(白目)
どおりで事件現場に駆けつけるタイミングもバッチリだと思いました。
エヴァンスタインは真っ黒です。
お金と引き換えに汚職に手を染めるとは何たる下劣!!ましてや無罪の未成年を殺人犯に仕立て上げるなんて…。

電話相手は絶対ディノパパですよね??

ディノパパって警察だけじゃなくて地方判事にも通じてるみたいなんですが…。もう誰を信用すればいいのか分かりません(´;ω;`)
ていうか公務員たち買収されすぎぃ!しっかりしてくださいよ!!(゚д゚lll)

英二の説得とアッシュの覚悟

「彼はマフィアのボスにたった一枚の切り札で歯向かうつもりなんだ…このままじゃ間違いなく殺されるだろう。頼む英二!切り札をこちらへ渡すよう、アッシュに話してくれ!!」

アッシュを説得できる唯一の存在は、彼が命を危険にさらしてまで助けた英二だけではないのか?
そう思ったチャーリーは事件を解決するため、そしてアッシュを助けるためにも、英二に懇願します。

「スキップにお礼も言えなかった…。…アッシュ、あの……」

英二はアッシュを説得しようと試みますが、チャーリーに言われてきたんだろう?と見透かされてしまいました。
なんだかアッシュの話し方が優しい…?英二には心を開いているようですね。

「お前はいいな…。あんな風に飛べて」

空を飛ぶ鳥を見て、そう呟くアッシュ。
彼にとって英二は別世界の人間で、何のしがらみにも囚われていない事が羨ましいのでしょうか?でもそんな英二のようになれない事も悟っていて…。

「英ちゃん!!どうしたんだ!?」

涙を流して病室から出てきた英二。すかさず駆け寄る伊部さんが完全にオカンです(笑)

「アッシュはもう、覚悟を決めてしまってるんです。僕は、とても言えなかった。他の奴に任せろなんて……」

英二は心を痛めていました。伊部さんも沈痛な面持ちですが、情に流されることなく事態を受け止めているようでした。この辺割り切っているところに経験の差が出てますね。

 州刑務所も魔窟っぽい

ジェンキンズ「まずいことになったぞ!アッシュが州刑務所に一時輸送される」

地方判事の判断で既に手続きが行われてしまったそうです。先程ディノパパが連絡を取っていた相手ですね…。
ボルツィネの息の根がかかった人間が五万といる刑務所に放り込まれれば、アッシュはたちまち殺されてしまいます。

「チャーリー!急いでマックス・ロボに会え!!あそこには幸か不幸か奴がぶち込まれてる!!奴にアッシュを守らせろ!!」

マックスってイラクの米兵乱射事件の生き残りでしたっけ?(´・ω・`)

マックスと会う予定だった伊部さんと英二を連れて、チャーリーは刑務所に急行します!

「これがお前たちの獲物だ」
「なんだ、お姫様じゃねぇか!」
「面白くなりそうだぜ」

おそらく刑務所員の男が、囚人たちと何やら打ち合わせをしてますね…。
ここの刑務所員も黒かぁ…(´д`)

アッシュが「獲物」と言われてる時点で、殺られるか掘られるかの展開しか見えないんですけど←

そしてついに刑務所へ足を踏み込んだアッシュ。囚人の反応が動物園状態です!!
周りはディノパパの手先(しかも権力者)ばかり。これからどうなっちゃうの…!?

 

ツイート

拘束された3人のなかで英二がいち早く脱出するとは思いませんでした(笑)
しかも自力で!棒高跳びで!英二にはまだ隠された実力があるのでは!?

ディノパパが取り戻そうとしている物こそが「バナナフィッシュ」で、アッシュが手にしている白い粉なんでしょうか?彼をあそこまでさせる何かが「バナナフィッシュ」にはあるみたいですね。

刑事、刑務所員、地方判事、と尽くディノパパの息が掛かってて笑うしかない…(^ω^)
アッシュ大好きショタおじさんだと思って舐めてました…マフィアボスとしての実力は確かなようです。

頼みの綱はマックス・ロボだけ!!
味方が出来るのは心強いけど、権力者と多くの敵相手にどう渡り合っていくのでしょうか!?
今期の人気アニメ視聴一覧