【食戟のソーマ 餐ノ皿 遠月列車篇 22話】幸平創真VS十傑第6席、紀ノ国寧々!創真の運の悪さに絶望する寮のメンバー達!一色慧パイセン覚醒キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!【アニメ感想・名場面ランキング】

前回のあらすじ

内容をカンタンに説明すると…

  • 創真はどうして薊が今の様になってしまったのか城一郎に尋ねる。城一郎の極星寮時代の話が明かされることに・・・。
  • 天才的な発想で大会を総なめにしていく城一郎に徐々に重圧がかかっていた。それに気づいた仙左衛門が城一郎を学校から解き放つことに。
  • 今回は…連隊食戟の決戦日、仲間を集めた創真達。退学になった極星寮のメンバーたちも応援に駆け付ける。創真は紀ノ國寧々の得意分野をテーマ食材に選んでしまい…。

【食戟のソーマ 餐ノ皿 遠月列車篇 21話】才波城一郎の過去回キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!天才すぎる創真パパの偉大さと脆さが明かされる!【アニメ感想・名場面ランキング】

2018.06.04




【食戟のソーマ 餐ノ皿 遠月列車篇 22話】決戦の地へ【アニメ感想・名場面ランキング】

5位 ある意味特別

「はいはーい!そこの退学組のみなさ~ん!」

「みなさんには特別観戦席を設けてま~す」

「ってあんさんこれ…どう見ても牢屋やないかーい!!」
「ふざけんなおら~~!」
「トイレ行きたくなったらどうすんだこら~!」

「お前ら薊様のご慈悲で観戦できるんだ。ありがたいと思え!」

「大丈夫?みんな」

「薙切家の私まで」

「俺は落ち着くっすよ」
「なんでだよ」

「屈辱…」
「くよくよすんなえりな様が心配すんぞ」

「そうだな」

誰ですかこの性格悪そうな可愛いアイドルは!(違)

 





4位 新十傑…誰?

「さぁ!1st BOUTの料理人が決定しました!」

「女木島冬輔!」

「一色先輩!」

「幸平キターーーーーー」

「俺らで全員蹴散らすつもりでかかるぞ。一色」
「やる気満々で頼もしいです。女木島さん」

「そしてセントラルは…」

「新たに十傑第五席になった…」
「鏑木祥子!」

「一色先輩の相手は同じく新十傑第八席の白津樹利夫」

「幸平と戦うのは十傑第6席、紀ノ國寧々」

「私の相手は幸平創真君。あなたね。泣かせてしまったらごめんなさい
「お手柔らかにどうぞっす」

「幸平創真!ボコボコにされちまえ!」
「寧々先輩!反逆者なんてぶっ殺してください!」

「汚いヤジは嫌い」

「あの冷たい視線!」
「たまんねぇぜ…」

十傑に新キャラ登場!ってレベルでわからないです…。





3位 プチっ…

「俺はお前と肩を並べセントラルで活躍することを夢見たのに!なぜ薊総帥に従わない!お前は馬鹿だ!大馬鹿野郎だ!」

「あは」

「全然動じてねぇ」

「紀ノ國!お前からも言ってやれよ!一色家の、名家の落ちこぼれ者ってさ!」

「名家の落ちこぼれ?」

「ははは。酷い言われようだね。でも本当の事だし仕方ないな」

「一色!お前にはプライドがないのか?七席から落とされてもなお極星寮とかいう格下連中のたまり場に居続けているそうだな?」

「お前の為に言わせてもらうぞ!その程度の連中など一色家の者が馴れ合っていい輩じゃない!」

「えっと…白津君?少し黙ろうか」

「なんだと…?切られた血管自身が切られたことに気付くのが遅れたみてぇだった…」

(畜生…今ならはっきりわかるぜ。やっぱりあの時は実力の半分も出してなかったってことか…化物じみた腕前…何者なんだこの人は?)

「その程度…か。やれやれ。僕はともかく寮のみんなに対してそこまで言われるとは思わなかったな」

「よし決めたよ。白津君。君の事は本気で叩き潰そうかな」

 

か、かっこいいです…。ぞくぞくします。





2位 モブ感

「いいぞ。落ち着いているね創真君」

「ぬお!あの…一色先輩調理は…」

「ああ。僕の事は気にしないで。メンバーを鼓舞することもチームワークの一つさ」

「思い出すんだ!僕らの極星寮で過ごした青春の日々を!」
「うす!」

「一色!よそ見はそこまでにしてもらう!料理ってのは調理中の俺達の立ち振る舞いもすべて含めた芸術。俺達自身も作品の一部だ。俺と向き合って一つの芸術を作ろう。俺とお前ならできるさ…」

「出るぞ決め技!本人がペッパーミルのロンドと呼んでる動きだー!」

「織り成そうぜ最高の競演、Sessioneを!」

「ごめん。君名前何だっけ?」

 

 

自分で動きを名づけてるのちょっと恥ずかしいです

1位 強運?悪運?

「さーて!各対戦カードのテーマ食材を抽選しまーす。さくっとくじをお引きくださーい」

「んじゃ紀ノ國先輩どうぞっす」

「いえ。そちらが引いて構わないわ」

「クリーンでフェアな勝負をしたいものね。叡山とは違って」

「でも言っておきます。私を蕎麦に代表される和食だけの料理人と思わないことだわ幸平創真君。君がどんなテーマを引こうがどんなジャンルで戦おうが」

「君の皿を叩き潰す事実は変わらない」

「言ってくれるっすね。じゃあお言葉に甘えてくじをっと…」

「あ」

「はっはー!やったぜ!なんとなんと第3カードのテーマ食材は紀ノ國寧々の得意技・蕎麦に決まったー!十傑側が勝利へ近づいたぞ!ざまぁみやがれ反逆者共がぁ!」

「幸平ー!お前のくじ運の悪さ何なんだよ!」

「もうだめだ…」

「創真くん…」

「私が悪いんじゃないから…」
「あ。なんかすんません」

なんとなく予想はつきましたがこれはひどい(笑)

ツイート

頼もしい助っ人連れてきましたね!!
完全アウェイなのはわかってましたが選んだ食材までとは創真くん運がすごい!色んな意味で。
アリスが元気そうで良かったです。白衣三人組もまた結成できそうですよね。
寧々さんの蔑みの目最高です、ファンがいるのもわかります。
そして一色先輩が怒ったのも最高です!もうクライマックスに向けてワクワクしてます。
今期の人気アニメ視聴一覧