【鬼灯の冷徹 第弐期 23話】芥子ちゃん回再び!!精神と肉体を鍛える為に寺に行ったり異種格闘したり…実況の鬼灯とルリオはノリノリだ!【アニメ感想・名場面ランキング】

前回のあらすじ

内容をカンタンに説明すると…

  • ミキはテレビでのキャラ作りのストレスが頂点に達していた。鬼灯の代わりに園児たちに似髻虫のことを教えにいくことに。
  • 獄卒研修生達を集めて似髻虫の説明をしていたところ、シロが似髻虫の餌食に。緊急手術をすることに。
  • 今回は…芥子は悩んでいた、精神的にも肉体的にも強くなりたいと。たぬきを克服したいと修行に寺へ行ったがそこに居たのは狐と狸であった。

【鬼灯の冷徹 第弐期 22話】似髻虫は尻を狙う!シロのライフはもうゼロよ!マキミキのJHK(地獄放送協会)番組始動!【アニメ感想・名場面ランキング】

2018.06.04




【鬼灯の冷徹 第弐期 23話】こんぽんてきに/異種格闘技戦【アニメ感想・名場面ランキング】

5位 気候が原因?

「うさぎが獅子を制した瞬間です」

「やりましたね芥子さん、まだ余裕といった表情です」
「表情、元々ないけどな」

 

「続いては…」

「八寒地獄のホワイトブルドーザー、ホッキョクグマのポラリス!」

「熊~~~やれやれ~~」

「はやかった」

「やはり八寒地獄の動物には熱さがきつかったようですね」

「熊~~~~なさけねぇ」

これは熊にとってフェアな戦いではなかったのでは…





4位 修行と言えば

「さてどうしましょうかね、修行…」

「あ、修行と言えば、というところを思い出しました」

「地獄にお寺様があったのですか?」
「あるんですよ、人はあまり来てないようですが」

「お葬式、ないですしね」
「寺は本来葬式をするところではありませんよ」

「僧が修行する所ですから。修行にもってこいです」
「なるほど」

「がんばりま~すよ~」

「紺本寺住職の守鶴です」

「同じく住職の白蔵主です」

「おのれたぬき~~~~!」

「でや!」

「やりよる!」

「なんとうさぎとな。いきなり血の気の多いやつじゃ。しかし甘い、ぺーぺーぺー」
「ふんすふんす」

「ほら、メンツにしても力にしても修行になるところでしょ」

勝手に体が動いてしまうんですね…しかしこの住職かなりの手練れでは?





3位 例がひどい

「ところかまわずたぬ…たぬきと聞いて爆発する私は足軽の良くない制度の乱れうち」

「狙いをコントロールして亡者の身を攻撃する」

「ゴ〇ゴ13になりたいのです」

「芥子さんの場合足軽の乱れうちでも武器がガトリング銃のようなものですからね、べつにそれでいいのです」

 

「いえ、できればトラウマを克服できるものならしたいと思うのです」

「精神修行してさらに強くなりたいのです」
「なるほど」

足軽のガトリング砲は絵もひどくて笑ってしまいました。





2位 鬼灯様の後ろに立ってはいけない

「ではまず座禅から」

「心を乱すな、己だけ見よ」

「うう~~~~~~」

「この世の中の己、宇宙の中の己、この大きな世界で己のトラウマのいかに小さきことか」

「は!」

「おうお、わしの警策を防ぐとは」

「やりよる…」
「背後に立たれたのでつい」

(私より先にゴルゴを習得している人が)

ゴルゴスキル身につけたいです。

1位 不思議な飲み物が多い

「おおお~~~~~~ふんふんふんふんっ」

「私は今どのくらい強いのでしょう?」

「強い?」

「他の動物極卒の皆さんに追い付けているでしょうか?」

「ああ、他の動物は肉食が多いのでどうですかね。手合わせ願ってみますか?」

あけび茶、ほんのり甘そうな感じがするので(想像)飲んでみたいです。

 

ツイート

またしても芥子ちゃん回!!ウサギ大好きなのでほんと嬉しいです!
完全体になりたいのですか?十分に強いと思うんですが(笑)
座禅で何か覚醒しそうな気がしたのですがダメでしたね…。
後半の異種格闘技戦も最強すぎるだけでしたが実況が面白かったです。
鬼灯様のサブリミナル的な求人がもう社畜すぎて。
火車さんのキャラとても味があって好きです。
今期の人気アニメ視聴一覧